お問い合わせはこちら

黒べっ甲珊瑚付き櫛、笄(こうがい)2021|普段の外出着におすすめな、洋髪用にアレンジされた古典的なかんざし2種。

本日は一昨日に引き続き、装飾に希少な珊瑚を用いた古典的なかんざし(くし)と(こうがい)をご紹介させていただきます。櫛は今でも時折目にすることが出来ますが、本日の櫛は“歯”の多い日本髪用の櫛ではなく、現代の洋髪用にアレンジされたものになります。またはまず読めないし、何のことやらお分かりにならない方も多いのではないでしょうか。(2021.01.掲載商品)

 

黒べっ甲珊瑚付き櫛、笄(こうがい)2021

 

様々な種類(形状)のかんざしがある中で、このは少しユニークな生い立ちがあります。江戸時代、元々は髷(まげ)を結っていた時代の髪結いの“道具”でした。それが時代の流れの中で次第に装飾性を待たせながら進化、そして晴れてかんざしの仲間入りになったものだからです。

笄には、本日ご紹介する一本棒になったものや、中ほどが鞘(さや)のようになっていて二つに分かれるものがあります。髷を結う日本髪の場合はお揃いの櫛と一緒に挿しますが、現代の洋髪でしたら単品でお挿しいただいても宜しいかと思います。

 

ちなみに、現在最もポピュラーな三味線の“バチ”のような形をした、所謂(いわゆる)二本足の“バチ型かんざし”は、近年、明治以降に日本人の髪型の西洋化に伴い、西洋のデザインをベースに形作られたものになります。

 

黒べっ甲珊瑚18Kかんざし2021

 

黒べっ甲珊瑚18Kかんざし2021・2種|成人式、振袖、未婚、既婚女性の訪問着など準礼装の装いにおすすめ。」2021/01掲載商品

大変見事なべっ甲螺鈿金蒔絵の櫛|雪輪に梅、菊、蘭文様。今日、殆ど制作されなくなった鼈甲櫛。」2018/10掲載商品

べっ甲螺鈿金蒔絵櫛と櫛止め」2017/04掲載商品 【完売】
(※櫛止め店頭販売のみ。在庫状況はお問い合わせください。)

続きを読む

黒べっ甲珊瑚18Kかんざし2021・2種|成人式、振袖、未婚、既婚女性の訪問着など準礼装の装いにおすすめ。

本日は今では希少な珊瑚をかんざしの峰に連ねた贅沢なべっ甲かんざしをご紹介させていただきます。大変贅沢ですが成人式、振袖、未婚女性の準礼装の装いにおすすめです。

またTPOにもよりますが、あまりかしこまらない場合は、既婚女性の準礼装の装いにもおすすめです。しかしながら、既婚女性の場合は、礼装時(特に結婚式や厳かな式典など)は珊瑚ではなく真珠をあしらったものがおすすめになります。

また後日ご紹介する18K装飾の付いていない(光りもののない)珊瑚をあしらったかんざし(2枚目のお写真上段2点)でしたら、未婚、既婚問わず、普段の外出着におすすめです。(2021.01.掲載商品)

 

黒べっ甲珊瑚18Kかんざし2021

黒べっ甲珊瑚18Kかんざし2021

 

本珊瑚18金べっ甲かんざし2015|成人式、振袖、未婚女性の訪問着などに」2015/10掲載商品 【完売】

黒べっ甲珊瑚かんざし2014・3種」2014/10掲載商品 【完売】

黒べっ甲珊瑚18K南天千鳥かんざし2014」2014/10掲載商品

続きを読む

べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021|結婚式などの慶事、黒留袖におすすめな礼装用のべっ甲かんざし。

新年初めてご紹介するかんざしは、結婚式などの慶事におすすめな礼装用のべっ甲かんざしです。黒べっ甲()に、日の出を眺めながら優美に舞う番いの鶴(夫婦鶴)、そして末広がりの霊峰富士山を螺鈿と金蒔絵で描いた大変おめでたいかんざしになります。(2021.01.掲載商品)

 

べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021

 

こちらのデザインのかんざしは、かんざしの形状や大きさなど少しずつマイナーチェンジをしながら2015年から製作、ご紹介しているかんざしです。直近では2018年に、今回の峰の形状が“波型”ではなく、“バチ型”のかんざしを2種ご紹介させていただきました(ほどなく完売)。

