お問い合わせはこちら

絞り込み結果:象牙, 扇子, 白檀・紫檀・黒檀,

白檀象牙扇子(6寸5分)2022・2|アロマ香る希少な白檀扇子に手彫り象牙の親骨を組み合わせた贅沢な扇子(西陣織オリジナルケース付)。

「完売」

本日は昨日に引き続き、近年大変希少、入手困難となってしまった白檀扇子をご紹介させていただきます。基本的な仕様は中骨の白檀の透かし彫りはじめ、昨日ご紹介したものと変わりませんが、親骨の象牙にワンポイントで彫刻された文様が異なります。また、付属の携帯用ケースの柄が異なります。

 

白檀象牙扇子(6寸5分)2022・2|アロマ香る希少な白檀扇子に手彫り象牙の親骨を組み合わせた贅沢な扇子(西陣織オリジナルケース付)。

詳しい説明は昨日の投稿でお書きしましたので、ご興味の御座います方は昨日の投稿と合わせてご覧くだされば幸いです。↓

白檀象牙扇子(6寸5分)2022・1|アロマ香る希少な白檀扇子に手彫り象牙の親骨を組み合わせた贅沢な扇子(西陣織オリジナルケース付)。」2022/06掲載商品

続きを読む

白檀象牙扇子(6寸5分)2022・1|アロマ香る希少な白檀扇子に手彫り象牙の親骨を組み合わせた贅沢な扇子(西陣織オリジナルケース付)。

本日は近年大変希少、入手困難となってしまった白檀扇子をご紹介させていただきます。ここ暫く年に数型ご紹介している白檀扇子。1年を通じて、弊社が長年培ってきた仕入れルートを駆使しながら常時探し回っているのですが、それでも自信をもって販売できるクオリティーのものに出会えるのは年間でもほんの僅か。

そうして苦心して仕入れた希少な白檀扇子を、作りを見ながら腕利きの職人さんたちの手をお借りしながら、手彫り象牙の親骨を組み合わせたり、正絹のオリジナルの飾り房や携帯ケースを添えてご紹介しております。

材料の白檀も象牙も、そして腕利きの象牙職人も今では大変希少な存在。価格も工賃含め、年々高騰しておりますが、もしかするとそう遠くない将来、こうした贅沢な扇子を製作、ご紹介できなくなる日が来てしまうかもしれません。これはべっ甲製品含め、和装全体にも言えることですけれどね。

当然良質な材料、そして腕利きのベテラン職人無くして、小売専門店はどう足掻いても成り立ちません。それまでは少しでも良いものをご紹介できるよう専門店として精進して参りたいと思います。

 

白檀象牙扇子(6寸)2022・1|アロマ香る希少な白檀扇子に手彫り象牙の親骨を組み合わせた贅沢な扇子(西陣織オリジナルケース付)。

 

白檀象牙扇子(6寸5分)2022・2|アロマ香る希少な白檀扇子に手彫り象牙の親骨を組み合わせた贅沢な扇子(西陣織オリジナルケース付)。」2022/06掲載商品

 

白檀象牙螺鈿金蒔絵扇子2018|唯一無二の希少で贅沢な白檀扇」2018/07掲載商品

白檀象牙扇子2017-3|透かし彫り白檀×親骨象牙|希少贅沢」2017/07掲載商品

続きを読む

白檀象牙扇子(6寸)2021・2|アロマ香る希少な白檀扇子に手彫り象牙の親骨(透かし彫り入り)を組み合わせた贅沢な扇子。

「完売」

今月初めにご紹介しました弊社オリジナル白檀象牙扇子、やはりその希少性からご紹介後よりお問い合わせを多く頂き、ほどなく完売してしまいました。前回もお話いたしましたが、近年は白檀の材料自体の流通がほぼないので、私たち専門店でも白檀の扇子を見つける、仕入れることは困難です。(2021.07.掲載商品)

しかしながらそんな時代だからこそ、専門店として弊社が長年培った仕入れルートを駆使し、そして腕利きの職人に製作を依頼し、この5年あまり毎年のように種類、本数とも僅かでは御座いますがご紹介して参りました。そして嬉しいことにそのほぼすべてが完売しております。

本日ご紹介する白檀象牙扇子も、以前ご紹介したことのある白檀扇子に新たに象牙で制作した親骨を合わせて誂えた弊社オリジナルの扇子になります。お目に留まりましたらどうぞお早めにご来店、お問い合わせください。

 

