お問い合わせはこちら

シンプルで使いやすい白べっ甲かんざし2020・2種|カジュアルなパーティーやお食事会、観劇などから普段のお出掛けにおすすめ。

本日はべっ甲本来の優しい温もりを生かした、シンプルで気軽にお挿しになりやすいべっ甲かんざしを2種(大小)ご紹介させていただきます。カジュアルなパーティーやお食事会、観劇など、また普段の外出着の髪留めとしてもおすすめです。(2020.03.掲載商品)

 

シンプルで使いやすい白べっ甲かんざし2020

 

昔はこうした何の装飾もない、シンプルなかんざしも結構御座いましたが、最近は材料費の高騰などもあり、あまり見かけることが少なくなりました。

続きを読む

紳士用正絹羽織紐2020各種と結び方|江戸組紐(中村正謹製)平組、丸組、飾付き無双。

本日は江戸組紐の中村正(しょう)謹製のしっかりとした紳士用の羽織紐(写真左上)が入荷いたしましたので、現在店頭に御座います商品の中から、タイプの異なる羽織紐といくつかご一緒にご紹介させていただきます。(2020.03.掲載商品)

 

紳士用正絹羽織紐2020各種と結び方|江戸組紐(中村正謹製)平組、丸組、飾付き無双

 

紳士用の羽織紐は2012年にいくつか掲載させていただいて以来になりますので、実に8年ぶりのご紹介ですね。紳士用の和装小物全般に言えることですが、いざ探すとなると(当然ですが)婦人物に比べてお取り扱いしている店舗も少なく苦労します。また扱いがあったとしても種類が限定されていたりと、なかなか自分が気に入ったものに巡り合うことができません。

ですから時々社用で仕入先のメーカーや問屋などに行った際に、これはっ!と思うものに出会うと、ついつい私物用と、店頭販売用に仕入れてきます。あくまで私(三代目)好みの品揃えで、種類も数量も限られますが、それでも良品を一品一品吟味しながら扇子や信玄袋などを始め、なるべく紳士用の和装小物類も常時取り揃えるようにしております。

 

さてそれでは、趣きの異なる3種の紳士用羽織紐をご紹介させていただきますが、記事の中ほどに、紳士用羽織紐の結び方を簡単にご紹介(写真左下)させていただいておりますので、結び方の分からない方は、あわせてご参考になさってみてください。

 

ホンモノ志向の煙草入れ風棒挿し式印伝小物入れ2019|紳士用の洒落た和装小物。棒挿し式小物入れと腰巾着。」2019/09掲載商品

 

大人の本物志向の印伝信玄袋2019・2種|信玄袋と合切袋の違いは?|爪唐草、瓢箪文様の鹿革信玄袋。」2019/08掲載商品

続きを読む

紳士用手提げバッグ2020・3色|本場筑前正絹博多織帯地使用、和装、洋装どちらにもおすすめ。

婦人用の和装バッグのご紹介が続きましたので、本日は久しぶりに紳士用の手提げバッグをご紹介させていただきます。店内の取り揃え商品のほぼ9割以上が婦人ものになりますが、扇子を始め、ごくたま~にご紹介している信玄袋腰巾着羽織紐角帯など一部紳士用の和装小物も取り扱っております。(2020.03.掲載商品)

 

本場筑前正絹博多織帯地使用の紳士用手提げバッグ

 

本場筑前の正絹帯地を、バッグの中央縦に使用したユニークな手提げバッグです。表側は上のお写真の通り帯地の表面を、そしてバッグの裏側には裏側(一本線側)を縫い付けています。

本体は牛革シュリンクの風合いが良く表現された合成皮革、持ち手もポリエステル素材を使用しておりますので、気兼ねなくお持ちになれます。また、角帯を使用していることから敢えてタイトルには“紳士用”と明記させていただきましたが、別にお好みで女性の方がお持ちになられてもよろしいかと思います。それではどうぞご覧ください。

 

ホンモノ志向の煙草入れ風棒挿し式印伝小物入れ2019|紳士用の洒落た和装小物。棒挿し式小物入れと腰巾着。」2019/09掲載商品

 

