お問い合わせはこちら

白べっ甲青海波透かし彫りかんざし|結婚披露宴、礼装から準礼装、普段の装いにもお勧めな白べっ甲かんざし。

本日は準礼装から普段のキモノまで、幅広くおすすめな白べっ甲のバチ型かんざしをご紹介させて頂きます。

 

べっ甲かんざし 白鼈甲 青海波 留袖 訪問着 結婚披露宴

 

今までにも多数、唐草模様をはじめ、麻の葉青海波(せいがいは)などを峰に彫刻した、同じような形状のバチ型の白べっ甲かんざしをご紹介させて頂きました。その時々で申し上げておりますが、白べっ甲はその材料自体、べっ甲の中でも大変希少性が高く、花嫁簪一揃えや一流の芸者などが挿す総白べっ甲の櫛や笄に代表されるように、比較的高価で贅沢なかんざしになります。

 

普段から準礼装のキモノまでお勧め、白べっ甲吉祥文様青海波と麻の葉透かし彫りかんざし+べっ甲豆知識」2018/12掲載商品

 

白べっ甲麻の葉透かし彫りかんざし|結婚披露宴、準礼装の装いにお勧め|簪の峰の形?」2017/08掲載商品

 

続きを読む

扇子2019|紳士用扇子2種、婦人用扇子4種|紳士用、婦人用扇子の違いとは?|雀、柿、市松、蝶、桜、七宝、秋草。

扇子をご紹介するときによく、‟紳士用”、‟婦人用”などと頭につけてご紹介していますが、そもそもその違いとはなんでしょう?一言でいうと、扇子の長さとその意匠(柄や模様)が異なります。では、男性が‟婦人用扇子”、その逆に女性が‟紳士用扇子”を持ってはいけないのでしょうか..?

 

紳士用扇子 婦人用扇子 京扇子 市松模様

 

一般的に扇子の長さは、舞扇や茶扇、一部を除き、紳士用7寸5分(約22.5㎝)、8寸(約24.0㎝)。そして女性用6寸5分(約19.5㎝)、7寸(約21.0㎝)のものが多くなります(※1寸≒3.03㎝)。男性用の扇子が一回り長くなります。

 

そして扇面に用いられる意匠図柄は、男性用では、鮎や鯉などの魚類、蜻蛉や螽斯(キリギリス)などの昆虫類、そのほか、風神雷神、富士山、龍、鳥獣戯画、家守(ヤモリ)、蝙蝠、瓢箪、竹、抽象画も力強い印象のものが多くなります。色合いも比較的、寒色系、濃い色合い、落ち着いたものが多く、親骨を敢えて太くゴツイ印象に仕上げたものもあります。

 

一方婦人用扇子の場合、扇面に用いられる意匠、図柄は、ほとんどが桜や鉄線などの四季折々の花、唐草、そのほか、金魚、抽象柄も優しい印象のものが多くなります。色合いは比較的淡いピンク系、生成り系、パステル調の中間色のものが多くなります。親骨中骨とも紳士用に比べると細くすっきりとしたのもが多いでしょうか。

 

紳士用、婦人用扇子の見た目の違いはこれでお分かり頂けたかと思います。では、冒頭に上げたの疑問、男性が女性用、女性が男性用の扇子をもってはいけないのでしょうか?

続きを読む

百花の王、気品漂う牡丹のべっ甲螺鈿金蒔絵かんざし2019|富貴や華麗さの象徴、礼装、準礼装のきもの、機会におすすめ。

昨年(2018年)の3月にご紹介させて頂いた、牡丹のべっ甲螺鈿金蒔絵のかんざしが再入荷致しましたので、改めてご紹介させて頂きます。

 

べっ甲牡丹螺鈿金蒔絵かんざし

WEBにてご紹介後、程なくして完売してしまった見事な牡丹のべっ甲かんざしです。蒔絵の構図はほぼ変わりませんが、かんざしの形状が少々異なります。宜しければ昨年ご紹介しました記事と合わせてご覧ください。

 

準礼装のおキモノにおすすめ 、牡丹のべっ甲螺鈿金蒔絵かんざし」2018/03掲載商品【完売】

 

