お問い合わせはこちら

桜咲く、お花見散策2020・その2|コロナショック、エアーお花見でほんの少し心和んで。

昨日《お知らせ》にてご案内させていただきましたが、本日(2020/03/28)土曜日は時短営業(18時閉店)させていただきます。集団感染が起こりやすくなる3つの要素「密閉空間」、「人の密集」、「近距離の会話」に留意しながら営業させていただきます。

 

さて本日は一昨日の投稿に引き続き、先週末の晴天の下、久しぶりにサイクリングをしながら私が撮影した桜の写真で、エアーお花見をしながら暫し心和んでいただければと思います。

今回のコロナショック、感染予防で私たちができることは、皆さんもすでに周知の通り、上記の3要素が重なる機会をなるべく回避すること。加湿も感染予防に有効と言われている方もいらっしゃいます。また免疫力を高めるために、バランスの取れた食事(栄養)と、十分な睡眠も重要と言われています。

それからさらにもうひとつ、あまり長期間過度なストレス自粛疲れで暗い雰囲気の中にさらされると、私たちの免疫力は低下します。政府、学識者の言葉に耳を傾け十分に気を付けながら、たまには外出してオープンエアーの中で適度に体を動かしたり、きれいなものを見て和んだり、またおいしいものを食べてたり飲んだりしながら家族、友人たちと談笑することも大切なことだと私は思います。まだもうしばらく続きそうですからね。

 

桜咲く、お花見散策2020

 

桜咲く、お花見散策2020・その1|コロナショック。ブログでは備忘録を兼ねて色々なことを綴ってきました。」2020/03/26投稿

(この記事は公式ホームページで書いたものが自動でアメブロへ投稿される仕様になっています。)

続きを読む

桜咲く、お花見散策2020・その1|コロナショック。ブログでは備忘録を兼ねて色々なことを綴ってきました。

昨日(2020/03/25)、東京都知事の小池百合子氏が新型コロナウイルスに関連して「感染爆発、重大局面」(オーバーシュート)のパネルをかがけて緊急記者会見を開いた。平日はなるべく在宅勤務(テレワーク)に努め、週末は不要不急の外出はなるべく控えるようにと、都民に要請。
(メモ:テレワークとは“tele”(離れた所)と“work”(働く)を合わせた造語。同じくテレフォン(電話/通信方法)は、tele(離れた所)とphone(電話)の造語。)

クラスター(飛行機?!)、オーバーシュート(フットボール?!)、ロックダウン(ラグビー?!)…、まったく普段耳慣れない、意味不明な横文字が次から次へと目に飛び込み、耳に流れ込んできます。

そして本日、昨日に引き続き小池都知事は会見を開き、ウイルスの感染爆発を防ぐため、今週末の外出自粛を改めて都民に要請。また東京都に隣接する四県(千葉、埼玉、神奈川、山梨)でも同調して不要不急の外出を控えるようにと要請。

 

桜咲く、お花見2020

 

銀座で商売をしている、特に飲食関連の友人知人も、今週末の営業をどうするか思案しています(止むを得ず臨時休業するところが多いかなぁ..)。接客における濃厚接触(おおむね2メートル)、感染予防策、日持ちしない食材、そして都知事からの外出自粛要請..。

また、過日ご来店くださり、ちょうど今週末にご予定されたお子様の結婚式で、お挿しになられるかんざしをお買い求めくださったお客様はどうなされましたでしょうか..。誰がこのような事態を半年も前に予見できたでしょうか。とても心配です。

 

なんだか、とりとめのない文章になってしまいましたが、このホームページを旧サイトから移行、リニューアルオープンしてもうすぐ1年。この新サイトになってからは初めてになりますでしょうか。今回は商品のご紹介ではなく、先週末久しぶりのサイクリングがてらに私が撮影した桜の画像で、しばし和んでいただけましたら幸いです。

 