大人の本物志向の印伝信玄袋2019・2種|信玄袋と合切袋の違いは?|爪唐草、瓢箪文様の鹿革信玄袋。」2019/08掲載商品

続きを読む

べっ甲カービング玉かんざし2020・5種|邪気を払い、パワーとヒーリング力を高め、幸運を招く玉かんざし。涼しげな新色が入荷。

本日はご好評いただいております、パワーストーン(天然石)を使用した“カービング”玉かんざしの新作が入荷いたしましたのでご紹介させていただきます。本日ご紹介する5種のうち、新作は“ソーダライト”と、“ブルーレース”の2種になります。

すでに昨年ご紹介させていただきました3種“ハウライトトルコ石”、“砂金水晶(アベンチュリン)”と、“虎目石(タイガーアイ)”と涼しげな寒色系の色合いのものをご一緒に撮影させていただきました。

5種それぞれに解説を織り込んでおります。少し長くなりますが、どうぞ最後までご覧ください。

 

べっ甲カービング玉かんざし2020

 

独創的なデザインのオリジナル玉かんざし。耳かきの先端から足先まで美しいS字曲線を描いています。足先に行くにしたがって細く仕上げ挿しやすくなっています。また耳かきの形状もシャープな曲線を意識して模り、お挿しになられた姿も粋で洗練された美しい印象に映ります。

 

いずれも天然素材である縁起物のべっ甲に、様々なパワー力ヒーリング力を秘めたとされる大地からの贈り物、パワーストーン(天然石)を使用した手作り品です。そのため、ひとつひとつ色合いや柄の出方などが異なり、厳密に申し上げれば一本一本すべてが1点ものになります。

天然石は、良質なものが入手できたときに製作しておりますので、品揃えの在庫状況はその都度異なります。どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

べっ甲カービング(curving)玉かんざし2019・3種|パワーストーン、赤瑪瑙、紅水晶、砂金水晶。普段使いのかんざし。」2019/10掲載商品

 

新しい形状の美しいべっ甲玉かんざし2019・2種|美しい青色が素敵なハウライトトルコ石|深みのある金褐色に輝くタイガーアイ(虎目石)|普段使いのかんざし。」2019/08掲載商品

続きを読む

アール・ヌーヴォー漂う洋風モダンなべっ甲一本挿し2020・2種|べっ甲アコヤパール、琥珀付き三枚葉唐草彫り一本挿し簪。

本日はアール・ヌーヴォー感漂う、洋風モダンな素敵な一本挿しが2種完成いたしましたのでご紹介させていただきます。シルエット(形状)は2種とも同じですが、それぞれ異なる仕様に仕上げてみました。

ひとつはかんざしの先端に白べっ甲を用いてアコヤパールを添えた、セミフォーマルの装いにおすすめなかんざし。もうひとつは、かんざしの先端に茨布べっ甲を用いて色あいの異なる琥珀を添えた、カジュアル(普段)な装いにおすすめなかんざしになります。(2020.02.掲載商品)

 

べっ甲アコヤパール、琥珀付き唐草彫り一本挿し2020

 

もうずいぶん昔になりますが、似たような一本挿しをご紹介させていただきました。一時そのかんざしを製作してくださっていたベテランのべっ甲職人が廃業してしまい、しばらくの間、新たに製作することができなくなっていたのですが、現在は別の腕利きのべっ甲職人が製作を引き継いでくださることになり、今でも大変人気のある、ある意味ロングセラーの一本挿しです。

 

べっ甲真珠南天一本挿しかんざし」2014/02掲載商品

 

べっ甲琥珀三枚葉一本挿し|シルエットが素敵、普段使いかんざし」2017/09掲載商品

続きを読む

白べっ甲藤唐草彫りかんざし2020|子孫繁栄、長寿の象徴の藤の花。準礼装の装いにおすすめ。

藤の季節にはまだ少し早いですが、本日はきものや帯、そして和装小物の意匠としてよく用いられる藤の花を白べっ甲に見事に彫刻した、準礼装の装いにお勧めなべっ甲かんざしをご紹介させていただきます。(2020.01.掲載商品)

 

