お問い合わせはこちら

本珊瑚桜満開浮き彫り帯留

11IMG_2904_1.JPG

本日は昨日に引き続き桜の花桜をモチーフにした帯留をご紹介させて頂きます。今では大変希少な本珊瑚に、素晴らしい満開の桜の花を浮き彫りで立体的に仕立てた贅沢な逸品です。

 

実はこの帯留、ある取引先の保管棚の一番奥の引き出しの中に長年眠っていたお品物です。過日その取引先に伺った折、こんなものがまだあるけれど…、と、社長さんが奥から出して見せて頂いたものです。 

これだけの逸品はもう材料も然ることながら、恐らく職人も居なくなってしまったのでもう作れないけれど、今後腕の良い若い職人が万が一現れた時の参考品として、長年大切に保管していたものだそうです。(2017.03.掲載商品)

 

 

▼「珊瑚の帯留|稀少な板珊瑚のシンプルな帯留。洒落物の訪問着から普段のお着物までお勧めな贅沢な帯留」ブログ2016年02月08日号
http://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20160208.html
 
 
▼「珊瑚の帯留|大変希少な本珊瑚に、松竹梅の彫りを施した御目出度い帯留。お正月や御目出度い機会に。」ブログ2015年11月12日号
http://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20151112.html
 

 

続きを読む

べっ甲菊牡丹絵巻文様螺鈿金蒔絵帯留

11IMG_3144.JPG

5年ほど前にチラッとご紹介させて頂きました、大変見事な準礼装用の帯留を改めてご紹介させて頂きます。 ただし、今までも帯留のご紹介時にお話しているように、基本的に、帯留は第一礼装の黒留袖には着けません。しかしながら、最近では時折留袖にも帯留をされている方をお見掛けいたします。一概には言えませんが、華やかな意匠の帯留でしたら、TPOに応じ、結婚式やパーティーなどで留袖にもお着け頂いても宜しいのではないでしょうか。(2016.08掲載)

 

▼「シルバー帯留パール付き3種|訪問着、結婚式や華やかな機会にお勧めな(第一)礼装用銀製帯留。」ブログ2016年03月30日号

http://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20160330.html

 

続きを読む

べっ甲桜螺鈿金蒔絵帯留2種

「販売中」(欠品・製作中の場合あり。在庫状況はお問い合わせください。)

 

11IMG_3409.JPG

 

桜をモチーフに致しました素晴らしい逸品を御紹介させて頂きます。桜色に輝く金蒔絵を背景に、螺鈿で可愛らしい桜の花を咲かせたべっ甲帯留めです。ご覧になる角度で、地色のピンク色の色合いが微妙に変化致します。

 

螺鈿金蒔絵は、繊細なタッチで古典柄から現代柄まで巧みに描く、加賀蒔絵師の大岡緑氏によるものです。(2016.3.掲載)

続きを読む

べっ甲菊竹笹麻の葉文様螺鈿金蒔絵帯留。

11IMG_5090.JPG

菊の花と朱色の麻の葉の文様が素敵なべっ甲帯留めのをご紹介させて頂きます。

小さな1つの帯留の盤面に、螺鈿金蒔絵で描かれた菊の花竹節笹の葉、そして綺麗な朱色の金蒔絵で描かれた麻の葉文様を巧みに配した逸品です。光の当たる角度により、螺鈿や朱色金蒔絵の色合いが表情豊かに変化しながら美しく輝きます。それでは早速ご覧ください。(2015年9月掲載)

 

続きを読む

涼しげなべっ甲帯留3種|錦鯉、波、金魚の帯留。

「完売」

11IMG_5097.JPG

涼しげな帯留を三種ご紹介させて頂きます。それぞれ装飾趣の異なる3種のべっ甲帯留です。金蒔絵で繊細に描かれた、優雅に泳ぐ二匹の錦鯉の帯留。螺鈿金蒔絵で豪快に水しぶきを上げる波を描いた帯留。そして3種目は、茨布べっ甲で可愛らしい金魚を模った帯留です。

続きを読む

黒べっ甲珊瑚薔薇彫り装飾付帯留

11IMG_5149.JPG

先日ご紹介致しました珊瑚の装飾付一本挿しに続き、同じく薔薇バラ彫り珊瑚の装飾付べっ甲帯留のご紹介です。かんざしとご一緒に御使い頂いて素敵ですね。

続きを読む

瓢箪と夕顔のべっ甲帯留と竹節のべっ甲帯留

 

11IMG_9505.JPG

白べっ甲黒べっ甲を巧みに合わせたべっ甲。ひとつは瓢箪を模った帯留めに螺鈿と蒔絵で落ち着いた雰囲気の夕顔を描いた帯留。そしてもう一つは竹節を模った帯留に、同じく螺鈿と蒔絵で鮮やかな青竹を描いた帯留。どちらもこれから夏に向かって、素敵な和装に是非揃えておきたい逸品です。

(2015.03.掲載商品)

続きを読む

べっ甲六瓢螺鈿金蒔絵帯留

「完売」

11IMG_8613_1.JPG

 

今日は素晴らしいべっ甲の帯留めが出来上がって参りましたのでご紹介させて頂きます。
白べっ甲黒べっ甲を巧みに継ぎ合わせ、その上に様々なお色の縁起物の瓢箪を蒔絵や螺鈿で描いた逸品です80周年記念の一品にしても遜色ない素晴らしい帯留めです。また誰かに「長いのよ、商品名に辿り着くまで。」なんて(笑)言われそうですが、
360度、様々な角度から撮影致しましたのでどうぞ最後までお付き合いください。

(2014.10.掲載商品)

続きを読む

Page Top