(この記事は公式ホームページで書いたものの冒頭部分が、自動でアメブロ(外部サイト)へ投稿される仕様になっています。)

続きを読む

備前焼と織の二人展2020|紫峰窯|備前焼×つづれ織|銀座月光荘画室Ⅱにて2月24日(月)~3月1日(日)

本日は銀座かなめ屋のお隣にある画廊「月光荘画室Ⅱ」で開催される、「備前焼と織の二人展」のご案内です。

 

備前焼と織の二人展2020|紫峰窯|備前焼×つづれ織|銀座月光荘画室Ⅱ

 

備前焼は、10年以上前から懇意にしてくださっていた、「紫峰窯/しほうがま」の加藤光治さん。今回はそのお嬢さま、鳥井旬子さんの作品展です。私が2009年から綴っているブログ(アメブロ/外部サイト)を以前よりご覧くださっている方でしたらご存じかと思いますが、残念ながら加藤光治さんは2015年に志半ばにしてお亡くなりました。

紫峰窯」は加藤光治さんが一から、汗水たらしながら大変な思いをして作られた窯です。奥様のお話では、ご主人がお亡くなりになられた後、窯のある広大な土地も窯も維持管理するだけでも大変な手間とお金が掛かり、そして肝心の紫峰窯を使って作陶する(継ぐ)人も残念ながら居なかったため、正直売却することも考えていらっしゃったようです。

しかしながら一念発起されたお嬢さまが、お父さまの志しを引き継ぎ、紫峰窯の火を消さず再び窯に火を灯すことになったのです。

 

私が今までご案内してきた過去記事の一部のリンクを貼っておきますので、合わせてご覧いただければ幸いです。さて今回はどんな酒器、もとい、作品が炊き上がったでしょうか。楽しみです。

 

備前焼と織の二人展2020|紫峰窯|備前焼×つづれ織|銀座月光荘画室Ⅱ

 

備前焼と織の二人展

備前焼 紫峰窯 鳥井旬子 茨城県石岡市
つづれ織 児島照子 千葉県八千代市

・開催:2020年2月24日(月)~3月1日(日)
・時間:11:00~18:00(最終日は16:00迄)
・場所:銀座月光荘画室Ⅱ 東京都中央区銀座8-7-18 1F(見番通り)
・電話:03-3573-5605(会期中直通)

※JR新橋駅下車銀座口から徒歩8分、地下鉄銀座線新橋駅下車3番出口から徒歩5分、
地下鉄銀座線銀座駅下車A2出口から徒歩10分
※かなめ屋の向かって左隣りです。

 

備前焼|加藤光治遺作展・紫峰窯に行ってきました|父の終点、娘の始点。受け継がれる想いと絆。2日迄」2018/08投稿

 

「紫峰窯・加藤光治遺作展」|備前焼|加藤さんに逢いに、そしてその遺作たちを観に行ってきました。」2016/02投稿

 

「紫峰窯・加藤光治遺作展」のご案内|『土』と『炎』の芸術、備前焼。2016/2/22~2/28」2016/02投稿

 

▼「紫峰窯のブログ」(外部サイトへ)
http://tousui.cocolog-nifty.com/blog/
(現在は更新されておりませんが、当時の作品作りの様子がご覧になれます。)

▼「焼き物のある暮らし~紫峰窯を訪ねて~」(外部サイトへ)
http://www.life-assist.net/LA/ob/vol01_1/
(貴重な加藤光治さんのインタビュー記事が掲載されています。)

 

【紫峰窯・加藤光治作陶展】に行ってきました! 『土』と『炎』の芸術【備前焼】。祝10周年!」2014/02投稿

 

『土』と『炎』の芸術・備前焼」2010/03投稿

 

備前焼、そしてつづれ織りにご興味のある方、またお近くの方はぜひお立ち寄りになってみてください。

 

新年明けましておめでとう御座います|オリンピックイヤーの2020年は本日1月6日より通常営業。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

