商品案内

本物志向の印伝信玄袋2018|菖蒲文様(勝負、尚武)信玄袋

11IMG_1351.JPG

 

本日は久しぶりに信玄袋(合切袋)のご紹介です。気が付けば2年ぶりのご紹介になってしまいましたね。和装小物屋なので「和」に携わる小物類は、頭の先からお足元に至るまで多種多様に取り扱っておりますが、そのすべてをご紹介することは実質不可能です。

 

そのため、WEBでは敢えて、主力商品の簪(かんざし)を主に、そして夏は"扇子"や"本パナマ草履"、暮れ近くになると"干支かんざし"や"稲穂かんざし"などの季節商品などのご紹介。そして時折、どうしても皆さまにぜひ!ご覧頂きたい和装小物類などをご紹介しております。

 

またお取り扱いしている商品の、その殆どが婦人物になりますが、私自身もキモノを着る関係で、扇子男中(男性の羽織紐)、そして本日ご紹介するような信玄袋など、一部紳士用の和装小物も良い品を厳選してお取り扱いしております。別に価格が高いから良いものと言う訳では必ずしもないので、比較的お求めやすい、お手頃な価格帯のものも取り扱っております。

 

例えば本日ご紹介する信玄袋も、少々贅沢な本物志向のものから、浴衣などカジュアルな装いに気軽にお持ち頂ける、数千円代のものまで少数ですが厳選して取り揃えております。何度もブログで書かせて頂いておりますが、男女を問わず、和装小物全般に言えることですが、いざ探そうとすると専門店や取り扱う実店舗がとても少なく、お困りになられた経験のある方も多いのではないでしょうか。

 

特に紳士用の和装小物となると大変です。なので、私は紳士物も取り扱う仕入れ先に行った際は、時間があれば必ず本来の婦人物の仕入れと同時に、紳士物も見てきます。そしてこれは!というものがあると、ちょこっと摘まんできます。あっ、勿論店頭販売用にですよ。

 

ということで、本日はそんな逸品、印伝(鹿革)のちょっと贅沢な信玄袋をご紹介させて頂きます。(2018.07.掲載商品)

 

(※この度の平成30年7月豪雨の被害に遭われました皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。また引き続き、被害の出ている地域にお住いの方は、十分にお気を付けください。)

 

 

13IMG_1355.JPG

 

ほぼ全面に描かれた柄は、縁起物の菖蒲(しょうぶ)の柄です。菖蒲は"勝負"、"尚武"(しょうぶ/武士の心得)と同じ音であり、また葉の形が""に似ていることから、男子にとっては邪気を払う縁起物とされ、延命長寿の意味も込められていたようです。そのため、日本では昔、鎧や兜などの甲冑(かっちゅう)をはじめとする武具などにも多く使用されてきました。

 

現代でも5月5日の"端午の節句"には、菖蒲湯に浸かるという風習が残っていますが、これはまたの名を"菖蒲の節供"ともいい、本来は菖蒲によって厄払い、そして延命長寿という意味が込められたものです。

 

14IMG_1353.JPG

 

本体は鹿革独特な、滑っとしたとても柔らかで優しい肌ざわりです。

 

 

 

印伝とは、鹿革本漆を用いた特殊な柄付けをしたものを言います。また、印伝の名前の由来は、その昔インドから日本へ伝わってきたことから印伝と言われています。他の皮革製品と比べ、軽くて丈夫、そして鹿革独特な滑っとした優しく柔らかい肌触りが特徴です。昔の日本では、武具の一部として鎧や兜にも用いられてきましたが、現代ではその特性から、一般のハンドバッグ財布などに多く使用されています。 

 

 

 

16IMG_1362.JPG

 

17IMG_1365.JPG

 

19IMG_1356.JPG

 

ポケットは外側ファスナー式が1つ。そして内側ファスナー式通常のポケットが一つずつ(合計2つ)付いています。

 

21IMG_1358.JPG

 

22IMG_1359.JPG

 

23IMG_1360.JPG

 

25IMG_1352.JPG

・信玄袋(市松模様/外ポケット、内ポケット付き)【hpb180706-1】¥40,000+税

(本体:印伝(鹿革)、爪:アクリル樹脂、紐:化繊)

(大きさ:約縦:265㎜、横:215㎜、マチ:50㎜)

(外ポケット:ファスナー式1つ、内ポケット:ファスナー式1つ、ファスナーなし1つ)

 

 

 

 

 

 

▼「和装バッグ(婦人用/紳士用)」まとめ

http://www.kanameya.co.jp/item/item-cat/bag/

 

 

銀座かなめ屋では、オリジナル和装バッグもお取扱いして御座います。礼装用、準礼装用のボストン型バッグ(利休バッグ)が中心ですが、セカンドバッグや普段使いの和装手提げバッグなども取り揃えております。

特に準礼装用のバッグは、呉服問屋などからバッグに向きそうな柄の帯を仕入れ、手前どもでお仕立てをしてオリジナルバッグとして販売しております。また余った残布などでオリジナル名刺入れなどの小物も制作しております。

6月頃からは、浴衣のシーズンに合わせ、男性用の信玄袋(年中商品)や、女性用のお洒落で涼しげな籠(かご)や巾着などの品揃えも充実致します。お近くにお越しの際は、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

 

 31IMG_4860 - コピー.JPG

 

32IMG_1164 - コピー.JPG

 

33IMG_1144 - コピー.JPG

 

34IMG_3620 - コピー.JPG

 

35IMG_4561 - コピー.JPG

 

36IMG_1910 - コピー.JPG

 

 

▼銀座かなめ屋の各ウェブサービスも合わせてご覧ください。

銀座かなめ屋・三代目のブログ
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/

銀座かなめ屋・フェイスブックページ
https://www.facebook.com/ginzakanameya/

銀座かなめ屋・三代目のツイッター
https://twitter.com/kanameya_3daime


 

かなめ屋お問い合わせフォーム

ページTOPへ