お問い合わせはこちら

黒べっ甲翡翠かんざし2021|大変希少な翡翠を贅沢に使用した夏におすすめなかんざし。

本日は大変希少な翡翠を使用した、待望のべっ甲かんざし、その第二弾のご紹介です。前回18K枠を付けたべっ甲翡翠かんざしをご紹介させていただいた時にも触れましたが、18K枠のない、シンプルなかんざしを紹介させていただきます。(2021.06.掲載商品)

 

18K枠付きの場合、華やかな準礼装の装い、機会、特に単衣から絽、初夏、盛夏シーズンにお勧めなかんざしのひとつになります。そして本日ご紹介する18K枠の無い場合は、小紋など装身具に光りものをあまり好まない場合に気軽にお挿しいただけますでしょうか。

いずれにしても、今では大変希少な翡翠を使用した、夏の贅沢なかんざしになります。

 

黒べっ甲翡翠かんざし2021|大変希少な翡翠を贅沢に使用した夏におすすめなかんざし。

18K枠付きのかんざしは、過日ご紹介しましたので下記のリンク先よりご覧ください。

さて本日(2021.06.14)気象庁より関東甲信も平年より7日遅い梅雨入りをしたと発表がありました。梅雨は陽の光が少なくジメジメと鬱陶しく感じることもありますが、されど多くの農作物、生き物、そして人間にも大切な時期、恵みのシーズンです。しばらくは深く香る森林、土の匂い、そして雨粒に濡れ、色濃く映る紫陽花や名もない草花、木々の緑を見て心和ませましょう。

そうしたら夏はもうすぐそこです。

 

黒べっ甲翡翠18Kかんざし2021・2種|大変希少な翡翠を贅沢に使用した夏におすすめな準礼装用のかんざし。」2021/06掲載商品

続きを読む

黒べっ甲翡翠18Kかんざし2021・2種|大変希少な翡翠を贅沢に使用した夏におすすめな準礼装用のかんざし。

「完売」

本日は大変希少な翡翠を使用した、待望のべっ甲かんざしがやっと完成いたしましたのでご紹介させていただきます。2017年のテレビドラマ「黒革の手帖2017」で、武井咲さんが弊社のかんざしを多数使用してくださった関係でお問い合わせが急増。(2021.06.掲載商品)

特にオープニングシーンで使用された黒べっ甲に翡翠と18Kの装飾を施したかんざしは、追加製作分含めてすべて完売してしまいました。その後も多数お問い合わせをくださったのですが、肝心の翡翠玉が市場から消えてしまい今まで製作が出来ない状態が何年も続いていました。

この度、やっとの思いで若干数では御座いますが良質な翡翠玉を入手することが出来ましたので、早速かんざしに仕上げて頂きました。本日ご紹介する18Kの枠付きかんざしの他にも、18K枠なしのかんざしも製作いたしましたので後日ご紹介させていただきます。

 

黒べっ甲翡翠18Kかんざし2020・2種|大変希少な翡翠を贅沢に使用した夏におすすめなかんざし。

それでは先ずは黒革の手帖2017で使用された18K装飾付きのかんざしからご覧ください。また、お目に留まりましたお客様は、どうぞお早めにお問い合わせ、ご来店くださることをお勧めいたします。

 

★2種とも【完売】。追加製作の予定。完成予定は未定。(2021.06.19.追記)

 

黒革の手帖2017|【黒革の手帖】武井版に本物のべっ甲かんざし提供|7月20日(木)スタート!」2017/06掲載

武井咲主演【黒革の手帖2017】|有楽町マリオンの巨大「黒革の手帖」ポスターと本物のかんざし。」2017/07掲載

続きを読む

べっ甲18K天使の彫刻付琥珀玉かんざし《再》|邪気を祓い、人々の幸せ、世界平和への切なる願いを込めて。

高品質な琥珀を使用したかんざしのご紹介が続きましたが、本日は琥珀つながりでもうひとつ、6年前の弊社80周年記念で製作した10種のかんざしの中から、同じくきれいなグリッターの入った琥珀を用いたかんざしを改めてご紹介させていただきます。(2021.04.掲載商品)

 

べっ甲18K天使の彫刻付琥珀玉かんざし《再》|邪気を祓い、人々の幸せ、世界平和への切なる願いを込めて。

 

80周年記念のかんざしを製作しようと考えていた2013年前後、国内外を問わず、理不尽で、目を覆いたくなるような様々な出来事が続いていました。

つい先日、琥珀の一本挿しをご紹介した時にもお話ししたように、縄文時代までさかのぼるかんざしの歴史(ルーツ)には、髪に挿した一本の棒(かんざし)に呪力が宿ると信じられ、それを髪に挿すことにより、周りの精霊を呼び集め、自身の秘めた力、霊力を高め、魔を払うことができると考えられていたと言われています。

