未分類」カテゴリーアーカイブ

「江戸べっ甲と粋な和装小物の魅力」/銀座かなめ屋|まちかど展示館で学ぶ「人に話したくなる!中央区の歴史文化と技」全2回|令和2年度

行ってきます!

 

令和2年度文化講座(中央区民カレッジ連携講座)

まちかど展示館で学ぶ

人に話したくなる!中央区の歴史文化と技(全2回)↓

(※全3回より2回に変更、コロナ禍のため定員を削減し開催。募集は終了しております。)

https://www.chuo-ci.jp/events/event/5058/

・日時:2020/9/17(木)、24(木)、18:45~20:15

・場所:日本橋公会堂

〒103-8360
東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目31番1号

・主催:中央区文化・国際交流振興協会

 

まちかど展示館で学ぶ「人に話したくなる!中央区の歴史文化と技」

 

第1回(9月17日・木)18:45~20:15(終了)

「芝居に縁の深い中央区、番付と筋書の今と昔」

講師:公益財団法人 松竹大谷図書館 主任司書 武藤祥子

 

第2回(9月24日・木)18:45~20:15(募集終了)★

江戸べっ甲と粋な和装小物の魅力

講師:銀座かなめ屋・和装小物展示館(株式会社かなめ屋柴田)

三代目店主 柴田光治

 

 

銀座かなめ屋・かんざし和装小物展示館 YouTube動画」2020/03掲載

 

和装からみる「江戸の粋」YouTube動画|和装の伝統文化をささえる~銀座いせよし、銀座かなめ屋」2018/09掲載

朗読劇・日の名残り(カズオ・イシグロ作)|落語家桂やまとさん初?!挑戦!|あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)

ご贔屓くださっている落語家の桂やまとさん。コロナ禍で軒並み寄席や様々なイベントが中止されている中、普通は心が折れてしまいそうなものですが、前向きにワンコインでオンライン落語など新たな試みで倍返しすべく、試行錯誤しながら開催されていらっしゃいます。

そして今度は、朗読劇にチャレンジされるとのことで、ちょっとご紹介させていただきます。

 

朗読劇・日の名残り(カズオ・イシグロ作)|落語家桂やまとさん初?!挑戦!|あうるすぽっと

 

まぁ、元々ご職業柄、よく通るいいお声だし、落語で培った感情表現、声の抑揚もバッチリ。問題はなさそうですね。あっ、でも、朗読劇の場合は落語と違って、身振り手振りと目力、そして末広は封印?!あくまで声の調子でガチンコ勝負。またこれはこれで見もの、もとい、聴きものですね。

なお、桂やまとさんは、ラサール石井さんとのダブルキャスト。出演日が下記の通り全6回公演中、3回となりますのでご注意ください。どうぞお近くの方、ご興味のある方はぜひ会場へお足を運んでみてください。

 

朗読劇『日の名残り
(2017年ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの代表作)

【原作】カズオ・イシグロ(早川書房刊)
【訳】土屋政雄
【上演台本・演出】村井 雄

・日時:2020年9月30日(水)〜10月4日(日)

・出演:眞島秀和、大空ゆうひ/小島聖(Wキャスト)、マキノノゾミ、桂やまと/ラサール石井(Wキャスト)
桂やまとさん出演:10/1(木)14時/3(土)18時/4(日)13時

 

【チケット】としまチケットセンター としま区民センター1階

東京都豊島区東池袋1-20-10
窓口(10:00~19:00/臨時休業あり)
0570-056-777(10:00〜17:00 臨時休業あり)

チケット予約購入サイト

【料金】全席指定
・一般:4,500円
・U24 (24歳以下):2,250円 ※1)
・豊島区民割引:4,000円 ※2)
・障害者割引:3,500円 ※3)

※ 未就学児のご入場はご遠慮ください
※1)入場時に学生証・年齢確認証要提示
※2)豊島区民割引(在住・在勤・在学)は前売のみ取扱/1会員につき4枚まで(5枚以上は一般料金)/証明書要提示
※3)障害者割引は介助者1名まで同額/障害者手帳要提示

【場所】あうるすぽっと OWLSPOT THEATRE

〒170-0013 東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F
(豊島区立舞台芸術交流センター)
TEL.03-5391-0751/FAX.03-5391-0752

あうるすぽっととは、“演劇の街・池袋”の拠点として、芸術文化を通して多様な人々が集い交流し、 活力ある地域社会の形成をめざす「みんなの劇場」。)

 

朗読劇・日の名残り(カズオ・イシグロ作)|落語家桂やまとさん初?!挑戦!|あうるすぽっと

 

三代目 桂やまと(Katsura Yamato the third)

1974年生まれの落語家(真打)。都内各寄席をはじめ全国の落語会、講演会で活躍中。 生粋の東京っ子らしい明るく闊達な口調、リアルな人物描写を持ち味として古典落語を語る。 目指すのは演じる自分自身がいつしか噺に溶け込み、登場人物たちそのものがお客様の目の前に表れるような表現。 初めて聴く落語で子どもたちの落語観が決まると考え、小学校を中心とした学校寄席・落語教室はライフワークのひとつとして取り組んでいる。 江戸時代から先祖代々住んでいる東京の下町・尾久(おぐ)を愛する。(桂やまとオフィシャルサイトより)

