お問い合わせはこちら

絞り込み結果: かんざし, 象牙

夏におすすめ、手彫り本象牙のかんざし2022・3種|夏キモノ、小紋、紬、浴衣など夏の装いにおすすめな本物志向のシンプルなかんざし。

本日は夏の装いにお勧めな本象牙のかんざしを3種ご紹介させていただきます。3種とも以前(2018年)ご紹介させて頂いた透かし彫りを施したバチ型のかんざしと違い、Uピン型のシンプルな形状になります。小紋や紬、浴衣など普段の夏の装いにお気軽にお挿しになれます。

 

実は十年ほど前に1度、似たようなUピン型のシンプルなかんざしを一度ご紹介したことが御座います。シンプルではあっても、こちらも東京在住の象牙職人が、東京都伝統工芸品である、”江戸象牙“伝統的な技術、技法(“型作り”、“彫り”、“磨き”)を用いて製作した大変希少なものになります。

現在、和装の装身具に専門に携わる象牙職人は、日本全国で10人を切ったと言われています。材料も然ることながら、もしかしたら近い将来、こうした日本の伝統的な装身具を生み出すことが出来なくなるかもしれませんね。

 

夏におすすめ、手彫り本象牙のかんざし2022・3種|夏キモノ、小紋、紬、浴衣など夏の装いにおすすめな本物志向のシンプルなかんざし。

 

象牙製品の加工についてもう少し詳しくお知りになりたい方は、下の過去記事をご覧になってみてください。↓

夏キモノにお勧め、涼し気な江戸象牙透かし彫りかんざし2018・1」2018年08月掲載商品

 

夏キモノにおすすめ、希少な本象牙透かし彫りかんざし2018・2」2018/08掲載商品

続きを読む

干支かんざし2022|福徳繁栄干支かんざし・福寅・全16種(牛こつ10種+象牙6種(とらとら(虎々)2種含む)入荷!|江戸時代から続く縁起物の手彫り簪。

「完売」

本日は江戸時代から続く縁起物のかんざし、福徳繁栄「干支かんざし2022・福寅(ふくとら)」をご紹介させて頂きます。古来より続く日本の伝統工芸にのっとった、牛の大腿骨を使用した手彫り牛こつ製10種、同デザイン象牙製4種、そしてお座敷遊びの定番のひとつ、とらとら(虎々)をイメージした象牙製限定品2種を合わせて全16種でのご紹介です。(2021.11.掲載商品)

先週ご紹介しました「稲穂かんざし」と合わせて新年を飾る縁起物の簪です。

江戸時代から続くと言われる新春を飾る縁起物の「干支かんざし」。《江戸》から《明治》、《大正》、《昭和》、《平成》、そして《令和》へと、今日に至るまで大切に受け継がれております。

 

干支かんざし2022|福徳繁栄干支かんざし・福寅・全16種(牛こつ10種+象牙6種)入荷!|江戸時代から続く縁起物の手彫り簪。

特別誂えの象牙製の干支かんざしや種類によっては早々に完売する可能性が御座います。お求めの際はどうぞお早めにお問い合わせ、ご来店くださりますようお願い申し上げます。

 

【ご注意】

「干支かんざし」は例年、期間・数量限定商品となります。毎年ほぼ年内または年明け早々にはすべて【完売】しておりますので、お求めの際はどうぞお早めにご来店、お問合せください。

 

干支かんざし・まとめ》最新

稲穂かんざし・まとめ》最新

続きを読む

干支かんざし2021|福徳繁栄干支かんざし・福丑・全20種入荷!|江戸時代から続く縁起物の簪|手彫り牛こつ製14種+象牙製6種。

「完売」

本日は江戸時代から続く縁起物のかんざし、福徳繁栄「干支かんざし2021・福丑(ふくうし)」をご紹介させて頂きます。先週ご紹介しました「稲穂かんざし」と合わせて新年を飾る縁起物の簪です。(2020.10.掲載商品)

江戸時代から続くと言われる新春を飾る縁起物の「干支かんざし」。《江戸》から《明治》、《大正》、《昭和》、《平成》、そして《令和》へと、今日に至るまで大切に受け継がれております。