こうしたことをヒントに、この天使をモチーフにしたかんざし(外部サイト、アメブロへ)も製作させていただきました。同じく80周年記念で製作したこちらのピエロのかんざし(外部サイト、アメブロへ)も同じ理由からです。

 

ちょうど今も、だれも予想だにしなかったコ口ナ騒動により傷つき病んだ人々が、日本はもとより全世界に溢れています。そうした方々をほんの少しでも癒せたらとの願いから、改めてこのかんざしをご紹介させていただきます。

 

べっ甲バルティックアンバー(琥珀)一本挿し2021・2種|美しい天然琥珀の上品な輝きを纏う。」2021/03掲載商品

べっ甲バルティックアンバー(琥珀)一本挿し2021・2種|聖火に見立てた美しく煌めく琥珀、唯一無二、自然が作り出す神秘的な輝き。」2021/03掲載商品

続きを読む

べっ甲カービング玉かんざし2021・2種|ラピスラズリ、邪気を払い、パワーとヒーリング力を高め、幸運を招く聖石。涼しげな新色が入荷。

大変希少なラピスラズリの20㎜玉がやっと1つだけ手に入りました!実に5年ぶり?!それもかなりのハイクオリティ。市場に全く無い訳ではないのですが、やっと見つけたとしても、青色が淡かったり、くすんでいたり、黒色やグレーの部分が多く見栄えがしなかったりと..。(2021.04.掲載商品)

しかし、まだ比較的市場に出回っていた昔でも、これだけ美しくビビットな青色の細かな粒子がきれい整ったラピスを目にする機会はそう多くはありません。正に青い地球のよう..。早速かんざしに仕立てて頂きました。

一本だけでご紹介しても決して引けを取らない、ハイクオリティと希少価値の高いかんざしではありますが、4月ということもあり、花を添える意味で、同シリーズ(カービング玉かんざし)の中から、こちらも未だに大変ご好評をいただいているローズクォーツのかんざしと一緒に撮影させていただきましたので、ご一緒にご紹介させていただきます。

 

べっ甲カービング玉かんざし2021・2種|ラピスラズリ、邪気を払い、パワーとヒーリング力を高め、幸運を招く玉かんざし。

 

近年は翡翠にしろ、珊瑚にしろ、白檀にしても、材料自体を入手することがとても難しくなってしまいました。それでも大枚を払えば、何とか手に入れられないこともないのですが、それは結果的に商品価格に跳ね返ってしまいます。

ただでさえ、材料費、加工費ともじわりじわりと高騰している中で、職人の加工費(技術料)は兎も角として、材料調達に桁違いに高額な費用を掛けることは難しいところです。

同じようなことをもう何度も書いているような気がしますが、地道にあちこちのお取引先、職人にお声を掛けながら、良いものを、ある程度手の届く範囲の価格帯で探すしかありませんね。

 

べっ甲カービング玉かんざし2020・5種|邪気を払い、パワーとヒーリング力を高め、幸運を招く玉かんざし。涼しげな新色が入荷。」2020/03掲載商品

べっ甲カービング(curving)玉かんざし2019・3種|パワーストーン、赤瑪瑙、紅水晶、砂金水晶。普段使いのかんざし。」2019/10掲載商品

続きを読む

べっ甲バルティックアンバー(琥珀)一本挿し2021・2種|美しい天然琥珀の上品な輝きを纏う。

本日は前回に引き続き、バルト海産の大粒で大変良質な天然琥珀(バルティックアンバー)を用いた大変美しい一本挿しをご紹介させていただきます。昨年の1月に初めて同シリーズのかんざしをご紹介してから、お問い合わせも多く大変人気のある一本挿しです。

琥珀に差し込む光りの加減により、琥珀自体が上品で美しい輝きを纏(まと)い、周囲をも優しい輝きで照らします。

 

べっ甲バルティックアンバー(琥珀)一本挿し2021・2種|美しい天然琥珀の上品な輝きを纏う。

 

琥珀の中に光るヒビのようなものはものは、グリッターと呼ばれています。樹木の樹脂が、長い年月を経て化石化、琥珀として生まれ変わる過程で中に偶然に閉じ込められた内包物(気泡や異物)です。当然ながらこれらは人工的に作られるものではなく、あくまで大自然の力。またこれほどきれいに光を反射、屈折するようなグリッターの入った琥珀は大変希少です。

 

こちらは一本挿しなので、基本的にはカジュアル、普段使いのかんざしになります。普段の外出着、小紋や紬などにおすすめになります。しかしながら、あまりかしこまらない、カジュアルなパーティーや機会でしたら準礼装の装いにお挿しいただいても宜しいかと思います。