オリンピックイヤーの2020年、明けましておめでとう御座います。
本日、1月6日(月)より通常営業致します。

干支関連商品は、一部商品を除き、ほぼすべて【完売】しております。詳しくは当ホームページの掲載ページをご覧くださるか、直接お電話ください。

今年も他店にない日本の伝統工芸の技を生かした素晴らしい逸品を、一つでも多く製作、そして皆さまにご紹介させていただけるよう精進してまいします。

お近くにお越しの際は、どうぞお気軽にお立ち寄りください。またあわせまして、銀座かなめ屋のホームページ、ほか各種SNSもご覧くだされば幸いです。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
銀座かなめ屋・三代目

 

末広 儀礼用扇子 よそ行き用の扇子

白竹鶴彫り末広2020各種。
近日ご紹介。

 

べっ甲幾何学模様螺鈿金蒔絵かんざし|黒革の手帳2017

べっ甲幾何学模様螺鈿金蒔絵かんざし2017
再入荷。

 

べっ甲玉かんざし カーヴィング玉かんざし2019

べっ甲カーヴィング玉かんざし2020各種。
近日ご紹介。

 

《営業時間》

【平日】11:00~20:30

【土曜】12:00~19:00

【日祝】定休

※夏季及び年末年始は一部営業日時の変更有。

 

 

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、 製作時に使用する材料、また加工費などにより価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。

※べっ甲製品の場合、一見同じ様なお品物でも、使用されているべっ甲の品質や厚み等によって価格が大きく変動いたします。

▼銀座かなめ屋の各ウェブサービスも合わせてご覧ください。

 

銀座かなめ屋・三代目のブログ
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/

銀座かなめ屋・フェイスブックページ
https://www.facebook.com/ginzakanameya/

銀座かなめ屋・三代目のツイッター
https://twitter.com/kanameya_3daime

 

かなめ屋お問い合わせフォーム

 

御礼|2019年度の営業は、本日12月29日(日)すべて終了いたしました。新年は1月6日(月)より通常営業いたします。皆様どうぞ幸多き新年をお迎えください。

令和元年(2019年度)の営業は、本日12月29日(日)18時をもってすべて終了致しました。

新年2020年は1月6日(月)より通常営業いたします。

くる年が、皆さまにとって幸多き一年となりますように。そして、世界がほんの少しでも今より平和になりますように。

今年も一年間、誠に有難う御座いました。

銀座かなめ屋・三代目

2019.12.29.

 

《年末年始の営業》

 

《2019年12月30日(月)~2020年1月5日(日)迄休業》

【30日(月)】臨時休業 

【31日(火)】臨時休業 

【01日()】定休日 

【02日(木)】臨時休業 

【03日(金)】臨時休業 

【04日(土)】臨時休業 

【05日()】定休日

《2020年1月6日(月)より通常営業》

 

 

《通常の営業時間》

 

【平日】11:00~20:30

土曜】12:00~19:00

日祝】定休

※夏季及び年末年始は一部営業日時の変更有。

 

銀座かなめ屋・80周年記念べっ甲かんざし

干支関連商品はほぼ【完売】しております。詳しくは下記をご覧ください。

 

2020年度の干支かんざし、稲穂かんざし、干支扇子、干支根付、御年賀まとめ

 

干支かんざし2020・子》 すべて【完売】

干支かんざし2020|福徳繁栄干支かんざし・福子・全20種

 

稲穂かんざし2020・子》はと若干数、ほかすべて【完売】。(2019.12.29.現在)

稲穂かんざし2020(子)・全11種

 

干支扇子2020・子》すべて【完売】

干支扇子2020|新手扇・子全4種

 

干支値付け2020・子》ほぼすべて【完売】。(2019.12.29.現在)

干支根付2020|開運干支根付・子

 

御年賀2020・子》ほぼすべて【完売】。(2019.12.29.現在)

