お問い合わせはこちら

白べっ甲菊彫りかんざし|結婚式・留袖、訪問着などにお勧め。

完売しました。

01IMG_5213.JPG

べっ甲本来の優しい温もりの伝わる、留袖や訪問着などのお勧めな礼装用のべっ甲かんざしのご紹介です。(2015年9月掲載)

・「水仙のかんざし|とてもきれいな白べっ甲水仙彫りかんざし。訪問着など準礼装のお着物にお勧めです。」ブログ2015年04月28日号
・「白べっ甲かんざし|留袖、訪問着、結婚式、華やかな機会にお勧めな礼装用のべっ甲かんざしです。」ブログ2014年10月09日号

 

12IMG_5212.JPG

15IMG_5209.JPG

16IMG_5208.JPG

21IMG_5218.JPG

べっ甲の厚みは、およそ3mm~4mmと、べっ甲を贅沢に使用して作られています。足の部分に使用されている黒べっ甲もそうですが、それ以上に今では大変希少な上質の白べっ甲を贅沢に何層にも重ね合わせ厚みを持たせ、そこから菊の文様のところだけを立体的に浮き出させるように他の部分を削ぎ、立体的な高肉彫り(たかにくぼり(ししぼり)/文様の部分を高く盛り上がったようにする技法のひとつ)に仕上げた大変贅沢な逸品です。

今までに何度となくお書きしておりますが、これだけの厚みを持たせるためには、べっ甲の材料(タイマイの甲羅:一枚一枚の甲羅はとても薄いものです。)を何層にも重ね合わせて生地(土台)を作らなければなりません。また白べっ甲の場合は特に、べっ甲職人の高度な技術と、上質な素材を使用しなければ、重ね合わせるごとに透明感が失われ、ここまできれいな透明感、優しい温もりを出すことが出来ません。まさに一生もののかんざしです。

 

22IMG_5216.JPG

 

24IMG_5219.JPG

 

25IMG_5210.JPG

・白べっ甲菊彫りかんざし 【hpkbf150911-1】¥478,000+税
(大きさ:約縦125㎜、横74㎜、厚み:3~4㎜)

▼【ブログ】ご紹介ページ

http://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20150911.html

「鶴は千年、亀は万年」古来より縁起物として、広く祝事に尊ばれてきたべっ甲。

一生に一度の晴れの舞台、結婚式などに出席される新郎新婦お母様、ご親族の方、またご列席されるお客様も、是非べっ甲のかんざしをお勧め致します。べっ甲であれば、大切に保存して頂ければ、一生持ちますし、べっ甲職人が磨けば、ほぼご購入当時のべっ甲本来の輝き、美しさが何度でも蘇ります。また万が一、足などが折れてしまっても修復が可能です。そういった意味からも、べっ甲は次の世代へも受け継いで頂ける素晴らしいかんざしです。

※繊細な装飾(蒔絵や彫り)がある場合や破損状況によっては、一部修理が出来ない場合も御座います。
※べっ甲など、天然素材を使用してお作りしたものは、
 製作時に使用する加工材料等により多少価格が変動する場合が御座います。予めご了承下さい。
※また同じ様なお品物でも、べっ甲の品質、厚み、またその装飾によってもお値段が大きく変動いたします。

Page Top