また、天然の琥珀を選りすぐって製作させていただいておりますので、一度にたくさん製作することが出来ない上に、基本的にすべての琥珀は大きさや形状、グリッター(内包物)、色合いなどが異なります。

 

べっ甲バルティックアンバー(琥珀)一本挿し2021・2種|聖火に見立てた美しく煌めく琥珀、唯一無二、自然が作り出す神秘的な輝き。」2021/03掲載商品

べっ甲カービング玉かんざし2020・5種|邪気を払い、パワーとヒーリング力を高め、幸運を招く玉かんざし。涼しげな新色が入荷。」2020/03掲載商品

続きを読む

べっ甲バルティックアンバー(琥珀)一本挿し2021・2種|聖火に見立てた美しく煌めく琥珀、唯一無二、自然が作り出す神秘的な輝き。

「完売」

明後日はいよいよ聖火リレーのスタートですね。オリンピックに関してはいまだに賛否両論、斯く言う私自身も色々と思うところがありますが、せめてトーチに灯された聖火の炎が、そしてオリンピックにご出場される全アスリート達の競演がCOVID-19やIOCに巣くう魑魅魍魎を祓い浄化してくれることを祈ります。

さて本日は“”曜日、そしてそんな思いを込めて、聖火の炎をイメージした一本挿し2種をご紹介させていただきます。昨年12月と今年1月にご紹介したハイクオリティなバルティックアンバーを用いた一本挿しシリーズの新作、大変美しいかんざしになります。

 

べっ甲バルティックアンバー(琥珀)一本挿し2021・2種

 

基本的に一本挿しなので礼装には向きませんので、小紋や紬など、普段の装いにおすすめなかんざしです。しかしながら、カジュアルなパーティーやあまりかしこまらない機会でしたら訪問着や附下、色無地など準礼装の装いにも宜しいかと思います。

 

もともと縄文時代までさかのぼる歴史を持つかんざしには、一本の細い棒に呪力が宿ると信じられ、それを髪に挿すことで自身の霊力を高め、魔を払うことができると考えられていたと言われていますからね。

長引くコロナ禍“騒動”の影響で、しばらくモノ作りが滞っておりましたが、少しずつ新作が完成してきましたので順次ご紹介させていただきます。

 

べっ甲バルティックアンバー(琥珀)一本挿し2020|唯一無二、自然が作り出す神秘的な輝き。」2020/12掲載商品 【完売】

べっ甲バルティックアンバー(琥珀)一本挿し2020|唯一無二の美しい輝き。」2020/01掲載商品 【完売】

続きを読む

黒留袖、新郎新婦のお母さま、結婚式におすすめ、優しい印象の黒べっ甲パール付きかんざし2021・2種|第一礼装から準礼装の装いにお勧め。

本日は前回に引き続き、黒べっ甲にアコヤパールを添えた礼装用のべっ甲かんざしをご紹介させていただきます。第一礼装の黒留袖から色無地、訪問着など、準礼装の装いにお勧めです。

前回ご紹介しました「アコヤパール」+「18K枠付き」のかんざしを、結婚式新郎新婦のお母さまにお勧めする“もっともオーソドックスなかんざし”とご紹介させていただきました。今回ご紹介するかんざしも、バチ型の形状にアコヤパールの装飾と、一見似たようなかんざしになります。しかしながら、18K製の枠が有るのと無いとでは、髪に映った印象も変わります。

 

黒留袖、新郎新婦のお母さま、結婚式におすすめ、優しい印象の黒べっ甲パール付きかんざし2021・2種

続きを読む

黒留袖、新郎新婦のお母さま、結婚式におすすめな黒べっ甲18Kパール付きかんざし2021・4種|第一礼装から準礼装の装いにお勧め。

黒留袖にお勧めする礼装用のかんざしはいくつも御座いますが、本日ご紹介する黒べっ甲にアコヤパールと18K枠を添えた、比較的シンプルなバチ型のかんざしは、その中でももっともオーソドックスなかんざしになります。(※一本挿しや玉かんざし、また茨布べっ甲(天然の斑模様のべっ甲)は基本的に洒落もの、普段使いのかんざしになりますのでご注意ください。)

同シリーズのかんざしをご紹介したのは4年前の2月18日でしたね。例年お子様の結婚式をお控えになられたお母さまやご親族、またご招待をお受けになられたお客様方のご来店、お問い合わせが増える時期です。

このほかにも、菊や牡丹、鶴や鳳凰などをはじめとする、黒留袖にも描かれているおめでたい吉祥文様金蒔絵彫刻で華やかに装飾したかんざしもお勧めです。

 