干支の和装雑貨2020|御年賀におすすめ

 

 

令和最初、恒例の銀座大忘年会2019
新ばし金田中

 

 

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、 製作時に使用する材料、また加工費などにより価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。

※べっ甲製品の場合、一見同じ様なお品物でも、使用されているべっ甲の品質や厚み等によって価格が大きく変動いたします。

▼銀座かなめ屋の各ウェブサービスも合わせてご覧ください。

 

銀座かなめ屋・三代目のブログ
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/

銀座かなめ屋・フェイスブックページ
https://www.facebook.com/ginzakanameya/

銀座かなめ屋・三代目のツイッター
https://twitter.com/kanameya_3daime

 

かなめ屋お問い合わせフォーム

 

いよいよ明日開催!第95回・銀座くらま会2019|からす組のお稽古風景(髪洗動画あり)!|令和元年9月27日(金)

いよいよ明日❗️
第95回・銀座くらま会2019開催です。

からす組、最後の追込み稽古、見よ!このやる気満々獅子親子🦁🦁

 

第95回・銀座くらま会2019

 

第95回・銀座くらま会2019

 

第95回・銀座くらま会2019・からす組・連獅子

 

第95回・銀座くらま会2019

 

第95回・銀座くらま会2019

 

最後の追込み稽古、見よ!このやる気満々の獅子親子🦁🦁

 

第95回・銀座くらま会2019・からす組・連獅子

 

第95回・銀座くらま会2019・からす組・連獅子

 

第95回・銀座くらま会2019・からす組・連獅子

 

▼子獅子の練習風景(動画)はこちら。

 

 

 

第95回・銀座くらま会2019・からす組

 

第95回・銀座くらま会2019・からす組

 

第95回・銀座くらま会2019・からす組

 

第95回・銀座くらま会2019|令和元年9月27日(金)、今年も銀座の若旦那、若女将「からす組」も頑張ります!至新橋演舞場。

 

皆さま、どうぞお誘いあわせの上、ご来場ください。

からす組一同、心よりお待ち申し上げております。

 

第95回・銀座くらま会2019|令和元年9月27日(金)、今年も銀座の若旦那、若女将「からす組」も頑張ります!至新橋演舞場。

今年で95回目を数える、歴史ある銀座くらま会が、いよいよ今月末、9月27日(金)新橋演舞場にて開催されます。

 

銀座の大旦那、大女将、鞍馬天狗の下、その子分である我々銀座の若旦那、若女将、からす天狗(からす組)も精一杯頑張ります。ぜひ新橋演舞場へお足をお運びくださり、ご笑覧、そして暖かいご声援を頂ければ幸いに存じます。

 

第九十五回・銀座くらま会2019

第九十五回・銀座くらま会2019

 

第九十五回・銀座くらま会2019

 

第九十五回・銀座くらま会

・日時:令和元年(2019年)9月27日(金)

・開場:10:30

・開演:11:00

・場所:新橋演舞場

・入場:無料(要チケット※)

 

【新橋演舞場】

東京都中央区銀座6-18-2

東京メトロ日比谷線

・都営浅草線 東銀座駅[6出口]より徒歩5分

・都営大江戸線 築地市場駅[A3出口]より徒歩3分

https://www.shochiku.co.jp/play/enbujyo/

 

 

第九十五回・銀座くらま会2019

 

 

※)ご入場は無料ですが、チケットが必要です。

※)チケットのご用命各出演者まで直接お問い合わせください。

※)銀座かなめ屋でも、私、三代目分のチケットを若干数ご用意しておりますので、店頭でお手渡しが可能な方に限り差し上げます。ご興味の御座います方は必ず事前にご連絡の上、お早目めにお越しください。

※)当日券も若干数ご用意できる予定です。当日直接、新橋演舞場入口にお越し頂き、『からす組のチケットはありますか?』とお尋ねください。その場でお渡しいたします。

※チケットは出演者分、当日券とも無くなり次第、配布を終了させて頂きます。

※)からす組の公演は、午後3時40分頃を予定しておりますが、お時間は前後する場合が御座います。

 

第九十五回・銀座くらま会2019

 

【第二部】「特別出演くらま会準会員」(からす組十五時四十分頃

(踊り:新橋若手藝者連中)

・長唄 連獅子(からす組Ver.)