この1年あまり、コロナ禍“騒動”の影響もあり、比較的高齢者の多い伝統工芸の世界のモノづくりにも、色濃く影響が出始めております。そんな中、やっと新作が完成いたしましたのでご紹介させていただきます。

 

べっ甲夫婦鶴富士山金蒔絵かんざし2018・2種|留袖、結婚式」2018/01掲載商品 【完売】

べっ甲桜赤富士螺鈿金蒔絵かんざし|入学式、春の結婚式にお勧め」2018/02掲載商品

続きを読む

べっ甲バルティックアンバー(琥珀)一本挿し2020|唯一無二、自然が作り出す神秘的な輝き。

「完売」

本日はバルト海産の大粒で大変良質なアースカラー(やや緑がかった色合い)の天然琥珀が生み出す美しくも神秘的な輝きが目を引く、べっ甲一本挿しかんざしのご紹介です。

実は今年1月にも、このシリーズのかんざしをご紹介させていただきましたがすでに完売★。高品質な新たなバルティック琥珀のルースがやっと手に入りましたので改めて製作させていただきました。(2020.12.掲載)

※【再入荷】致しました。2021.01.21追記★
★ただし、天然琥珀を使用しているため、やや全体の大きさや形状、中のグリッターの入り方が異なります。

★【完売】2021.02.追記

 

べっ甲バルティックアンバー(琥珀)一本挿し2020|唯一無二、自然が作り出す神秘的な輝き。

 

師僧も走る忙しない師走。明日はもうクリスマスイブ。そして本日ご紹介する新作のかんざしは今月やっと2つ目。毎年この時期は干支関連商品の販売に追われ、ただでさえ忙しい時期。コロナ禍の影響で例年以上とはいきそうにありませんが、それでも全国のお客さまよりまずまずのご注文を頂きました。本当にありがたいことです。

 

べっ甲バルティックアンバー(琥珀)一本挿し2021・2種|美しい天然琥珀の上品な輝きを纏う。」2021/03掲載商品 【2021新作】

べっ甲バルティックアンバー(琥珀)一本挿し2021・2種|聖火に見立てた美しく煌めく琥珀、唯一無二、自然が作り出す神秘的な輝き。」2021/03掲載商品 【2021新作】

べっ甲バルティックアンバー(琥珀)一本挿し2020|唯一無二の美しい輝き。」2020/01掲載商品 【2020完売】

続きを読む

黒革の手帖2021・武井咲さん主演、新春ドラマSP~拐帯行~使用かんざし|今回も銀座かなめ屋のべっ甲かんざしでご協力させていただきました。

情報解禁となりましたので、本日は「黒革の手帖2021・新春スペシャルドラマ~拐帯行(かいたいこう)~」の告知と、弊社がご協力させていただいたかんざしをご紹介をさせて頂きます。(2020.12.掲載商品)

その前に、サブタイトルの「拐帯」、あまり聞き慣れない言葉ですね。意味を調べてみたら『まかせられている金銭・物品などを、自分のものとする目的で持ち逃げすること。』とあります。また、黒革の手帖の原作者、松本清張の短編小説に(1958年)「拐帯行」があり、今までに2度テレビドラマ化もされています。

3年前に実刑判決を受け服役、そして刑期を終え出所した元子。今回は場所を銀座から古都・金沢に移してどんな活躍?!を見せてくれるのでしょうか?放送は2021年1月7日(木)20時~テレビ朝日系列。楽しみに待ちましょう。

 

さて「黒革の手帖2017」に引き続き、今回の新春ドラマスペシャル「黒革の手帖2021」では、主人公原口元子を演じる武井咲さんがお挿しになられた弊社のかんざしは、贅沢な白べっ甲に縁起物の唐草を彫刻した「白べっ甲唐草透かし彫りかんざし」と、涼しげな本水晶の表面に、敢えて摺りガラス加工を施した「べっ甲水晶玉かんざし(摺りガラス加工)」の2種になります。

下にリンクを貼って御座いますので、ご興味のある方はぜひご覧になってみてください。

 

白べっ甲唐草透かし彫りかんざし 鼈甲簪

↑「白べっ甲唐草透かし彫りかんざし|フォーマルから普段使いまで様々なシーンにお勧め、優しい印象の白べっ甲かんざし。」2019/10掲載商品(黒革の手帖2021使用)

↓「夏のキモノにおすすめ、涼し気な水晶の玉かんざし2018・2種」2018/07掲載商品(黒革の手帖2021使用)