 

干支かんざし2021|福徳繁栄干支かんざし・福丑・全20|江戸時代から続く縁起物の簪

 

コロナ禍の影響が色濃く出始めている和装小物業界。先日ご紹介しました「稲穂かんざし」や「干支関連商品」の品揃えが例年になく少なく心細いですが、本日ご紹介する「干支かんざし」は気合を入れて全20種でのご紹介です。

ただし、特別誂えの象牙製の干支かんざしや種類によっては早々に完売する可能性も御座います。お求めの際はどうぞお早めにお問い合わせ、ご来店くださりますようお願い申し上げます。

 

【ご注意】

「干支かんざし」は例年、期間・数量限定商品となります。毎年ほぼ年内または年明け早々にはすべて【完売】しておりますので、お求めの際はどうぞお早めにご来店、お問合せください。

 

【完売御礼】2020.12.29.追記

来年の「干支かんざし2021・福丑」は、牛こつ製、象牙製とも全種すべて完売致しました。

有難うございました。

 

干支かんざし・まとめ》最新

稲穂かんざし・まとめ》最新

続きを読む

大変贅沢で美しい、宝石使いの手彫り象牙玉かんざし2020・4種+1種(再)|夏の装いにおすすめ、希少な総象牙製の玉かんざし。

7月もあとわずかとなりましたが、本日は夏の装いにおすすめな手彫り象牙の玉かんざしをご紹介させていただきます。6月に一度ご紹介しました、総象牙製の玉かんざしとほぼ同じ仕様(彫刻は2種)になりますが、玉の部分にそれぞれ本物のエメラルド珊瑚サファイア宝石を散りばめた、大変贅沢な玉かんざしです。(2020.07.掲載商品)

 

大変贅沢で美しい、宝石使いの手彫り象牙玉かんざし2020

 

夏のキモノに涼しげで粋な総象牙製の玉かんざし2020|てまり(手鞠/手毬)手彫り。」2020/06掲載商品

夏のキモノにおすすめ、涼し気で粋な象牙製団扇かんざし2020・朝顔2種|単衣、絽、浴衣にもお勧めな希少で贅沢な象牙製金蒔絵一本挿し」2020/06掲載商品

続きを読む

夏のキモノに涼しげで粋な総象牙製の玉かんざし2020|てまり(手鞠/手毬)手彫り。

「完売」

本日は手彫りの総象牙製の玉かんざしをご紹介させていただきます。夏のキモノ、小紋や紬、上質な浴衣などにお勧めな普段使い用の玉かんざしです。季節もの故、通年取り揃えている訳ではないのですが、長年継続して製作、販売している夏向けの玉かんざしのひとつです。(2020.06.掲載商品)

 

夏のキモノに涼しげで粋な総象牙製の玉かんざし2020

 

夏以外にお挿しになられても宜しいかと思いますが、少し寒々しく映りますでしょうか。また、象牙製のかんざしや和装小物類は、近年材料費、工賃の急騰が止まらず、製作するたびに販売価格が値上がりしています。特上本パナマの草履とこの辺りは似ているかもしれませんね。

 

東京都の伝統工芸品、江戸象牙。日本の大切な伝統工芸品のひとつでもある象牙製のかんざしも、もしかすると近い将来、製作することが出来なくなってしまうのではないかと大変危惧しています。2015年に一度ご紹介しておりますが、久しぶりに製作、入荷いたしましたので改めてご紹介させていただきます。

 

象牙水晶玉かんざし2018|夏キモノにおすすめ、涼し気な玉簪」2018/05掲載商品

 

夏のキモノにおすすめ、涼し気で粋な象牙製団扇かんざし2020・朝顔2種|単衣、絽、浴衣にもお勧めな希少で贅沢な象牙製金蒔絵一本挿し」2020/06掲載商品

続きを読む

夏のキモノにおすすめ、涼し気で粋な象牙製団扇かんざし2020・朝顔2種|単衣、絽、浴衣にもお勧めな希少で贅沢な象牙製金蒔絵一本挿し

本日は手彫り象牙で模った団扇型の一本挿しに、日本の夏を代表する朝顔を、赤色と青紫色の金蒔絵でそれぞれ両面に描いたかんざしを2種ご紹介させていただきます。夏のキモノ、浴衣にお勧めな、粋で贅沢なかんざしです。(2020.06.掲載商品)