・端唄 さわぎ(からす組Ver.)

 

 

 

会員はプロの芸人と違って決して上手に唄うことをモットーとしない。あくまでも素人であることを念頭に、各自の持ち味を生かして、楽しみながら、お互いを切磋琢磨して唄うことを主旨とする。

銀座くらま会主旨より

 

第九十五回・銀座くらま会2019

 

皆さま、どうぞお誘いあわせの上、ご来場ください。

からす組一同、心よりお待ち申し上げております。

 

第94回・銀座くらま会2018|今年も銀座の若旦那、若女将「からす組」も頑張ります!至新橋演舞場」2018/09投稿

 

【速報】第92回・銀座くらま会2016|銀座の若旦那、女将頑張りました!大当たり~!」2016/09投稿

 

第90回・銀座くらま会|特別出演くらま会準会員・からす組最後の練習風景。新橋芸者も応援に!」2014/09投稿

 

第89回『銀座くらま会』。鞍馬天狗の帯留、銀座の昔の風景写真。【追記あり】」2013/09投稿

 

中央区まちかど展示館「銀座かなめ屋・かんざし和装小物展示館」本日開館!

本日(令和元年6月3日)大安吉日、中央区まちかど展示館「銀座かなめ屋・かんざし和装小物展示館」が開館致しました。店内の一角、ほんの僅かなスペースですが、べっ甲かんざしをはじめとする今では希少で滅多に眼のすることの出来なくなってしまった様々な和装小物、またそれらに纏わる品々を、ギュッと凝縮して展示させて頂く予定です。

 

中央区まちかど展示館」(Machikado Museum Project)は現在、区内(銀座・京橋、日本橋、月島地区)に26館(内4館新認定)が認定を受けて御座いますが、銀座では弊店の「銀座かなめ屋・かんざし和装小物展示館」が初めての認定となり、第1号館となります。

 

ショーケースの上に飾ってある(絵ではありません)は、かんざしに纏わる古代文字(亀甲文字)4文字が書かれています。それぞれいったい何という文字(漢字)か、お分かりになりますか?

 

展示内容は不定期にて変えていくことになるかと思いますが、今月は「銀座かなめ屋・かんざし和装小物展示館」開館記念、そして銀座初認定を記念して「総白べっ甲花嫁かんざし一揃え」を今月いっぱい(2019年6月29日まで)特別展示させて頂く予定です。今ではちょっとした美術館でも見ることの出来ない逸品です。

またこのほかにも、かんざしや櫛などの制作に用いる手作りの工具、及び貴重な参考文献、《復版「玳瑁龜図説」天・地》(非売品)(原本:国立国会図書館蔵/天保十二年、文久二年)を展示させて頂きます。

 

 

今まさに失われようとしている、日本の素晴らしい伝統工芸、そして伝統工芸品。こちらのショーケース以外にも希少な和装小物の数々が店内に御座います。ご興味のある方、お近くにお越しの方はぜひ一度お立ち寄りください。

 

中央区まちかど展示館(Machikado Museum Project)

中央区は江戸以来400年の歴史や伝統を誇り、名所や旧跡、お祭り等の地域行事などさまざまな文化資源に恵まれています。それらの文化資源を発掘し、皆様に広く知っていただくため、「まちかど展示館」として開設しております。