続きを読む

特上白べっ甲かんざし2020|準礼装から普段の装いまで幅広くおすすめな白べっ甲のかんざし|べっ甲職人、森田孝雄作。

本日は丸みを帯びた優しいフォルムのシンプルな白べっ甲のかんざしをご紹介させていただきます。素材がいいから、敢えて華美な装飾はせず無垢のまま。べっ甲特有の優しい温もりが感じられるかんざしです。準礼装のキモノから普段の外出着まで幅広くお挿しいただけるかんざしです。(2020.11.掲載商品)

まさに、2015年1月にご紹介しました、弊社80周年記念かんざしのひとつ、「特上白べっ甲更紗勾玉彫りかんざし」に匹敵する、特上クラスの白べっ甲を使用したかんざしです。

またこのかんざしを製作してくださったべっ甲職人は、今上天皇徳仁陛下御即位の大嘗祭(だいじょうさい)に於いて、亀の甲羅を焼いて占う「亀卜(きぼく)」で使用する亀の甲を提供する栄誉を受けた東京都在住の森田孝雄さんになります。

 

特上白べっ甲かんざし2020|準礼装から普段の装いまで幅広くおすすめな白べっ甲のかんざし

 

銀座かなめ屋創業80周年かんざし|黒革の手帖ポスター使用簪」2017/09掲載商品 【完売】

特上白べっ甲更紗勾玉彫りかんざし|銀座かなめ屋創業80周年記念礼装用簪」2015/01掲載商品 【完売】

当初製作した時に使用した特上クラスの白べっ甲の材料を完売後に追加製作するため、ずっと特上クラスの白べっ甲の材料を探していました。しかしながら、さすがにこの大きさ(盤面)のかんざしを製作するまでのものは困難を極め、現状入手できた中で最も高品質な白べっ甲の材料で製作した2020年版のかんざし。↓

白べっ甲更紗勾玉彫りかんざし2020|留袖、訪問着から普段の装いまでお勧め。銀座かなめ屋創業80周年記念、黒革の手帖2017使用簪。」2020/08掲載商品

続きを読む

干支かんざし2021|福徳繁栄干支かんざし・福丑・全20種入荷!|江戸時代から続く縁起物の簪|手彫り牛こつ製14種+象牙製6種。

「完売」

本日は江戸時代から続く縁起物のかんざし、福徳繁栄「干支かんざし2021・福丑(ふくうし)」をご紹介させて頂きます。先週ご紹介しました「稲穂かんざし」と合わせて新年を飾る縁起物の簪です。(2020.10.掲載商品)

江戸時代から続くと言われる新春を飾る縁起物の「干支かんざし」。《江戸》から《明治》、《大正》、《昭和》、《平成》、そして《令和》へと、今日に至るまで大切に受け継がれております。

 

干支かんざし2021|福徳繁栄干支かんざし・福丑・全20|江戸時代から続く縁起物の簪

 

コロナ禍の影響が色濃く出始めている和装小物業界。先日ご紹介しました「稲穂かんざし」や「干支関連商品」の品揃えが例年になく少なく心細いですが、本日ご紹介する「干支かんざし」は気合を入れて全20種でのご紹介です。

ただし、特別誂えの象牙製の干支かんざしや種類によっては早々に完売する可能性も御座います。お求めの際はどうぞお早めにお問い合わせ、ご来店くださりますようお願い申し上げます。

 

【ご注意】

「干支かんざし」は例年、期間・数量限定商品となります。毎年ほぼ年内または年明け早々にはすべて【完売】しておりますので、お求めの際はどうぞお早めにご来店、お問合せください。

 

【完売御礼】2020.12.29.追記

来年の「干支かんざし2021・福丑」は、牛こつ製、象牙製とも全種すべて完売致しました。

有難うございました。

 

干支かんざし・まとめ》最新

稲穂かんざし・まとめ》最新

続きを読む

稲穂かんざし2021(丑)|鳩と鶴|変わり稲穂・俵/松葉|新春の縁起物、稲穂かんざしのご紹介です。お早めに!