さてこの藤の花、日本原産であることから古来より日本の絵画万葉集和歌などにも登場するほど日本人にも大変所縁のある花のひとつです。日本では高貴な色とされる紫色の花を咲かせ、幹(蔦)は生命力が強く、大変丈夫な事から、古来より、子孫繁栄長寿の象徴の意を込めて、有職文様(ゆうそくもんよう/平安時代以来、公家の装束・調度などに用いられた伝統的な文様の総称)のひとつとして、家紋にもよく用いられています。同様に、唐草模様にも同じような縁起の良い意味が込められています。

 

白べっ甲藤唐草彫りかんざし2020

 

また余談ですが、藤の花の花言葉としては、蔦が力強く巻き付くことから、「決して離れない」、藤の花が下向きにこうべを垂れて咲く様子から「あなたを歓迎」、また小さな愛らしいハート形をした花がたくさん房となって咲く姿から「優しさ」、他にも「あなたの愛に酔う」などという花言葉もあります。

 

藤の花のかんざし2016・3種|べっ甲藤の花文様螺鈿金蒔絵かんざし」2016/04ご紹介商品

 

藤の帯留」2015/04ご紹介商品 【完売】

 

以上のように、古来より縁起物として広く祝い事に尊ばれてきたべっ甲(亀)に、同じく縁起物の意匠をかんざしの峰いっぱいに彫刻した豪華なかんざし。準礼装の装いに、おめでたいお席、ハレの日に、また普段の外出着にもおすすめなべっ甲かんざしです。それではどうぞご覧ください。

続きを読む

べっ甲バルティックアンバー(琥珀)一本挿し2020|唯一無二の美しい輝き。

昨年の暮れ、日ごろべっ甲製品でお世話になっている社長さまより、バルト海産の大粒で大変良質なアースカラー(やや緑がかった色合い)の天然琥珀のルースを手に入れたとのご連絡を受け、早速一本挿しに仕立てていただきました。

 

べっ甲バルティックアンバー(琥珀)一本挿し2020 べっ甲バルティックアンバー(琥珀)一本挿し2020

 

バルト海とは、北ヨーロッパに位置する地中海で、ヨーロッパ大陸とスカンディナビア半島に囲まれた海域を言います。そのバルト海に面したロシアのカリ−ニングラード州を中心とした広大な地域の浅瀬や砂浜では、大変良質な天然琥珀が取れることで有名です。

 

琥珀自体は世界中で採掘されていますが、特にここで採取された天然琥珀は、“バルティックアンバー”と呼ばれ、宝飾関係の業者間でも大変珍重されています。

 

ここで、あれ?と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、ご存じの通り、琥珀は樹木から出た天然の樹液(樹脂)が、長い年月を経て化石化したものです。その化石が何で海や砂浜で採取されるのでしょうか?

 

一本挿し(かんざし)まとめ

 

天然石を使用したかんざしまとめ

 

続きを読む

大変豪華な白べっ甲百合彫りかんざし2019|希少な白べっ甲を贅沢に使用した、準礼装にお勧めな大変華やかなべっ甲かんざし。

完売しました。

本日はこの寒い時期ではございますが、大きな大輪のハイビスカスの花を希少な白べっ甲に見事に彫刻した、大変華やかな白べっ甲かんざしをご紹介させていただきます。(2019.12.掲載商品)

近年特に希少となった白べっ甲を贅沢に使用した、やや大振りで肉厚の大変贅沢なかんざしです。かんざしの峰いっぱいに広がる二輪の百合の花と下方に静かに横たわるひとつの蕾を、立体的な高肉彫り(たかにくぼり(ししぼり)彫刻で表現した、大変見事なべっ甲かんざしです。

透かし彫りに比べ、彫刻を施す生地自体に、ある程度の厚みが必要となるため、贅沢な彫刻技法と呼んでもよろしいかと思います。(高肉彫り:意匠を立体的に高く盛り上がったように表現する彫刻技法のひとつ。)

 

【お詫びと訂正】2020.01.24.追記

2019年12月23日に投稿いたしましたこちらの記事に、大きな誤りがございましたので訂正してお詫び申し上げます。

ご指摘くださった、またご迷惑をおかけいたしましたお客様、ならびに日ごろ弊社のWEBサイトをご覧くださっているお客様に対しては大変申し訳なく思っております。この場にてお詫び申し上げます。