中央区は江戸時代より、わが国の文化・商工業・情報の中心として発展してきた長い歴史と伝統を誇る由緒あるまちです。面積は小さいながらも、江戸五街道の起点である名橋「日本橋」、世界のショッピングストリート「銀座」、日本のウォール街「兜町」、食文化の中心「築地」、佃や月島をはじめとした豊かな水辺等さまざまな魅力に満ちあふれ、多くの人たちが集う活気とにぎわいのまちとして、めざましい発展を遂げてきました。
以来400年余り、中央区は歴史と伝統を育み、江戸以来の老舗や地域のお祭りなど、多様な文化資源が脈々と息づいています。
この中央区の魅力を皆様に広く知っていただくため、地域の文化資源を「まちかど展示館」として整備し、開設しています。展示館は、小さな老舗内の伝統工芸品を飾ったショーケースから企業のものづくりや歴史を展示したもの、あるいは下町の祭事に使用する神輿など、規模や展示方法はそれぞれですが、中央区が誇る文化の一端をかいまみることができます。中央区の“ちょっとすごい”を是非、お訪ねください。(公式WEBサイトより)

 

 

※1980年にワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)に日本が批准し、それ以降、べっ甲材料の輸入量は段階的に減っていきました。そして、日本が開催国となった第8回(1992年)締約国会議(加盟国で2,3年に一度開催される会議)が開催された年をもって、それ以降現在に至るまでべっ甲材料の輸入が停止されています。現在制作されているべっ甲製品は、その年以前に輸入した材料を少しずつ大切に使用しながら制作されています。

 

 

伊予の響演2019|四国花街+幇間|四国の芸妓が一堂に集う、絢爛豪華な伊予の秋。行ってきます!

伊予の響演2019|四国花街|四国の芸妓が一堂に集う、絢爛豪華な伊予の秋。
特別ゲストの幇間、櫻川八好さんの応援も兼ねて、行ってきま~す!
そして、お勉強させて頂きます!


 

伊予の響演
~四国の芸妓が一堂に集う 絢爛豪華な伊予の秋
讃岐(高松芸妓検番)/阿波(料亭しまだ)/土佐(料亭濱長)/伊予(松山検番)

・日時:2018年11月11日(日) 18:00開演(17:30開場) 
・会費:20,000円(お食事・お飲み物付) 
・場所:松山全日空ホテル4階 ダイヤモンドボールルーム
(予約終了/満席)
 

詳細は、FacebookTwitterInstagramなどで逐次、ご報告出来るかなぁ…。
宜しかったらそれぞれのアカウントも覗いてみてください。^^

2019年度版・干支関連商品「亥」も続々入荷中!
準備が整い次第、順次掲載中です。お求めの際はお早めに。
↓↓↓

【干支かんざし】まとめ
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/theme-10063599683.html
※ご注意)昨年以前のお品物はすべて【完売】しております。

【稲穂かんざし】まとめ
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/theme-10099480328.html
※ご注意)昨年以前のお品物はすべて【完売】しております。

【干支扇子】まとめ
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/theme-10074089034.html
※ご注意)昨年以前のお品物はすべて【完売】しております。

【お年賀・干支根付・その他季節商品】まとめ
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/theme-10063643821.html
※ご注意)昨年以前のお品物はすべて【完売】しております。

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、製作時に使用する材料費、工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。
トップページへ戻る最新情報は、ブログトップページをご覧ください。

かんざし・帯留商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

和装小物商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

ブログ内画像一覧月別に各記事のトップ画像が一覧できます。

本日はお立ち寄り頂き有難う御座います。またのお越しを心よりお待ちしております。

▼こちらも併せてご覧ください。

読者登録してね
銀座かなめ屋・三代目のブログの更新情報が届きます。(承認制)

にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ
にほんブログ村
★日本ブログ村【和装小物】ランキングに参加中!
上記バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。

