お問い合わせはこちら

黒留袖、結婚式にお勧めべっ甲夫婦鶴老松金蒔絵かんざし2018

完売しました。

 

11IMG_2042.JPG

 

本日は先月ご紹介しましたべっ甲飛鶴老松金蒔絵かんざし2018の第二弾、べっ甲夫婦鶴老松金蒔絵かんざし2018のご紹介です。

お子様の結婚式などで黒留袖(既婚女性の第一礼装)をお召しのお母様特におすすめなべっ甲かんざしですが、ご親族の方、また厳かな式典や特別な「ハレの日」などに、留袖や格のある古典柄の訪問着(準礼装)でご参列される場合などにもおすすめです。

」(金蒔絵)、「」(べっ甲)、「」(うら側の老松の金蒔絵)、「末広がり(八の字)」(末広がりに描かれた夫婦鶴とうら面の老松)と、日本古来より”おめでたい“とされているものを1本のかんざしに凝縮した、大変贅沢な礼装用のべっ甲かんざしです。

こちらも2014年に銀座かなめ屋80周年記念(アメブロ→)として10種制作させて頂いたかんざしの内2種を基に、蒔絵を泉元紫紅(しこう)さんに依頼し、新たに制作したものです。(2018.09.掲載商品)

 

13IMG_2106 - コピー.JPG

 

14IMG_2078 - コピー.JPG

 

 

2種の違いは上のお写真をご覧頂ければお分かりの通り、峰の高さ(幅)の違いになります。それでは早速、最初のお写真の左側(幅広の峰)から順にご紹介させて頂きます。

 

16IMG_2082.JPG

 

17IMG_2090.JPG

 

18IMG_2088.JPG

 

19IMG_2092.JPG

 

21IMG_2094.JPG

 

22IMG_2095.JPG

 

23IMG_2086.JPG

 

24IMG_2098.JPG

 

25IMG_2100.JPG

 

かんざしの裏側には、蒔絵師の落款と、繁栄、長寿の意味を表す老松が描かれております。(2種共通)

 

老松(おいまつ)は長い年月を経た松の木の事で、人物や組織の末永い繁栄を祈念する象徴として親しまれています。 さらに表側の鶴の羽ばたく姿、老松とも”末広がり“(八の字)に描き、末永い繁栄を表しています。

 

26IMG_2104.JPG

 

27IMG_2115.JPG

 

28IMG_2113.JPG

 

29IMG_2080.JPG

・べっ甲夫婦鶴老松金蒔絵かんざし【hpkbf180910-1¥148,000+税 【完売】

(蒔絵:泉元紫紅。大きさ:約縦138㎜、横58㎜、厚み4㎜~3㎜)

 

30IMG_2041.JPG

 

次に、右側のかんざしです。かんざしの横幅はほぼ同じですが、全長が約1.5cm程短くなります。

 

33IMG_2047.JPG

 

35IMG_2054.JPG

 

36IMG_2050.JPG

 

37IMG_2058.JPG

 

38IMG_2059.JPG

 

39IMG_2052.JPG

 

41IMG_2062.JPG

 

42IMG_2067.JPG

 

43IMG_2068.JPG

 

45IMG_2074.JPG

 

46IMG_2070.JPG

 

47IMG_2048.JPG

・べっ甲夫婦鶴老松金蒔絵かんざし【hpkbf180910-2¥143,000+税 【完売】

(蒔絵:泉元紫紅。大きさ:約縦122㎜、横58㎜、厚み4㎜~3㎜)

 

1本1本、べっ甲職人、そして蒔絵師が丹精込めて制作しております。お目に留まりましたらどうぞお早めにお問合せ、ご来店ください。

 

どのようなかんざしがおすすめか分からないことなど御座いましたら、どうぞお気軽にご来店の上ご相談ください。色々とお話を伺いながら、ご予算を含め、常時取り揃えております数百種類の中から最もふさわしいかんざしをお勧めさせて頂きます。

 

▼先月ご紹介させて頂きました”飛鶴”のかんざしは、ご紹介からあまり日が経っていないにも拘らず、嬉しいことにすでに完売品が出ております。(一部追加制作中。お問い合わせください。)

50IMG_2123_1.JPG

https://www.kanameya.co.jp/item/2018/08/2018-20.html

 

かんざしの装飾にもよりますが、シンプルなべっ甲かんざしを1本制作するのにおよそ1~2か月、形状や彫りなど比較的簡単な装飾が入ると、3か月程度。そして本日のような螺鈿や金蒔絵の装飾が入ったものになると、半年近く掛かるものも御座います。

 

どのようなかんざしがおすすめか、分からないことなど御座いましたら、どうぞお気軽にご来店の上ご相談ください。色々とお話を伺いながら、ご予算を含め、常時取り揃えております数百種類の中から、最もふさわしいかんざしをお勧めさせて頂きます。

 

▼【白べっ甲かんざし】まとめ(留袖・訪問着・小紋などにおすすめ)

o0800060014126616034.jpgo0800060014105244078_20180220.jpg

o0800060014089801313.jpgo0600045013892485728.jpg

 

 

▼【べっ甲かんざし・蒔絵/螺鈿】まとめ

o0800060014043186181_20180220.jpgo0600045013510832011_20180220.jpg

 

▼【黒べっ甲かんざし・真珠使い】まとめ(留袖・訪問着におすすめ

o0800060014041046736_20180220.jpgo0600045013254529819_20180220.jpg

 

鶴は千年、亀は万年古来より縁起物として、広く祝事に尊ばれてきたべっ甲

一生に一度の晴れの舞台、結婚式などに出席される新郎新婦のお母様ご親族の方、またご列席されるお客様も、是非べっ甲のかんざしをお勧め致します。べっ甲であれば、大切に保存して頂ければ、一生持ちますし、べっ甲職人が磨けば、ほぼご購入当時のべっ甲本来の輝き、美しさが何度でも蘇ります。また万が一、足などが折れてしまっても修復が可能です。そういった意味からも、べっ甲は次の世代へも受け継いで頂ける素晴らしいかんざしです。

 

※1980年にワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)に日本が批准し、それ以降、べっ甲材料の輸入量は段階的に減っていきました。そして、日本が開催国となった第8回(1992年)締約国会議(加盟国で2,3年に一度開催される会議)が開催された年をもって、それ以降現在に至るまでべっ甲材料の輸入が停止されています。現在制作されているべっ甲製品は、その年以前に輸入した材料を少しずつ大切に使用しながら制作されています。

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、 製作時に使用する材料、また加工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。
※べっ甲製品の場合、一見同じ様なお品物でも、使用されているべっ甲の品質や厚み等によって価格が大きく変動いたします。

 

▼銀座かなめ屋の各ウェブサービスも合わせてご覧ください。

 

銀座かなめ屋・三代目のブログ
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/

銀座かなめ屋・フェイスブックページ
https://www.facebook.com/ginzakanameya/

銀座かなめ屋・三代目のツイッター
https://twitter.com/kanameya_3daime

 

かなめ屋お問い合わせフォーム

 

Page Top