白檀象牙扇子(6寸5分)2021|アロマ香る希少な白檀扇子に手彫り象牙の親骨を組み合わせた贅沢な扇子。」2021/07掲載商品 【完売】

続きを読む

白檀象牙扇子(6寸5分)2021|アロマ香る希少な白檀扇子に手彫り象牙の親骨を組み合わせた贅沢な扇子。

「完売」

本日は大変希少な白檀の扇子をご紹介させていただきます。我々専門店でもなかなか目にする機会がなく、もちろん仕入れも困難です。

そんな中、また京都の仕入れ先の社長さまより直々に仕入れることが出来ましたので、早速親骨を良質な象牙で誂え、完成いたしましたのでご紹介させていただきます。(2021.07.掲載商品)

 

白檀象牙扇子(6寸5分)2021|アロマ香る希少な白檀扇子に手彫り象牙の親骨を組み合わせた贅沢な扇子。

白檀(サンダルウッド)の香りに秘められた様々な癒しの効能リラックス効果により心身ともに安らぎ。扇面全体に彫刻された細やかな透かし彫りを通して扇ぐ優しい風。その贅沢で軽やかな癒しの風をお楽しみください。

ご興味の御座います方はどうぞお早めにご来店、またはお問い合わせください。

 

白檀象牙扇子2017-3|透かし彫り白檀×親骨象牙|希少贅沢」2017/07掲載商品

続きを読む

白檀象牙扇子(6寸5分)2020・2種|アロマ香る希少な白檀扇子に手彫り象牙の親骨を組み合わせた贅沢な扇子。

「完売」

この時期になると“白檀”、“白檀の扇子”、“白檀扇子取扱店”などのキーワードで、弊社のホームページに辿り着かれる方が多くなります。近年、白檀の材料も製品も原産国から日本にほとんど輸入されていないので、当然ですが、白檀扇子を取り扱う専門店も今では大変少なくなりました。(2020.06.掲載商品)

 

白檀象牙扇子(6寸5分)2020

 

弊社でも長らく白檀扇子黒檀紫檀の扇子とともに、扇子のラインナップを充実させるうえでも重要なのでお取り扱いしてきました。十年ほど前までは数万円台で、そこそこ上質な材料、装飾を施したものを厳選しながら仕入れることができました。

しかしながら、6,7年前辺りから急激に仕入れ価格の高騰とともに品薄状態となり始め、次第にあちこちの扇子メーカー、和装小物メーカー、問屋に声を掛けるも、白檀のびゃの字も無くなってしまい、厳選するどころか、モノを仕入れること自体が困難となってしまいました。その理由..

 

白檀象牙螺鈿金蒔絵扇子2018-2|ペイズリーと洋唐草の文様」2018/08掲載商品

 

白檀象牙螺鈿金蒔絵扇子2018|唯一無二の希少で贅沢な白檀扇」2018/07掲載商品

続きを読む

白檀象牙扇子2019-1|希少な白檀と象牙の贅沢な扇子|親骨に象牙を用いた透かし彫り白檀扇子。

「完売」

ついに来ましたね。ザ・日本の夏!都心は蒸し暑い!

いつの間にか、長く続いた今年の梅雨も明け、気が付けば来年開催の東京オリンピック《TOKYO2020》(公式サイトでは秒単位でカウントダウンされています。)まで1年を切りました。来年はこの猛暑の中(笑)、さらに熱い熱戦が繰り広げられます。頑張れニッポン!!

 

白檀扇子 白檀象牙扇子 扇子

白檀(サンダルウッド)の香りに秘められた様々な癒しの効能リラックス効果により心身ともに安らぎ。扇面全体に彫刻された細やかな透かし彫りを通して扇ぐ優しい風。その贅沢で軽やかな癒しの風で、この猛暑を乗り切って頂きたいと言う事で、本日は大変希少な白檀と象牙を使用した大変贅沢な扇子をご紹介させて頂きます。

続きを読む

白檀象牙螺鈿金蒔絵扇子2018-2|ペイズリーと洋唐草の文様

「販売中」(欠品・製作中の場合あり。在庫状況はお問い合わせください。)

11IMG_9985.JPG

 

先日、ネットで温度別に色分けした日本地図を見たら、北海道、青森県を除く(エンジ色)日本列島がほぼ真っ赤に染まったていました。さらにその中に、関東、近畿地方を中心に今まであまり見たことのないような紫色に染まっていました。(2018.08.掲載商品)

 

まさに灼熱。健康な方でもこの高温多湿に強烈な日射しの下に長時間居るとおかしくなりそうです。適度な水分塩分補給を忘れずに。特に高齢の方、お子様、そして体調不良の方はくれぐれもご注意ください。あっ、余談ですが、ビールは水分補給にはなりませんからね。

 

