お問い合わせはこちら

稲穂かんざし2015「鳩」「鶴」「梅」

完売しました。

 

11IMG_9724.JPG

12IMG_9726.JPG

23IMG_9732.JPG

24IMG_9735.JPG

IMG_9584_1.JPG

・稲穂かんざし「鳩」【hp141029-1鳩】 ¥1,000+税

【若干数】2014.12.26追記

完売】2015.1.7追記
※かなめ屋のおすすめは、この【鳩】です。

・稲穂かんざし「鶴」【ab141029-2鶴】 ¥1,000+税【完売】2014.12.23追記

・稲穂かんざし「梅」【ab141029-3梅】 ¥1,000+税【完売】2014.12.26追記

・稲穂かんざし「鳩」【hp141029-1鳩】 ¥1,000+税【完売】2015.1.7追記

※今回の「梅」は、小さめのパール3つになります。1枚目のお写真参照。

 

この「稲穂かんざし」も「干支かんざし」同様、期間・数量限定で、ほぼ年内または年明け早々には完売してしまいます。
※ネットで購入できますか?と言うご質問をよく頂きます、勿論1本からでもご購入が可能です。お求めの本数、種類などにより送料等が変わりますので、どうぞお気軽に必要事項をお書き添えの上、こちらの【お問い合わせフォーム】よりご連絡ください。お求めの際は、お早目にご注文、ご来店のほど、お願い申し上げます

※天然の稲穂を使用した手作り品となります。一つ一つ穂の色や付き方、装飾が微妙に異なります。予めご了承の程お願い申し上げます。

※定番の「鳩」、「鶴」、「梅」の稲穂かんざしは、例年とほぼ変わりませんので、ご紹介のお写真は一部昨年のものを使用させて頂きます。

稲穂かんざし」とは、実りの稲穂(本物)に幸運の白鳩をあしらったかんざしで、毎年お元日から15日まで(松の内)の間にしか挿すことが出来ない特別なかんざしです。

最初、鳩には「」が入っておりませんので、お挿しになる前にまずご自分で片方の目を入れます。そしてもう片方はと言うと、御ひいきにして頂いている方等に新年のご挨拶をされるときに眼を明けて(入れて)頂き、同時にご祝儀を頂くという粋なお遊びが花柳界に御座います。ですから御ひいきにして頂いている方の数に合わせて、稲穂かんざしの数も必要となる訳です。

しかし近年になって、「白鳩」以外にも「」や「」をあしらったものなど、『眼を明ける』という本来のお遊び(風習)が出来ない、装飾だけの髪飾り的な稲穂かんざしも多くなってきており、少し寂しい気が致します。

※>>>【ブログ】ご紹介ページ

 

※種類によって、残り【わずか】となったものが御座います。2014.12.19【追記】

※「稲穂かんざし」、「変わり稲穂かんざし」は、【完売品】も御座います。

詳しい在庫状況は、下記【ブログ】ご紹介ページにてご確認頂くか、

お気軽に銀座かなめ屋までメール、またはお電話にてお問い合わせ下さい。2014.12.22【追記】

※稲穂かんざし「鳩」「鶴」「梅」完売御礼。2015.1.7【追記】

 

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、 製作時に使用する材料、また加工費などにより価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。

※べっ甲製品の場合、一見同じ様なお品物でも、使用されているべっ甲の品質や厚み等によって価格が大きく変動いたします。

▼銀座かなめ屋の各ウェブサービスも合わせてご覧ください。

 

銀座かなめ屋・三代目のブログ
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/

銀座かなめ屋・フェイスブックページ
https://www.facebook.com/ginzakanameya/

銀座かなめ屋・三代目のツイッター
https://twitter.com/kanameya_3daime

 

かなめ屋お問い合わせフォーム

Page Top