かなめ屋 お問い合わせフォーム

備前焼|加藤光治遺作展・紫峰窯に行ってきました|父の終点、娘の始点。受け継がれる想いと絆。2日迄

2年半ぶりに紫峰窯の加藤光治さんにお逢いしてきました。そしてその遺志を引き継がれたお嬢さま(旬子/じゅんこ/さん)とその作品たち。相変わらず奥さまも、ご長女さまも皆お元気そうでした。

 

【備前焼 加藤光治遺作展・紫峰窯】
~父の終点、娘の始点。受け継がれる想いと絆。~

・開催:2018年8月27日(月)~9月2日(日)
・時間:11:00~18:00(最終日は16:00迄)
・場所:銀座月光荘画室Ⅱ 東京都中央区銀座8-7-18 1F(見番通り)
・電話:03-3573-5605(会期中直通)
※JR新橋駅下車銀座口から徒歩8分、地下鉄銀座線新橋駅下車3番出口から徒歩5分、
 地下鉄銀座線銀座駅下車A2出口から徒歩10分
※かなめ屋のお隣りです。

 

お母さまのお話しでは、お父さまがお亡くなりになられた後暫くして、窯のある広大な土地も窯も維持管理するだけでも大変なことから、正直売却することも考えられていたようです。しかしながら下のお嬢さまがお父さまの想いを胸に一念発起され、再び窯に薪が組められ炎を灯すことが出来たそうです。

画廊の突き当りには「」の書とお父さまの遺影が…。

そして遺影の上には、お父さまが好きだった言葉が、何かの用紙の裏に達筆な字で書かれたものが額装され、飾られていました…。

・心身とともに 健康であること
・自分でほどよいと思う程度の お金を持っていること
・感動できる 心を持っていること
・幅広く 豊かな人間関係を持っていること
・朝起きた時 その日にやらねばならぬことがあること

お嬢さまが始められた備前焼を用いたアクセサリーと、香炉、テーブルライトなど。
あちこちにをはじめとする動物たちが顔をのぞかせている。

そしてコーヒーカップ日常の食器類。そしてなぜかそのすぐ下に片口が…。これはもしかして酒器の片口ではなく、ドレッシングなど調味料を注ぐための器かな?!お父さまの作品達と一緒に並んでいました。

様々な形の皿や器、そして花器も…。

そして私も大好きな酒器の数々…。
お嬢さまが作られたものは、お父さまのに比べ若干私の大きな手には少々小振りなものが多かったでしょうか。その中から私の目に留まった、表情豊かで比較的大きめなぐい呑み片口を今回は頂きました。

本当は片口ではなく、徳利が欲しかったのですが、お嬢さまに希望を伝え早々に次回の来年5月開催(予定)用にリクエストしてきました。

今回びっくりしたことは、お嬢さまの作品の中に、お父さまの作風にとても似たものが結構あったことです。うら側の落款を見て、えっ?!これお父さまの作品ではないんですね?!という感じ。勿論パッと見、お嬢さまの作品と分かるものも沢山ありましたが。

お嬢さまは、お父さまがご健在の時、作陶している傍らでその制作風景を直に見ながら、時々興味本位で小物類を制作していらっしゃったそうです。しかしそれでも当然ですが、長年備前焼に惚れ込んで勉強、研究してこられたお父さまに比べたらまだまだひよっこ?!。と、思っていたら中には本当にお父さまの作品に勝るとも劣らないような素晴らしい器も結構ありました。

お父さまの傍で、きっとその技術を誰よりもよく観察されていたのかもしれませんね。

実は今回、今まで私が求めてきた加藤さんの素晴らしい作品の中から主だった酒器を持参しました。初日に伺った時に上のお嬢さまが、私が購入した、お父さまが最後に作られたあのぐい呑みをもう一度見たい!と言うことで、そのぐい吞みを含め幾つか持参してきました。

思い出話に花を咲かせていると、お母さまがなにやら香り立つ透明な液体を…。(笑)