 

涼し気で粋な象牙製団扇かんざし2020・朝顔2種

 

先月も同型のかんざしにクレマチスを蒔絵したかんざしをご紹介させていただきました。本日ご紹介するかんざしも同じく、本体の象牙彫刻は東京の老舗象牙店の職人でもあるご主人に、そして蒔絵は石川県の加賀蒔絵の名蒔絵師に依頼、製作したものです。すべてが手作り、手描き、日本の素晴らしい伝統工芸の職人技が融合し生み出された逸品です。

 

涼し気で粋な象牙製団扇かんざし2020・クレマチス(鉄線)|単衣、絽のキモノにお勧めな希少で贅沢なかんざし。」2020/05掲載商品

続きを読む

涼し気で粋な象牙製団扇かんざし2020・クレマチス(鉄線)|単衣、絽のキモノにお勧めな希少で贅沢なかんざし。

気が付けば、ホームページのトップがすべて扇子で埋め尽くされそうなので、本日は団扇のご紹介、もとい、団扇を模った手彫り象牙製一本挿しをご紹介させていただきます。一本挿しの上部に添えられた象牙製の団扇を模った両面に、青色のクレマチスを蒔絵した本物志向の、粋で大変贅沢なかんざしです。単衣、絽のキモノにお勧め。(2020.05.掲載商品)

 

涼し気で粋な象牙製団扇かんざし2020・クレマチス(鉄線)

 

本日ご紹介する団扇を模った一本挿しは、古くは江戸時代からある形状のかんざしになります。弊社でも夏を彩るかんざしの一つとして、水晶の玉かんざし同様、かなり昔から製作してきました。

夏のキモノは、お召しになる方はもちろんのこと、周りの方へも清涼感を醸し出すことが大切。同じく身に着けるかんざしや和装小物も、周囲の方へ何気なく涼しげな印象を匂わすことが夏キモノを着こなす上で重要なポイントのひとつです。

 

今年は新作として、他にも上記のお写真(中央、右)でご覧いただけるように、朝顔も2種製作いたしましたので、近日ご紹介させていただきます。また以下に今までご紹介してまいりました同型のかんざしのリンクを貼っておきますので、ご興味のある方はぜひ併せてご覧ください。

(※ご注文にて下記完売商品の新規製作を承ります。お気軽にお問い合わせください。)

夏キモノにお勧め、涼し気な金魚象牙団扇簪2018・2|金魚・水草」2018/06掲載商品 【完売】

 

涼し気な象牙団扇かんざし2018・1|杜若・八つ橋|粋で贅沢な簪」2018/06掲載商品 【完売】

 

夏におすすめ、粋で贅沢な団扇のかんざし2017・2|紫色の朝顔。」2017/07掲載商品 【完売】

 

夏におすすめ、粋で贅沢な団扇の象牙かんざし2017・1|屋形船・柳に蛙」2017/07掲載商品 【完売】

 

銀座かなめ屋(実店舗)は粛々と時短営業しておりますが、イーコマース(ネット購入)にも対応しております。もしお目に留まりました商品が御座いましたら、どうぞお気軽に「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

続きを読む

干支かんざし2020|福徳繁栄干支かんざし・福子・全22種|手彫り牛こつ製14種+象牙製8種|江戸時代から続く縁起物の簪。令和最初、十二支最初の干支簪です。

「完売」

大変お待たせいたしました。本日は江戸時代から続く縁起物のかんざし、福徳繁栄「干支かんざし2020・福子(ふくね)」をご紹介させて頂きます。先週ご紹介しました「稲穂かんざし2020(子)」と合わせて新年を飾る縁起物の簪です。干支も一回りして十二支最初の「子(ねずみ)」になり、元号も変わり令和最初の干支かんざしになります。

 

