お問い合わせはこちら

べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021|結婚式などの慶事、黒留袖におすすめな礼装用のべっ甲かんざし。

新年初めてご紹介するかんざしは、結婚式などの慶事におすすめな礼装用のべっ甲かんざしです。黒べっ甲()に、日の出を眺めながら優美に舞う番いの鶴(夫婦鶴)、そして末広がりの霊峰富士山を螺鈿と金蒔絵で描いた大変おめでたいかんざしになります。(2021.01.掲載商品)

 

べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021

 

こちらのデザインのかんざしは、かんざしの形状や大きさなど少しずつマイナーチェンジをしながら2015年から製作、ご紹介しているかんざしです。直近では2018年に、今回の峰の形状が“波型”ではなく、“バチ型”のかんざしを2種ご紹介させていただきました(ほどなく完売)。

この1年あまり、コロナ禍“騒動”の影響もあり、比較的高齢者の多い伝統工芸の世界のモノづくりにも、色濃く影響が出始めております。そんな中、やっと新作が完成いたしましたのでご紹介させていただきます。

 

べっ甲夫婦鶴富士山金蒔絵かんざし2018・2種|留袖、結婚式」2018/01掲載商品 【完売】

べっ甲桜赤富士螺鈿金蒔絵かんざし|入学式、春の結婚式にお勧め」2018/02掲載商品

 

べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021 べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021 べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021 べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021

 

弊社の商品を手掛けられている、螺鈿や金蒔絵の蒔絵師さんは、比較的お若い方から中堅どころの方が多いのですが、べっ甲の土台を製作してくださっている職人さんは、ベテランの高齢者が多くなります。ほぼ連日流されるコロナ報道に煽られ、行動制限に留意するあまり、モノづくりへのマインドもなかなか上がらず大変苦慮しているという話を最近よく耳にします。

何度かお話ししたことがございますが、職人にとって一番苦しい、そしていけないことは、手を休める(モノづくりを停止する)ことだといいます。一度手を休めてしまうと感覚が鈍り、腕も落ちてしまうそうです。

伝統工芸の灯を消さぬためにも、一日も早く、このコロナ禍“騒動”が落ち着くことを切に願うばかりです。

 

さて、円形の螺鈿で表された太陽と、末広がりにそびえる霊峰富士山。それらを背景に遠近法を用いてひと際大きく描かれ、優美に飛ぶ夫婦鶴。翼の細やかな羽毛まで繊細に高蒔絵で描かれています。

太陽と淡い色合いの螺鈿で残雪を現した富士の山肌は、光りの加減で色合いを変えながら美しく輝きます。

 

 

には古来より吉兆に関連した様々な言い伝え、俗信が御座います。
鶴は千年」、「長寿を象徴する吉祥の鳥」。夫婦仲が大変よく一生を連れ添うことから「夫婦鶴(めおとづる)」、「仲良きことの象徴」。鳴き声が共鳴して遠方まで届くことから「天に届く(天上界に通ずる鳥)」。鳥類で唯一、ヒマラヤ山脈を飛び越せる能力があることから霊鳥とさたり、また日本各地にも「鶴が降りると降りたところに慶事のある知らせ」、「鶴が舞ってきたときは縁起がよい」などと一般民衆の間でも「めでたい鳥」として尊ばれています。また、「千羽鶴」も「鶴は千年」の言い伝えからきている習慣とも言われています。

 

にも鶴同様、「亀は万年」の言葉通り、様々な良き言い伝え、俗信が御座います。
浦島太郎の話では龍宮城の使いとされていますが、古い中国では仙人が住む不老長寿の地として信じられた逢莱山の使いとされ、「長寿を象徴する吉祥の動物」とされ、大変めでたい生きものとされています。また、甲羅の六角形は吉兆を表す図形ともされています。さらに、インドやギリシャでは、亀はその硬い甲羅を持つことから、世界を支えているという伝説があり、不動のものの象徴ともされているようです。

 

鶴は千年、亀は万年、吉祥の鶴と亀のおめでたい簪。留袖、結婚式」2018/01掲載商品

 

べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021 べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021 べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021 べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021 べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021 べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021 べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021 べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021

 

百花の王、気品漂う牡丹のべっ甲螺鈿金蒔絵かんざし2019|富貴や華麗さの象徴、礼装、準礼装のきもの、機会におすすめ。」2019/07掲載商品

 

べっ甲百合、乱菊金蒔絵かんざし|訪問着など準礼装のおキモノにおすすめ」2018/03掲載商品

 

べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021 べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021 べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021 べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021 べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021 べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021 べっ甲夫婦鶴富士山螺鈿金蒔絵かんざし2021

・べっ甲二鶴富士日ノ出螺鈿金蒔絵かんざし【hpkbf210114-1】¥198,000+税

(蒔絵:泉元紫紅。大きさ:約縦130㎜、横80㎜、厚み4㎜)

 

どのようなかんざしがおすすめか、分からないことなど御座いましたら、どうぞお気軽にご来店の上ご相談ください。色々とお話を伺いながら、ご予算を含め、常時取り揃えております数百種類の中から、最もふさわしいかんざしをお勧めさせて頂きます。

 

▼【白べっ甲かんざし】まとめ(留袖・訪問着・小紋などにおすすめ)

o0800060014126616034.jpgo0800060014105244078_20180220.jpg

o0800060014089801313.jpgo0600045013892485728.jpg

 

 

▼【べっ甲かんざし・蒔絵/螺鈿】まとめ

o0800060014043186181_20180220.jpgo0600045013510832011_20180220.jpg

 

▼【黒べっ甲かんざし・真珠使い】まとめ(留袖・訪問着におすすめ

o0800060014041046736_20180220.jpgo0600045013254529819_20180220.jpg

 

鶴は千年、亀は万年古来より縁起物として、広く祝事に尊ばれてきたべっ甲

一生に一度の晴れの舞台、結婚式などに出席される新郎新婦のお母様ご親族の方、またご列席されるお客様も、是非べっ甲のかんざしをお勧め致します。べっ甲であれば、大切に保存して頂ければ、一生持ちますし、べっ甲職人が磨けば、ほぼご購入当時のべっ甲本来の輝き、美しさが何度でも蘇ります。また万が一、足などが折れてしまっても修復が可能です。そういった意味からも、べっ甲は次の世代へも受け継いで頂ける素晴らしいかんざしです。

 

※1980年にワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)に日本が批准し、それ以降、べっ甲材料の輸入量は段階的に減っていきました。そして、日本が開催国となった第8回(1992年)締約国会議(加盟国で2,3年に一度開催される会議)が開催された年をもって、それ以降現在に至るまでべっ甲材料の輸入が停止されています。現在制作されているべっ甲製品は、その年以前に輸入した材料を少しずつ大切に使用しながら制作されています。

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、 製作時に使用する材料、また加工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。
※べっ甲製品の場合、一見同じ様なお品物でも、使用されているべっ甲の品質や厚み等によって価格が大きく変動いたします。

 

▼銀座かなめ屋の各ウェブサービスも合わせてご覧ください。

 

銀座かなめ屋・三代目のブログ
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/

銀座かなめ屋・フェイスブックページ
https://www.facebook.com/ginzakanameya/

銀座かなめ屋・三代目のツイッター
https://twitter.com/kanameya_3daime

 

かなめ屋お問い合わせフォーム

 

Page Top