お問い合わせはこちら

扇子2019・6種|父の日、海外ギフト、各種贈答品にもお勧め国産京扇子|短地扇子

紳士用扇子 富士山

 

本日は国産、メイドイン京都の紳士用京扇子の中から、扇面の和紙の部分が短い《短地/たんち》の扇子を集めてみましたのでご紹介させて頂きます。

 

先日は各種贈答に便利な《扇子》と《携帯用ケース》が桐箱に納められた扇子セットをご紹介しましたが、過日申し上げた通り、セットものの多くは、一部の材料や加工を海外に頼っているため、日本製(メイドインジャパン)とは明記されません。

 

しかしながら、弊社で通年お取り扱いをしている単品の扇子は、紳士用、婦人用とも、さらに価格(数千円代でも数万円代のものでも)にもよらず、ほぼすべて日本製(メイドインジャパン)国産の京扇子となります。

 

そうしたことから、もし海外のお客様に日本のモノを贈答品と贈られるのであれば、単品のお扇子の方が宜しいかもしれません。また必要に応じて、単品の携帯用ケースや、インテリア(観賞用)としてお使いになられる場合に便利な、竹製の扇子立ても各種取り揃えております。ご来店の際は、どうぞお気軽に店員にお尋ねください。

 

それでは、一部昨年ご紹介しました継続販売中の商品も御座いますが、改めて撮影致しましたので、どうぞ最後までご覧ください。(2019.06.掲載商品)

続きを読む

アール・ヌーヴォーを彷彿させる美しいかんざし|べっ甲シルバー琥珀装飾付き一本挿し

べっ甲かんざし 一本挿し

 

いよいよ先週末(6月7日)から梅雨入りした関東甲信越、月曜日だと言うのに本日の銀座も久し振りに朝からずっと大雨です。これからしばらくは陽の光が恋しい日々が続きそうですが、動植物、そして私たちにとっても梅雨の雨は恵みの雨。物騒な土砂降りは勘弁してほしいところですが、適度に降って様々な命に活力を与え、早く気分爽快な季節を無事に迎えたいものです。

 

さて本日は髪の上で3つの可愛らしい琥珀玉が揺れる、普段使いの一本挿しかんざしをご紹介させて頂きます。一本挿しは今年初めてのご紹介になりますかね?、似たような形状のかんざし、すずらんのべっ甲かんざしを2月にご紹介しましたが、こちらは2本足ですね。

 

アール・ヌーヴォーを彷彿させる優しい曲線を描いたべっ甲足に、同じく蔦のように絡みつくシルバー製の葉と茎。その先には、シルバー琥珀玉で表現した小さな花たちが、ゆらゆらと髪の上で美しく輝きながら揺れます。(2019.06掲載商品)

 

続きを読む

扇子2019・6種|洋装にもおすすめ、婦人用絹張りペンテ扇子ほか|扇子と各種ギフトにもお勧めな扇子セット|蝶、バラ、ダリア、桜

婦人用扇子

 

本日は洋装にもおすすめな婦人用扇子のご紹介です。一種は通称「ペンテ」と呼ばれる、以前にも何度かご紹介したことのある、中骨の竹部分にきらびやかな絵が描かれた(ペンテ:ペイント)装飾のある扇子です。扇子を広げると、紙に描かれた絵とはまた違った雰囲気の、個性的な美しい絵が広がります。扇面は絹張りになります。

 

ペンテの扇子は単品(日本製)と、各種贈答、ギフトにもおすすめな桐箱に納められた扇子セット(《扇子》+《携帯用ケース》)が御座います。

 

このペンテシリーズの扇子、親骨に透明感のある樹脂製を用いたものも御座いますが、一時期生産が中止されておりましたが、最近は少しずつ種類は少ないですが入荷するようになりました。(→https://ameblo.jp/ginza-kanameya/entry-12169699081.html

 

もう一種も、どちらかというと洋装向きの個性的な扇子になります。絹張りの扇面にラメを用いた大胆な薔薇ダリアが描かれています。それではどうぞご覧ください。(2019.06.掲載商品)

 

続きを読む

紳士用扇子セット2019・7種|父の日ギフト、各種贈答、海外ギフトにお勧め|鮎、馬、波頭、江戸小紋、昇龍。

紳士用扇子セット2019

早いものでもう6月、今年の新作扇子の数々も続々入荷しておりますが、ご紹介が追い付きません。取り急ぎ、6月16日、間近に迫った今年の《父の日》のプレゼントや、各種贈答品海外ギフトにおすすめな、紳士用《扇子セット》を7種ご紹介させて頂きます。(2019.06.掲載商品)

 

続きを読む

扇子2019・婦人用3種|日本的で趣のある親骨の絹張り扇子

11IMG_1694.JPG

今月は売り場の改装(アメブロへ⇒)やらなんやらで、多忙を極め、新作商品のご紹介が滞りがちになっています。しかしながら、実際にはかんざしや扇子を初め、様々な素敵な和装小物たちが毎日のように入荷(完成)しています。

例年ですと、すでに今春夏の新作扇子のご紹介も紳士用婦人用含め多数ご紹介しておりますが、今年は婦人用の親骨に牛こつを用いた祝儀扇子1種と、手描きの紳士用扇子2種だけです。