古来より日本人にとっても馴染みの深い牡丹。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」(シャクヤクのように風情があり、牡丹のように華麗で、百合のように清楚)。女性の美しさを表現する言葉は有名ですね。たった一輪あるだけでもその存在感は大きく、その華麗な姿から、別名「百花の王」とも言われています。

続きを読む

白べっ甲竹節彫りかんざし|普段のキモノから準礼装の装いまで幅広くおすすめ。

完売しました。

今日は本当に久し振りの青空!ちょうど昨日の投稿で、どんより長く続く梅雨空に、そろそろ陽の光が恋しい..。などと書いたら本日は本当に久しぶり晴れました。ただ、天気予報によると依然大気は不安定なのだとか、天気の急変には気をつけましょう。

 

ヒトも植物や亀などと同じであまり長い間、陽の光を浴びないと気分もモヤモヤ、調子も悪くなります。本日は気分もアゲアゲ、やっぱり気持ちがいい!

 

白べっ甲かんざし 白鼈甲簪

さて、そんな気持ちの良い晴れの日の今日は、竹をモチーフにしたかんざしをご紹介させて頂きます。シンプルな装飾ですが、比較的様々な種類(格)のきもの、機会におすすめなかんざしになります。このところ、特に凝ったデザインのかんざしのご紹介が続きましたので、意外と新鮮に映りますでしょうか。(2019.07.掲載商品)

続きを読む

扇子セット2019・2種|婦人用六十間絹張八重桜|各種贈答、海外ギフトにお勧め。

世界的な異常気象が続く中、日本でも7月半ばを過ぎたというのに、まだほとんどの地域で、肌寒い、蒸し暑い、長く続くどんよりとした梅雨真っただ中。恵みの雨は兎も角、そろそろいい加減に陽の光が恋しくなります。そのせいか、気が付けば今年の扇子のご紹介も例年に比べてとてもスローペースになってしまいました。

 

婦人用60間絹張扇子セット2019

ということで、本日は婦人用の扇子セットのご紹介です。タイトルに御座います通り、女性用としては比較的珍しい、骨の本数が60本の六十間の扇子になります。(2019.07.掲載商品)

続きを読む

べっ甲・シルバー・ブルーアンバー飾り付き6WAYかんざし2019|セミフォーマル、組み合わせ次第で和洋6通りお楽しみいただけます。

本日は他にはない、組み合わせ次第でなんと和装洋装、合計6通りでお楽しみいただける素敵な準礼装用のかんざしセットをご紹介させて頂きます。

 

①準礼装用のべっ甲かんざし(和装)

②普段使い用のべっ甲かんざし(和装/洋装)

③帯留(和装)

④銀製ブローチ(洋装)

⑤銀製ペンダントヘッド(洋装)

⑥ネックレス(洋装)

 

べっ甲・シルバー・ブルーアンバー飾り付き6WAYかんざし

ついこの前、今年5月にも3WAYのべっ甲かんざしの新作をご紹介させて頂きましたが、それ以前からも幾つかご紹介、ご提案させて頂いております。(2019.07.掲載商品)

 

べっ甲シルバー鳳凰飾りアコヤパール琥珀付き3WAYかんざし」2019/05掲載商品

 

なぜ?このような、ある意味手の込んだものを考え、商品化するのでしょうか..?

 

続きを読む

扇子2019|婦人用扇子2種、絹張羽二重の素敵な扇子|桜、鉄線|海外ギフトにもおすすめ

扇子 絹張羽二重 京扇子 婦人用 桜

 

本日は久しぶりに、婦人用扇子のご紹介です。扇面は丁度ひと月ほど前にご紹介した扇子と同じく、和紙を張り合わせた羽二重になります。扇面に描かれた意匠に合わせて、部分的に和紙を切り絵のようにくり抜くことにより、全体の印象に奥行き感清涼感を醸し出します。

 

昔から婦人用ではよく見かける作りですが、最近は紳士用の扇子でも、やはり清涼感があるからでしょうか、時折見かけるようになりました。

 