江戸時代から続くと言われる新春を飾る縁起物の「干支かんざし」。《江戸》から《明治》、《大正》、《昭和》、《平成》、そして《令和》へと今日に至るまで大切に受け継がれております。

 

干支かんざし2020|福徳繁栄干支かんざし・福子・全20種

 

今までは、牛の骨を材料に用いた‟牛こつ製”の「干支かんざし」と、象牙を用いた‟象牙製”の「干支かんざし」を2回に分けてご紹介して参りましたが、今回は全22種を一度にご紹介させて頂きます。また、今回は特別に象牙製のみ限定の「干支かんざし」も御座いますので、どうぞ最後までご覧ください。

 

稲穂かんざし2020(子)・全11種入荷!|鳩と鶴|変わり稲穂9種|新春の縁起物・令和最初の稲穂かんざしのご紹介です。」2019/11掲載商品

 

 

【ご注意】

「干支かんざし」は例年、期間・数量限定商品となります。毎年ほぼ年内または年明け早々にはすべて【完売】しておりますので、お求めの際はどうぞお早めにご来店、お問合せください。

 

干支かんざし・まとめ》最新

稲穂かんざし・まとめ》最新

続きを読む

干支かんざし2019|福徳繁栄干支かんざし・福亥|象牙製手彫

「完売」

「干支かんざし」の最新情報(年度)はこちらから。

11IMG_0403.JPG

本日は昨日ご紹介しました、牛こつ製の「福徳繁栄干支かんざし2019・福亥」に引き続き、平成最後の手彫り象牙バージョンをご紹介させて頂きます。過日ご紹介しました牛こつ製の干支かんざしや、稲穂かんざしのご注文も、既にご常連のお客様を中心に徐々に頂戴しております。有難う御座います。

そしてまだご紹介もしていない、象牙製の干支かんざしまでも早々にご注文を頂きました。まだ詳細な画像も品番すらお知らせしていないにも拘らずに…。本当に嬉しいやら何やら恐縮ですが、それと同時に急かされているようで…(笑)。

と言う事で、本来は連休明けにでもご紹介しようと思っていたのですが、急ぎ本日ご紹介させて頂きます。パッと見た目は牛こつ製と変わりは御座いませんが、以下の通り大きな違いが御座います。実際にお手に取ってご覧頂ければ一目瞭然、すぐにその違いがお分かり頂けると思いますが、ご来店の難しいお客様は、昨日の牛こつ製の干支かんざしの記事、お写真と合わせてご覧になってみてください。それではどうぞご覧ください。(2018.11.掲載商品)

 

【ご注意】「干支かんざし」は、期間・数量限定商品です。例年ほぼ年内または年明け早々にはすべて【完売】しております。お求めの際はどうぞお早めにご注文、お問合せください。

完売御礼】2018.12.25.追記

来年の「干支かんざし・福亥」(象牙製)全6種は、すべて【完売】致しました。有難う御座いました。

 

干支かんざし・まとめ》最新

稲穂かんざし・まとめ》最新

続きを読む

夏キモノにおすすめ、希少な本象牙透かし彫りかんざし2018・2

「販売中」(欠品・製作中の場合あり。在庫状況はお問い合わせください。)

本日は、過日ご紹介致しましたしました、夏のキモノにおすすめな手彫り本象牙のかんざしの第二弾、一回り小振りな象牙かんざしをご紹介させて頂きます。夏におすすめなかんざしのご紹介は、これにてひとまずお休み。(2018.08.掲載商品)

すでに来夏用にと、他店には無い、ホンモノの伝統工芸の技を極めた、素晴らしい”かんざし”や”扇子”、和装小物類の構想を練っておりますので、また来年皆さまにご紹介できたらと思っております。

 

41IMG_1430.JPG

 

本日ご紹介させて頂く象牙かんざしも先日のものと同様、染色、はぎ合わせなどの加工は御座いませんが、東京の象牙職人が、東京の伝統工芸品である、”江戸象牙“の伝統的な技術、技法(”型作り”、”彫り”、”磨き”)を用いて制作した、大変希少な和装小物(伝統工芸品)です。

続きを読む

Page Top