「完売」

本日は吉例、新春の縁起物「稲穂かんざし2021(丑)」をご紹介させていただきます。例年通り、定番の稲穂かんざしの中では唯一‟目を入れることが出来る”、幸せを運ぶ幸運の白鳩を添えた定番の「稲穂かんざし・鳩(はと)」。(2020.10.掲載商品)

それから、鶴は千年、亀は万年が如く、健康長寿、日本では古来より吉祥の鳥とされる鶴が舞う「稲穂かんざし・鶴(ツル)」の2種

 

そしてこちらも例年ご好評を頂いている、その年々の干支を飾りに加えたものや、末広、親子亀、獅子舞、椿、紅白梅などの縁起物の装飾を施した「変わり稲穂かんざし」ですが、今回は「変わり稲穂かんざし・“俵/松葉”」の1種のみとなります。

 

稲穂かんざし2021(丑)

 

コロナ禍の影響が和装小物の業界にも色濃く出始めています。長年(WEBでは2010年から)、新春を飾る縁起物の稲穂かんざしをご紹介して参りましたが、こんなことは初めてです。しかも準定番の“紅白梅”も“椿”も“親子亀”も“獅子舞”も、そして来年の干支の“うし”すらありません。

定番の“鳩”と“鶴”はある程度まとまった数を確保するよう努めておりますが、いつ完売になってしまうか分かりません。また唯一の変わり稲穂“俵/松葉”も同様です。

 

以上の理由から、例年お求めくださっておりますお客さまには、今回は特に余裕をもって、お早めにお求めくださることをお勧めいたします

 

【ご注意】

「稲穂かんざし」は例年、期間・数量限定商品となります。毎年ほぼ年内または年明け早々にはすべて【完売】しておりますので、お求めの際はどうぞお早めにご来店、お問合せください。

※定番の「鳩(はと)」と「鶴(ツル)」はある程度の数量を確保しておりますが、特に「変わり稲穂かんざし」は、準備数の関係で種類によっては早々に【完売】しておりますのでご注意ください。

 

【完売御礼】2020.12.24.追記

来年の「稲穂かんざし・2021」は、全種すべて完売致しました。

有難うございました。

 

稲穂かんざし・まとめ》最新

干支かんざし・まとめ》最新

続きを読む

銀座に個性豊かな4館開設、中央区まちかど展示館|銀座かなめ屋・かんざし和装小物展示館のホームページも完成しました。

本日は商品紹介ではなく、中央区まちかど展示館を改めてご紹介させていただきます。コロナ禍の影響でご紹介をお逸していましたが、今春中央区まちかど展示館公式ホームページ内に、弊館の素敵なホームページが完成いたしました。

 

銀座かなめ屋・かんざし和装小物展示館

またさらに、当初銀座に弊館1館だった展示館も、昨年新たに3館開設され、個性豊かな展示館が4館に増えました。遅ればせながら弊館のご紹介と合わせて、新規館のご紹介をさせていただきます。

 

中央区まちかど展示館とは

 《江戸開府以来400年の歴史と伝統を誇る中央区に伝わる多様な文化資源を紹介

中央区は江戸時代より、わが国の文化・商工業・情報の中心として発展してきた長い歴史と伝統を誇る由緒あるまちです。面積は小さいながらも、江戸五街道の起点である名橋「日本橋」、世界のショッピングストリート「銀座」、日本のウォール街「兜町」、食文化の中心「築地」、佃や月島をはじめとした豊かな水辺等さまざまな魅力に満ちあふれ、多くの人たちが集う活気とにぎわいのまちとして、めざましい発展を遂げてきました。

以来400年余り、中央区は歴史と伝統を育み、江戸以来の老舗や地域のお祭りなど、多様な文化資源が脈々と息づいています。

この中央区の魅力を皆様に広く知っていただくため、地域の文化資源を「まちかど展示館」として整備し、開設しています。

展示館は、小さな老舗内の伝統工芸品を飾ったショーケースから企業のものづくりや歴史を展示したもの、あるいは下町の祭事に使用する神輿など、規模や展示方法はそれぞれですが、中央区が誇る文化の一端をかいまみることができます。

中央区の“ちょっとすごい”を是非、お訪ねください。

中央区まちかど展示館公式ホームページより)

 

《中央区まちかど展示館一覧》全29館(2020.10.現在)↓

https://www.chuoku-machikadotenjikan.jp/tenjikan/

銀座かなめ屋・かんざし和装小物展示館ホームページ》↓

https://www.chuoku-machikadotenjikan.jp/tenjikan/kanameya/

 

▼銀座かなめ屋・かんざし和装小物展示館紹介動画

 

▼銀座かなめ屋・かんざし和装小物展示館特集~こんにちは中央区です
(令和元年7月7日(日)~7月12日(金)放送)