平成11(1999)年3月27日、七代目 桂才賀に入門、平成26(2014)年3月21日「三代目 桂やまと」を襲名、真打昇進。

桂やまとオフィシャルサイト

・Twitter(@katsurayamato)

・Facebook(@yamato3rd

 

噂の!東京マガジン|木挽町よしやの若旦那が東京銀座“もの繋ぎプロジェクト”で出演|歌舞伎座上演再開SP

突然ですが、明後日の日曜日、「噂の!東京マガジン」歌舞伎座上演再開SP(2020.08/16放送予定)の中で、木挽町よしやの若旦那が始められた、東京銀座“もの繋ぎプロジェクト”が放送されます。

 

もの繋ぎプロジェクト”では、弊社も少しだけご協力させていただいた関係で、木挽町よしやさんの若旦那、斉藤大地さんと一緒に、今回の「噂の..」の撮影にも少しご協力させていただきました。但し、事前に番組ディレクターの方からは、今回の特集はあくまで、“東銀座”と“歌舞伎座”、そして“木挽町よしや”さん。もしかしたら弊社で撮影したシーンは編集でカットされるかもしれませんと伺った上での撮影協力でした。

そして先日、番組ディレクターがわざわざご来店くださり、大変心苦しいのですが、弊社で撮影した分は丸々カットになりましたと、ご丁寧にご報告にいらしてくださいました。撮影時は結構話しも弾んで、面白い絵が撮れたかなと思っていただけに、正直ちょっと残念。

しかしながら、木挽町よしやさん、もの繋ぎプロジェクトはしっかり放送されるとのことを伺い一安心。どうぞお時間のある方はぜひご覧になってみてください。

 

噂の!東京マガジン(2020/08/16放送)

歌舞伎座上演再開SP
~東銀座を歴史散歩…江戸グルメ&今も残る伝統と人情~

TBSで1989年10月1日から放送されている娯楽ワイドショー・情報番組の長寿番組。 番組開始当初は毎週日曜10:00 – 10:54の放送だったが、1992年10月4日からは毎週日曜13:00 – 13:54に変更。総合司会は開始当初から森本毅郎氏が担当。

https://www.tbs.co.jp/uwasa/

 

東京銀座物つなぎプロジェクト

木挽町よしやの若旦那、斉藤大地さん(写真左)と二人、ヨゲンノトリと一緒に、もの繋ぎプロジェクトをイメージした“”を作ってハイポーズ。私も“”をイメージした浴衣を着て撮影に臨んだのですがね(笑)。

 

木挽町よしやの若旦那が始めた、東京銀座“もの繋ぎプロジェクト”。弊社では蔓延るコロナウイルスを退散(終息)させ、委縮し傷ついた経済を末広がりに回復、導いてくれるようにとの思いを込めて、京都の京扇子メーカーに依頼し、特別に製作していただいたオリジナル手描き京扇子、ヨゲンノトリ扇子アマビエ扇子をペアでご協賛させていただきました。

つい先日、ゴールのUNIQLO TOKYOさんで目出度く100社を繋いだ模様は、新聞やネットニュースなどで記事になっていましたね。なお、UNIQLOTOKYOさんでは100社達成を記念して、参加企業の屋号をカスタマイズして、自分好みのオリジナルTシャツ(UTme!)を作れる企画を行っています。さらにこの特別仕様のTシャツを購入すると、1枚当たり約100円が銀座の街に還元されます。

 

いま世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスは、“”、“モノ”、そして“国々”を分断させる恐ろしい病です。その中にあって、木挽町よしやの若旦那、斉藤大地さんが始められた“もの繋ぎプロジェクト”は、その逆を行く、“”、“モノ”、そして“企業”を繋ぐ素晴らしい企画です。

もの繋ぎプロジェクトの説明文の中に、『本プロジェクトの終了時期は、コロナが終息した頃』と明記されています。もしかすると、2週目があるかもしれませんね。今後外資系の企業なんかもご協賛してくださると、さらに輪が広がって面白いかもしれません。

いずれにしても、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの一日も早い終息と、その後に訪れる世界が少しでも平和になることを切に願います。

 

木挽町よしや(1922年創業)

銀座・歌舞伎座裏に佇む創業100年近くの和菓子屋 。
朝から焼き上げるどら焼きは、しっとりとした皮と最高級北海道十勝産小豆を使用した甘さ控えめの餡が特長。生地から全て手作りの生ものになっておりますので一日に出来る数に限りがございます。

・〒104-0061 東京都中央区銀座3-12-9
・TEL:03-3541-9405
・営業:月曜〜土曜※、10:00~18:00
・定休:日・祭日
※[土曜不定休] (営業する場合も御座いますのでご確認下さい)

https://kobikichoyoshiya.com/

《木挽町よしや・大地のしずく》↓

https://kobikichoyoshiya.net/

 

ぜひ、木挽町よしやさんのどら焼きと、期間数量限定の“大地のしずく”をご賞味あれ。どちらも絶品です。

 

UNIQLOTOKYOで開催中の「銀座もの繋ぎプロジェクト」協賛企画ポスター↓

あなたの銀座 私の銀座
Tシャツ1枚が銀座に輝きを取り戻す..
銀座に明かりを灯して下さい。

銀座もの繋ぎプロジェクト 銀座もの繋ぎプロジェクト

2020年4月2日から始まった物々交換、8月11日に100社目のUNIQLOTOKYOさんに繋がりました!