お問い合わせはこちら

先白べっ甲桜楓流水螺鈿金蒔絵かんざし2020|桜楓文、かんざしの挿し方、色留袖や訪問着、附下など準礼装の装いにお勧めです。

本日も一昨日に引き続き、をモチーフにしました準礼装用のべっ甲かんざしをご紹介させていただきます。キラキラと青色に煌めく螺鈿を敷き詰めた流水を背景に、金蒔絵と七色に輝く螺鈿で枝から伸びたの花が描かれています。(2020.02.掲載商品)

 

を代表するの花、初夏に青々とした葉を茂らせるの葉(青紅葉)、そしてに色付いた紅葉)、それぞれ日本の四季の移り変わりの中で美しいと愛でられてきた景勝。この2つを掛け合わせた文様を“桜楓文”(おうふうもん)と呼び、古くから日本の絵画などに描かれてきました。

 

先白べっ甲桜楓流水螺鈿金蒔絵かんざし

 

純金(24K)を使用した金蒔絵の金色も、あまり華美になり過ぎず、どこかしら落ち着いた上品な輝きに抑えてあります。そうすることにより、その上に散りばめられた青や緑、黄、ピンクとまさに七色に煌めく螺鈿との間により深みのあるのコントラストが生まれ、結果的にメリハリのある美しい印象に仕上げられています。

 

本日ご紹介するこちらのかんざしも弊社では初お披露目となりますが、一昨日ご紹介したかんざし同様に新作と言う訳ではございません。今からおおよそ10年以上前に製作されたかんざしです。螺鈿金蒔絵の作者は、昔弊社のWEBサイトでも時折ご紹介してまいりました、その昔、名螺鈿蒔絵師と謳われた土方良生(ひじかたりょうせい)氏の手によるものです。

 

黒べっ甲桜御所車螺鈿金蒔絵かんざし2020|春の訪れを彷彿させる桜をモチーフにした準礼装用のかんざし。」2020/02掲載商品

 

余談ですが、“”と“紅葉”、何がどう違うのでしょうか?なんとなく、青い(緑色の)葉っぱなら“楓”、そして紅葉(こうよう)して赤やオレンジ色に染まったものを“紅葉”と思っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか..

 

実は植物学的には“”も“紅葉”も分類上では同じ(カエデ科カエデ属)とされています。ただし、園芸盆栽の世界では、楓の葉の切れ込み(V字)の“浅い”ものを“”、逆に切れ込みの“深い”ものを“紅葉”と区別したり、“楓”が秋になり紅葉(こうよう)したものを“紅葉”と区別したりしているようです。

このほかにも、葉が比較的大きく、切れ込みも浅いものを“”、葉が比較的小さく切れ込みの深いものを“紅葉”と称したりもしているようです。なんだかややこしいですね。

 

余談ついでにもう一つ、楓の語源は、葉が蛙の手に似ているので(蛙手/かえるで)から転じたといわれています。よって、蛙は水かきがあるので、先ほどのように、葉の切れ込みの浅いものが楓。

一方、紅葉(もみじ)の語源は、昔、紅葉(こうよう)することを“紅葉づ(もみづ)”といったことによるとされています(ほかにも諸説あるようです)。

 

先白べっ甲桜楓流水螺鈿金蒔絵かんざし 先白べっ甲桜楓流水螺鈿金蒔絵かんざし 先白べっ甲桜楓流水螺鈿金蒔絵かんざし 先白べっ甲桜楓流水螺鈿金蒔絵かんざし

 

かんざしをお挿しになられたときに、一番目立つ、峰の左側の高い位置希少白べっ甲を用いています。贅沢な白べっ甲ですので、その上から蒔絵などの装飾はせず、黄色みがかったきれいな半透明の白べっ甲を無垢のまま熱により圧着させています。(先白/さきしろべっ甲などとも呼ばれています。)

 

時折お話ししていることですが、基本的にかんざしは、頭の右後ろ側から足先を斜め左下向きにしてお挿しになります。特にバチ型のかんざしの峰の左側が上がっていたり蒔絵や彫刻の向きが右側から左向き(やや上側へ)に施されている理由は、このかんざしの挿し方(挿す向き)によるものです。

 

本日ご紹介しているかんざしも、その正しい向きにお挿しになられたときに、最も美しく映えるように考えて製作されています。

 