 

当初、銀座には弊館「銀座かなめ屋・かんざし和装小物展示館」の1館だけでしたが、昨年3館が新たに開設され4館になりました。場所も銀座7丁目、8丁目と比較的みなご近所です。それぞれ個性豊かな展示館になりますので、銀ぶら序でにぜひお立ち寄りになってみてください。(それぞれに開館日時が異なりますのでご注意ください。)

 

仏壇・仏具の歴史館》(令和元年度認定)

~「東京仏壇」を生んだ匠の技が今も生きる

・住所:東京都中央区銀座7-14-3(演舞場通り
・開館日:年末年始等を除く毎日(10:00~18:00)
・管理者:株式会社 安田松慶堂

 

渡邊木版画展示館》(令和元年度認定)

~浮世絵など江戸木版画の伝統と魅力を観る

・住所:東京都中央区銀座8-6-19(並木通り
・開館日:月〜土(年末年始等を除く。月~土/10:00~18:00、祝日/10:00~17:00)
・管理者:株式会社 渡邊木版美術画舗

 

月光荘画材展示館》(令和元年度認定)

~多くの文化人を惹きつけてきた、ヒトとモノの物語

・住所:東京都中央区銀座8-7-2(花椿通り
・開館日:年末年始等を除く毎日(11:00~19:00)
・管理者:株式会社 月光荘画材店

 

銀座かなめ屋・かんざし和装小物展示館》(平成30年度認定)

~希少な江戸べっ甲と和装の美を伝え続ける

・住所:東京都中央区銀座8-7-18(見番/けんばん通り
・開館日:月〜土(祝日・年末年始等を除く。平日/11:00〜20:30、土曜/12:00〜19:00)
・管理者:株式会社 かなめ屋柴田

 

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、 製作時に使用する材料、また加工費などにより価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。

※べっ甲製品の場合、一見同じ様なお品物でも、使用されているべっ甲の品質や厚み等によって価格が大きく変動いたします。

▼銀座かなめ屋の各ウェブサービスも合わせてご覧ください。

 

銀座かなめ屋・三代目のブログ
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/

銀座かなめ屋・フェイスブックページ
https://www.facebook.com/ginzakanameya/

銀座かなめ屋・三代目のツイッター
https://twitter.com/kanameya_3daime

 

かなめ屋お問い合わせフォーム

黒留袖、色留袖、訪問着、結婚式など様々な慶事にお勧めな美しいべっ甲かんざし|白べっ甲乱菊麻の葉彫りかんざし2020

本日は第一礼装の黒留袖から、準礼装(略式礼装)の色留袖、訪問着など。結婚式披露宴、ほか様々な慶事におすすめな、見事に開花した乱菊に縁起物の麻の葉を彫刻した礼装用のべっ甲かんざしをご紹介させていただきます。(2020.10.掲載商品)

皇室の御紋にも用いられている菊。実は5千種とも6千種以上ともあると言われています。乱菊のような華やかなものから万寿菊や野菊のように可愛らしいものまで様ざま。かんざしや和装小物の意匠としてもよく用いられます。

 

黒留袖、色留袖、訪問着、結婚式など様々な慶事にお勧めなべっ甲かんざし|白べっ甲乱菊麻の葉彫りかんざし2020

 

また日本の伝統文様の一つである麻の葉文様は、古くは平安時代の仏像の装飾に見られ、麻の葉に似ていることからこの名が付いたと言われています。

この麻の葉文様には、魔除けの効果があると言われていることと、麻はすくすくと真っすぐに伸びることから、赤ちゃんの成長を願う意味をこめて、昔はよく赤ちゃんの肌着や産着などに麻の葉の模様を縫い付けたりしていました。今でも特に女性の着物や肌着、長襦袢などに、麻の葉の模様が多く見られるのはこのことからです。

 

結婚式、留袖、入卒式、準礼装のキモノにお勧め白べっ甲乱菊彫りかんざし|礼装にお勧めな白べっ甲簪。」2019/02掲載商品

白べっ甲乱菊彫りかんざし|白鼈甲簪の「格」?!留袖から普段のおキモノまで」2018/02掲載商品 【完売】

白べっ甲麻の葉透かし彫りかんざし|結婚披露宴、準礼装の装いにお勧め|簪の峰の形?」2017/08掲載商品 【完売】

続きを読む

Page Top