本日ご紹介する価格の異なる2種の絹張羽二重扇子ですが、それぞれほかにも種類が御座います。お扇子をお探しの方、お近くにお越しの際はどうぞお気軽にお立ち寄りください。それではどうぞご覧ください。(2019.06.掲載商品)

続きを読む

パンチングメッシュ草履2019-2|単衣、絽の着物におすすめ|変わり青海波、市松模様。

草履 メッシュ 単衣 絽

 

本日は先月末にご紹介しました、《変わりつゆ草文様のパンチングメッシュ草履(全5色)》の第二弾のご紹介です。今回は“変わり青海波”と、“市松模様”の2柄です。基本、単衣、絽のキモノにおすすめなお草履ですが、真冬以外の3シーズン、特に市松模様のお草履などはお履きになられても宜しいかと思います。

 

いよいよ来年に迫った《東京オリンピック、パラリンピック2020》。先日ご紹介しました《変わり市松模様のべっ甲かんざし》同様、公式エンブレルのモチーフにもなっている市松模様の和装小物を身に着けて、キモノ姿で日本選手たちを応援するのもいいかもしれませんね。それでは変わり青海波のお草履からご紹介させて頂きますので、どうぞ最後までご覧ください。(2019.06.掲載商品)

続きを読む

扇子2019・5種|紳士用の渋い絹扇3種と派手な渋扇2種|絹張り、柿渋、渋扇、箔使い、京扇子。

扇子 絹扇 京扇子 紳士用扇子 つゆ芝

 

本日はタイトルに御座いますように、趣の異なる、ある意味対照的な紳士用の扇子をご紹介させて頂きます。

 

最初にご紹介する扇子は、扇面が透け感のある絹張りになっていて、涼し気な印象ですが、描かれている(染められた)意匠が何とも渋い扇子です。今でも大変人気の御座います渋扇(しぶせん/扇面の和紙を柿渋で染めた、まさに渋い扇子)を以前ご紹介したことが御座いますが、こちらも負けず劣らず、大変渋い印象の扇子3種です。

 

後半でご紹介する箔使いの扇子、実はこちらは先ほどお話ししました落ち着いた雰囲気の柿渋染めの渋扇になります。しかし、大胆な図案に金箔銀箔を用いることにより、本来の渋い印象の渋扇がご覧の通り大変派手な扇子に豹変します。特に金箔を大胆に使用した扇子は、柿渋で深みのある橙色に染められた扇面に、金箔が目がくらみそうなほど煌びやかな輝きを発します。

 

本来渋い筈の渋扇が、装飾を変えることでこうも変わります。面白いですね。それではどうぞ最後までご覧ください。

続きを読む

変わり市松模様の贅沢なべっ甲かんざし|東京オリンピック2020のモチーフ、市松模様の簪。

べっ甲かんざし 簪 市松模様 TOKYO2020
扇子のご紹介がしばらく続きましたので、本日は小紋や紬などの普段のキモノから、TPOにもよりますが、訪問着、色無地、附下など準礼装の装いにも幅広くおすすめなべっ甲かんざしをご紹介させて頂きます。

 

かんざしの表面には、いよいよ来年に迫った《東京オリンピック、パラリンピック2020》の大会公式エンブレムにも採用されている、日本古来の伝統模様のひとつ、市松模様をアレンジした、変わり市松模様が施されています。この装飾、描かれているものでも、表面に何かを貼っているものでも御座いません。

 

大小さまざまな長方形(台形)に裁断された白べっ甲茨布べっ甲を、べっ甲の膠(にかわ)質の特性を生かし、“”と“”によりパズルのように張り合わせ(芋継ぎし)て表現されています。この技法には大変な手間と時間、そして高度なべっ甲職人の技術を要します。

 

かんざしの形状は礼装、準礼装用のかんざしに多く見られる二本足のバチ型のかんざしですが、市松模様自体、吉祥文様では御座いません。そのため、第一礼装、結婚式や厳かな式典、機会などにはあまりお勧めは致しません。ただし、あまりかしこまらない、内々のパーティーなどでしたら準礼装の装いにお挿し頂いて宜しいかと思います。それではどうぞご覧ください。(2019.06.掲載商品)

続きを読む

Page Top