黒留袖、新郎新婦のお母さま、結婚式におすすめな黒べっ甲18K パール付きかんざし2021

続きを読む

べっ甲葡萄装飾付き4WAYかんざし|縁起物の葡萄(琥珀・七宝・銀(SV925)製)を添えたユニークなかんざし。

「完売」

本日はシルバー(SV925)に、琥珀と七宝で模った縁起物の葡萄の装飾を付けた美しいべっ甲かんざしをご紹介させていただきます。葡萄の意匠には、すくすくと力強く伸びる蔓性植物であり、たくさんの豊かな実をつけることから、生命豊穣、そして子孫繁栄の意味が込められています。(2021.01.掲載商品)

またこのかんざしは4WAY(①普段/②準礼装かんざし、③ブローチ、④ペンダントヘッド)でお楽しみいただけるユニークなかんざしでもあります。

さて、実はこちらのかんざし、掲載しようと写真撮りも済ませ、さてホームページに掲載しようかと思っていた矢先、完売してしまったかんざしになります。このように折角写真撮りを済ませながらも、ホームページ上に掲載できなかった、ある意味お蔵入りしたものも、嬉しいやら悲しいやらまぁまぁ御座います。

ちなみにこちらのかんざしは9年前の2012年に一度ご紹介したことが御座います。そして本日ご紹介するこのかんざしは3、4年ほど前に製作したニューバージョンでした。

 

べっ甲葡萄装飾付き4WAYかんざし|縁起物の葡萄(琥珀・七宝・銀(SV925)製)を添えたユニークなかんざし。

 

本サイトは「お問い合わせフォーム」(メール)やお電話にてご注文、ご購入することが出来ますが、Eコマース(EC,E-Commerce/ットを通じて行われるモノやサービスの売買の総称)のみを主とした、ECサイト(electronic commerce site/インターネット上で商品を販売するWebサイト/自社型、出店型がある)ではありません。

そのため、敢えて完売した商品もご参考のため(ギャラリー的な要素も含め)に引き続き掲載させていただいております。コロナ禍“騒動”の影響で、新作の製作状況が少々滞っているため、そうしたギャラリー的な意味も込めてこちらの商品をご紹介させていただきます。

 

同じように、本来のかんざしとして以外にも、幾通りにもお楽しみいただけるユニークなかんざしです。↓

べっ甲・シルバー・ブルーアンバー飾り付き6WAYかんざし2019|セミフォーマル、組み合わせ次第で和洋6通りお楽しみいただけます。」2019/07掲載商品

べっ甲・シルバー・レッドアンバー飾り付き6WAYかんざし2019-2|かんざし、帯留、ブローチ、ネックレス、ペンダントトップとして。」2019/08掲載商品

続きを読む

黒べっ甲珊瑚付き櫛、笄(こうがい)2021|普段の外出着におすすめな、洋髪用にアレンジされた古典的なかんざし2種。

本日は一昨日に引き続き、装飾に希少な珊瑚を用いた古典的なかんざし(くし)と(こうがい)をご紹介させていただきます。櫛は今でも時折目にすることが出来ますが、本日の櫛は“歯”の多い日本髪用の櫛ではなく、現代の洋髪用にアレンジされたものになります。またはまず読めないし、何のことやらお分かりにならない方も多いのではないでしょうか。(2021.01.掲載商品)

 

黒べっ甲珊瑚付き櫛、笄(こうがい)2021

 

様々な種類(形状)のかんざしがある中で、このは少しユニークな生い立ちがあります。江戸時代、元々は髷(まげ)を結っていた時代の髪結いの“道具”でした。それが時代の流れの中で次第に装飾性を待たせながら進化、そして晴れてかんざしの仲間入りになったものだからです。

笄には、本日ご紹介する一本棒になったものや、中ほどが鞘(さや)のようになっていて二つに分かれるものがあります。髷を結う日本髪の場合はお揃いの櫛と一緒に挿しますが、現代の洋髪でしたら単品でお挿しいただいても宜しいかと思います。

 

ちなみに、現在最もポピュラーな三味線の“バチ”のような形をした、所謂(いわゆる)二本足の“バチ型かんざし”は、近年、明治以降に日本人の髪型の西洋化に伴い、西洋のデザインをベースに形作られたものになります。

 

黒べっ甲珊瑚18Kかんざし2021

 

黒べっ甲珊瑚18Kかんざし2021・2種|成人式、振袖、未婚、既婚女性の訪問着など準礼装の装いにおすすめ。」2021/01掲載商品

大変見事なべっ甲螺鈿金蒔絵の櫛|雪輪に梅、菊、蘭文様。今日、殆ど制作されなくなった鼈甲櫛。」2018/10掲載商品

べっ甲螺鈿金蒔絵櫛と櫛止め」2017/04掲載商品 【完売】
(※櫛止め店頭販売のみ。在庫状況はお問い合わせください。)

続きを読む

Page Top