先白べっ甲桜楓流水螺鈿金蒔絵かんざし 先白べっ甲桜楓流水螺鈿金蒔絵かんざし 先白べっ甲桜楓流水螺鈿金蒔絵かんざし 先白べっ甲桜楓流水螺鈿金蒔絵かんざし 先白べっ甲桜楓流水螺鈿金蒔絵かんざし 先白べっ甲桜楓流水螺鈿金蒔絵かんざし 先白べっ甲桜楓流水螺鈿金蒔絵かんざし 先白べっ甲桜楓流水螺鈿金蒔絵かんざし 先白べっ甲桜楓流水螺鈿金蒔絵かんざし 先白べっ甲桜楓流水螺鈿金蒔絵かんざし 先白べっ甲桜楓流水螺鈿金蒔絵かんざし 先白べっ甲桜楓流水螺鈿金蒔絵かんざし 先白べっ甲桜楓流水螺鈿金蒔絵かんざし

・黒べっ甲桜楓流水螺鈿金蒔絵かんざし【hpkbf20200215-1】¥385,000+税

(蒔絵:土方良生作。大きさ:約縦122㎜、横78㎜、厚み4㎜~3㎜)

 

 

今までご紹介してまいりました、比較的新しい主だった、“桜”をモチーフにしたかんざしや帯留の中から、現時点(2020.02.15.)でまだ在庫のあるもののリンクを本記事の途中途中に貼っておきます。ご興味のある方はぜひ合わせてご覧になってみてください。

 

べっ甲桜赤富士螺鈿金蒔絵かんざし|入学式、春の結婚式にお勧め」2018/02掲載商品

 

黒べっ甲夜桜螺鈿金蒔絵かんざし2019|夜空に幻想的に映る桜」2019/03掲載商品

 

べっ甲春秋雷紋桜楓螺鈿金蒔絵かんざし」2015/03掲載商品

 

べっ甲桜尽くし螺鈿金蒔絵かんざし2・2015」2015/03掲載商品

 

楓漆塗雪月花月兎螺鈿金蒔絵かんざし2015」2015/03掲載商品

 

本珊瑚桜満開浮き彫り帯留」2017/04掲載商品

 

“桜”関連商品まとめ

 

どのようなかんざしがおすすめか、分からないことなど御座いましたら、どうぞお気軽にご来店の上ご相談ください。色々とお話を伺いながら、ご予算を含め、常時取り揃えております数百種類の中から、最もふさわしいかんざしをお勧めさせて頂きます。

 

▼【白べっ甲かんざし】まとめ(留袖・訪問着・小紋などにおすすめ)

o0800060014126616034.jpgo0800060014105244078_20180220.jpg

o0800060014089801313.jpgo0600045013892485728.jpg

 

 

▼【べっ甲かんざし・蒔絵/螺鈿】まとめ

o0800060014043186181_20180220.jpgo0600045013510832011_20180220.jpg

 

▼【黒べっ甲かんざし・真珠使い】まとめ(留袖・訪問着におすすめ

o0800060014041046736_20180220.jpgo0600045013254529819_20180220.jpg

 

鶴は千年、亀は万年古来より縁起物として、広く祝事に尊ばれてきたべっ甲

一生に一度の晴れの舞台、結婚式などに出席される新郎新婦のお母様ご親族の方、またご列席されるお客様も、是非べっ甲のかんざしをお勧め致します。べっ甲であれば、大切に保存して頂ければ、一生持ちますし、べっ甲職人が磨けば、ほぼご購入当時のべっ甲本来の輝き、美しさが何度でも蘇ります。また万が一、足などが折れてしまっても修復が可能です。そういった意味からも、べっ甲は次の世代へも受け継いで頂ける素晴らしいかんざしです。

 

※1980年にワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)に日本が批准し、それ以降、べっ甲材料の輸入量は段階的に減っていきました。そして、日本が開催国となった第8回(1992年)締約国会議(加盟国で2,3年に一度開催される会議)が開催された年をもって、それ以降現在に至るまでべっ甲材料の輸入が停止されています。現在制作されているべっ甲製品は、その年以前に輸入した材料を少しずつ大切に使用しながら制作されています。

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、 製作時に使用する材料、また加工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。
※べっ甲製品の場合、一見同じ様なお品物でも、使用されているべっ甲の品質や厚み等によって価格が大きく変動いたします。

 

▼銀座かなめ屋の各ウェブサービスも合わせてご覧ください。

 

銀座かなめ屋・三代目のブログ
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/

銀座かなめ屋・フェイスブックページ
https://www.facebook.com/ginzakanameya/

銀座かなめ屋・三代目のツイッター
https://twitter.com/kanameya_3daime

 

かなめ屋お問い合わせフォーム

 

Page Top