お扇子をお探しの方でお近くにお住まいの方、ご来店が可能なお客様は、どうぞお気軽にお立ち寄りください。店頭にはすでに今年の新作が続々と入荷しております

ということで、本日は絹と和紙を重ね合わせた羽二重の扇面に、日本的で優しい雰囲気のお花の透かし柄をあしらい、また親骨には趣のあるの竹材を用いた、婦人用絹張扇子を3種ご紹介させて頂きます。(2019.05.掲載商品)

続きを読む

パンチングメッシュ草履2019-1|単衣、絽の着物におすすめ

02_草履メッシュ2019_2変わりつゆ芝.jpg

柄は《変わりつゆ芝》、お色はパールホワイト色、淡いシルバー色、淡い藤色、淡いレモン色、そして淡い草色の全5色。すべて本革、各色パール調の優しいマットな風合いです。踵の高さは四分三枚、実際の高さは踵のゴムを含め約5.5㎝です。(2019.05.掲載商品)

続きを読む

べっ甲シルバー鳳凰飾りアコヤパール琥珀付き3WAYかんざし

11IMG_3277.JPG

 

売り場全体の内装、一部什器をうん10年振りに新しく、今月7日にしてから早1週間。まだ部分的に片づけが終わっていないところや、売り場に出し切れていない商品も御座いますが、何とか少しずつ落ち着きを取り戻してきました。

 

 

商品の配置もそうですが、レジ回り、用度品の置き場所も変えたので、まだ慣れるまでしばらくは掛かりそうです。しかしながら、きれいになった売り場はやはり気持ちがいいですね。心機一転、益々日々精進して皆さまをお迎えいたします。お近くにお越しの際は、ぜひお気軽にお立ち寄りください。5月中にご来店、お買物して頂くといいことがあるかもしれませんよ。

 

 

さて、令和元年、最初にご紹介するかんざしは、アコヤパールと琥珀をあしらった、シルバー製の鳳凰を模った装飾(着脱式/ブローチ兼用)を添えた、豪華でモダンな準礼装用のべっ甲かんざしです。(2019.05.掲載商品)

続きを読む

蛇の目傘2019|蛇の目《中入り》3種|希少な高級化粧和傘。

販売中。在庫はお問い合わせください。

10IMG_3176_1.JPG

 

本日は蛇の目傘のご紹介です。蛇の目については、今から9年ほど前の2010年に一度アメーバブログにてご紹介(アメブロへ⇒)させて頂きました。その時はまだ、傘全体を覆う傘布(かさぬの)に「」と「和紙」を重ね合わせた羽二重(はぶたえ)を用いた高級羽二重蛇の目傘もお取り扱いをしておりました。

 

 

しかしながら現在では、製造元の縮小、職人の廃業、材料費の高騰などが進み、残念ながら本日ご紹介する「和紙一重(ひとえ)の蛇の目傘のみとなります。(勿論こちらも雨をしのぐ実用品です。)

 

 

和装小物の世界では、近年こうしたことが頻繁に起こっています。特に悩ましいのは、上質な(高額品と言う意味ではなく)ものから、そうしたことが顕著に見られるということです。そのため、私たちのような品質に拘る和装小物を取り扱う専門店としては、苦労をすることがとても増えてきました。(2019.04.掲載商品)

続きを読む

べっ甲水晶薔薇螺鈿蒔絵ダイヤ使いかんざし2019・1|準礼装

08IMG_3636.JPG

今まで純日本的なかんざし以外にも、洋風モダンな意匠、雰囲気のかんざしもたくさんご紹介してきました。

装飾技法も、伝統的な螺鈿や金蒔絵、沈金、彫刻などを用いたものから、現代的な洋装の宝飾などでもみられるような、比較的新しい技法のものまで。またそれら「」と「」、そして「伝統」と「近代」を見事に融合(ミックス)したものまで様々です。

本日ご紹介するかんざしもそんな一品です。(2019.04.掲載商品)

続きを読む

黒べっ甲夜桜螺鈿金蒔絵かんざし2019|夜空に幻想的に映る桜

10IMG_2531_1.JPG

本日は漆黒の夜空に美しく、そして幻想的に輝く桜の花々を、螺鈿と金蒔絵にて見事に表現した、大変美しいべっ甲かんざしをご紹介させて頂きます。

春爛漫、全国でも桜が開花しはじめ、九州、四国、近畿、関東でも、そろそろ満開を迎えようとしています(沖縄の寒緋桜/ヒカンザクラは1月開花)。

日中、青く澄み切った青い空を背景に、可愛らしく淡いピンク色や白色と、見事に咲く桜の花を見ていると、心を落ち着かせてくれ、気分を和ませてくれます。ほんのわずかな期間なのですが、そこがまたいいのでしょうか?日本人で良かったと思う瞬間でもありますでしょうか。

その一方で、夜に咲く桜もとても美しく幻想的です。月明りや街灯、そしてライトアップされた桜が、暗闇とは対照的に美しく輝き、浮かび上がる様は、人々の心を高揚させます。

本日ご紹介するべっ甲かんざしは、そんな一瞬を切り取った幻想的で大変美しいものです。こちらの意匠(夜桜)のかんざしも、実は2015年に一度ご紹介(蒔絵:大岡緑)したものですが、今回はかんざしの形状を変え、蒔絵は蒔絵師紫紅さんのお手を借り、さらにパワーアップして完成した逸品です。それではどうぞほんのひと時、夜桜を楽しんでいって下さい。(2019.03.掲載商品)

続きを読む

Page Top