小さな和装小物の専門店ではございますが、きもの(和装)離れが進む昨今、日ごろから和装文化を大切になさっているお客様、またこれからきものを始めようというお客様へ、今回のような間違いを起こさず正しい情報発信に努めるとともに、少しでもそうしたお客様方のお役に立てるような投稿を心がけてまいります。

【訂正】

誤)白べっ甲ハイビスカス彫りかんざし

正)白べっ甲百合彫りかんざし

(以下に経緯を要約して掲載させていただきます。)

銀座かなめ屋
三代目店主 柴田 光治
2020年1月24日

 

大変豪華な白べっ甲ハイビスカス彫りかんざし

続きを読む

贅沢な総白べっ甲かんざし|準礼装の装いから普段のキモノまで幅広くお勧め。

本日は希少な白べっ甲を足先まで使用した、大変贅沢な総白べっ甲のかんざしをご紹介させていただきます。訪問着など準礼装の装いから小紋や紬などの普段の外出着にもおすすめなべっ甲かんざしです。(2019.12.掲載商品)

 

干支関連商品のご紹介後、新たな商品をご紹介する頻度が極端に落ちてしまいました。毎年この時期はどうしても多忙を極めるのである程度は予想(仕方ない)していたことですが、それにしても月に4回(内1回は年末年始の告知)は少な過ぎましたね。

 

ということで、本日は今では大変珍しい、足の先まで希少な白べっ甲を使用した、大変贅沢な総白べっ甲のかんざしをご紹介させていただきます。白べっ甲特有の半透明で、やや黄色みがかった美しい色合い、風合いと、優しい温もりの感じられるかんざしです。

 

総白べっ甲のかんざし

続きを読む

お久しぶりニャァ~!|猫かんざし《再》、本物志向のべっ甲螺鈿金蒔絵ねこかんざし。

完売しました。

来年の干支は子(ねずみ)、毎年そろそろご紹介している江戸時代から続く縁起物の「干支かんざし」や「干支扇子」をはじめ、新年を祝う干支の和装小物たちがチョロチョロ入荷してきました。来週あたりから少しずつご紹介できるかと思いますので、もうしばらくお待ちください。(2019.10.掲載商品)

 

ということで本日はその前に、トムとジェリーではないですが、ねずみの天敵猫のかんざしをご紹介(再掲載)させて頂きます。最初にこの「猫かんざし」をご紹介したのは、2012年、それ以来手作り、手描き故、ほんの少しずつ表情(装飾)を変えながら製作してきました。もう何代目になりますでしょうか?そして本日ご紹介するかんざしが最後になります。ご興味を持たれた方は、お早めにご来店、お問い合わせください。

 

猫かんざし、本物志向のべっ甲螺鈿金蒔絵ねこかんざし

 

その昔、ねずみにお釈迦様とお元日(一月一日)に会うというお約束(おふれ)を、二日と騙され、一日遅れでお釈迦さまのところへ出向いていったら、当然お叱りを受け、元日は昨日じゃ!顔を洗って出直してきなさい!と、お釈迦様に叱責されたとかされなかったとか…(笑)。結局猫は十二支に入ることを許されませんでした。

 

釈迦話ではありますが、それ以来、ネコとねずみは仲が悪くなったと言われていますね。他の動物たちはねずみを筆頭に、約束の日時にお釈迦様のところへ出向き、目出度く十二支に選ばれ、それぞれが1年を守護する大役を務めることになりましたとさ(日本での十二支:子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)。

 

でも不思議ですね。以前ご紹介した、幕末から明治の初めに活躍されて浮世絵師、月岡芳年(つきおかよしとし)作、「古今比売鑑・薄雲(ここんひめかがみ・うすぐも)」に描かれた猫のかんざしのように、古来より日本人にも親しまれている猫が十二支に入っていないんですから。

 

猫かんざし2018【再入荷】|浮世絵師、芳年が描いたべっ甲猫簪・Ver.2」2018/06掲載商品【完売】※製作可

 

猫かんざし2018|浮世絵師、芳年が描いたべっ甲猫簪を復刻。」2018/04掲載商品【完売】

 

続きを読む

Page Top