さらに!丁度いらした常連のお客様からも差し入れが!!
なんとしかも!国産初!メイドイン京都の「勢/SEI」という限定品のアルコール度数54度のドライジンまで。(笑)

外はまだまだ明るく、私もまだ仕事の途中なのですが、当然こうなりますよね。
お父さまがご健在の時も、昼夜を問わず、私が伺うと香り立つ透明な液体をよく振舞って下さいました。今となっては懐かしい良き思い出ですが、その遺伝子もちゃんと受け継がれているようでとても嬉しく思いました。

それから余談ですが、この宴会中?!にも一般のお客様方が次々と入ってこられていたのですが、その中のお一人が偶然私のブログをご覧になり初めてこちらにいらっしゃったとか!いやいや嬉しいやら何やらびっくりでした!

作品をいくつかお買い求め下り、帰り際にご記帳して下さったので、また来年いらっしゃって下さると嬉しいですね。

天国で、今でもきっと備前焼の作陶を続けられているお父さまも、お嬢さまがその志を受け継いでいる姿を見て、必ずや微笑んで、一緒に杯を傾けていらっしゃることでしょう。

 
陶芸、備前焼にご興味のある方は、ぜひお立ち寄りになってみてください。お手頃価格の日常の食器から、花器、茶器、そして酒器までさまざまな備前焼が一堂にご覧になれます。

 

▼「紫峰窯のブログ」(現在は更新されておりません。)
http://tousui.cocolog-nifty.com/blog/

▼「焼き物のある暮らし~紫峰窯を訪ねて~」(加藤光治さんのインタビュー記事が掲載されています。)
http://www.life-assist.net/LA/ob/vol01_1/

◆過去の作陶展、及び作品は、私のブログバックナンバーよりご覧頂けます。

▼「「紫峰窯・加藤光治遺作展」|備前焼|加藤さんに逢いに、そしてその遺作たちを観に行ってきました。」ブログ2016年02月26日号


https://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20160226.html

▼「「紫峰窯・加藤光治遺作展」のご案内|『土』と『炎』の芸術、備前焼。2016/2/22~2/28」ブログ2016年02月19日号


https://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20160219.html

▼「【紫峰窯・第十六回・加藤光治作陶展】のご案内。|『土』と『炎』の芸術、備前焼。2/23~3/1」ブログ2015年02月21日号 


https://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20150221.html

▼「【紫峰窯・加藤光治作陶展】に行ってきました! 『土』と『炎』の芸術【備前焼】。祝10周年!」ブログ2014年02月27日号


https://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20140227.html

▼「『土』と『炎』の芸術“備前焼” 紫峰窯の加藤光治さん作陶展に行って来た!瓢箪徳利、杯、麦芽杯。」ブログ2013年02月27日号


https://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20130227.html

▼「『土』と『炎』の芸術“備前焼” 紫峰窯の加藤光治さん作陶展に行って来ました」ブログ2012年03月08日号


https://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20120308.html

▼「『土』と『炎』の芸術“備前焼” 紫峰窯の加藤光治さん作陶展行ってきました!」ブログ2011年03月01日号

備前焼の紫峰窯備前焼の紫峰窯
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20110301.html

▼「『土』と『炎』の芸術・備前焼」ブログ2010年03月02日号

備前焼・紫峰窯備前焼・紫峰窯
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20100302.html

トップページへ戻る最新情報は、ブログトップページをご覧ください。

かんざし・帯留商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

和装小物商品一覧|サイトマップ商品検索にご活用ください。

ブログ内画像一覧月別に各記事のトップ画像が一覧できます。

本日はお立ち寄り頂き有難う御座います。またのお越しを心よりお待ちしております。

▼こちらも併せてご覧ください。

読者登録してね
銀座かなめ屋・三代目のブログの更新情報が届きます。(承認制)

にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ
にほんブログ村
★日本ブログ村【和装小物】ランキングに参加中!
上記バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。

かなめ屋お問い合わせフォーム

Page Top