さて、本日は過日ご紹介しました”白檀象牙螺鈿金蒔絵扇子2018“の
第二弾のご紹介です。透かし彫りが施された中骨の白檀はインドネシア産。親骨は手彫りの象牙に、今回はペイズリーと洋唐草の意匠を螺鈿金蒔絵で描いた、世界で唯一無二の逸品です。

 

またこちらの白檀扇子は、大きさが一回り大きな7寸(約21cm)となりますので、男性の方がお持ちになられても宜しいかも知れませんね。ご興味の御座います方はどうぞお早めにご来店、お問い合わせください。それではどうぞご覧ください。(2018.08.掲載商品)

続きを読む

白檀象牙螺鈿金蒔絵扇子2018|唯一無二の希少で贅沢な白檀扇

「販売中」(欠品・製作中の場合あり。在庫状況はお問い合わせください。)

11IMG_9407.JPG

 

昨年ご紹介致しました世界でたった一つの特別な白檀扇子。中骨は透かし彫りの総白檀、その親骨に螺鈿金蒔絵を施した手彫り象牙を用いた世界で唯一無二の大変希少な白檀扇子です。ご紹介後程なくしてお客様にお求め頂きました。(2018.07.掲載商品)

 

すぐに追加制作しようにも、白檀扇子をご紹介するときに何度もお話ししている通り、肝心の白檀が日本市場に流通していません。常に様々なお取引先にお声掛けをしているのですが、それでもなかなか良質のものは手に入りません。

先月ご紹介しました白檀扇子もそうしてやっと仕入れたもので、別途ご紹介しました白檀象牙扇子もそれを基に親骨を象牙に変えて新たに製作したものです。(既に完売品が御座います。)

 

そんな中、昨年ご紹介しました装飾とほぼ同じもので、良質で香りもよいものを1本のみ仕入れることが出来ましたので、親骨の螺鈿金蒔絵のデザインを2017年バージョンとほんの少し変えて制作致しました。

 

親骨の象牙に描かれた図が少し異なる以外、その他の仕様はほぼ同じとなります。こちらも世界で唯一の一点ものの白檀扇子になります。ご興味の御座います方はどうぞお早めにご来店、お問い合わせください。それではどうぞご覧ください。(2018.07.掲載商品)

 

(※この度の平成30年7月豪雨の被害に遭われました皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。また引き続き、被害の出ている地域にお住いの方は、十分にお気を付けください。)

続きを読む

白檀象牙扇子2018|親骨に象牙を用いた透かし彫り白檀扇子。

「完売」

11IMG_0940_1.JPG

先週は久しぶりに希少な総白檀扇子を2種ご紹介させて頂きました。いずれも確保できた本数が若干数だったため、早々にそのうち1種はすでに【完売】してしまいました。それだけ国内市場にモノ(白檀の扇子)が無いんですよね。モノが無ければ、かなめ屋で独自に製作すれば(腕利きの職人がまだ居るうちに)よいのですが、白檀扇子の場合、肝心の材料(白檀)が手に入らないので何ともできません。(2018.06.掲載商品)

そんな中、先ほどの総白檀扇子をご紹介しました時にもお話ししましたが、倉庫の奥に眠っていた、昔に制作した白檀扇子が若干数出てきたというお話を京都の扇子の取引先の社長様よりご連絡を頂き、すべて(と言っても僅かですが)仕入れさせて頂きました。

本日ご紹介する白檀象牙扇子は、そうして京都から仕入れた白檀扇子の一部を、東京の象牙職人に白檀の中骨に合わせて新たに象牙で親骨を制作して頂き、そうして出来上がった象牙製の親骨を、また京都の扇子メーカーに送り仕立てたものです。

今までにも親骨すべて、またはその一部に象牙牛こつ(牛の大腿骨)を嵌め込んだ贅沢な白檀扇子を同じようにして制作、ご紹介して参りました。象牙の親骨に彫刻を施したも、または螺鈿蒔絵を施したものなど。いずれも肝心の白檀扇子自体の入手、製作が困難なため、その多くは若干数、または現品限りの1点ものでした。そうして苦労しながらも、1本1本取り揃え、制作した希少な白檀扇子では御座いますが、お陰さまでその多くをお求めになられていた(お探しになられていた)お客様のお手元にお届けすることが出来ました。

本日ご紹介致します白檀象牙扇子もそれぞれ若干数になります。お目に留まりましたらどうぞお早めにご来店、お問い合わせください。それではどうぞご覧ください。(2018.06.掲載商品)

続きを読む

白檀象牙扇子2017-3|透かし彫り白檀×親骨象牙|希少贅沢

「完売」

 

15IMG_8076.JPG

ここ最近、紳士用の扇子のご紹介が続きましたので、本日は婦人用扇子のご紹介です。とは言っても、かなり贅沢な扇子になります。今までもいくつかご紹介させて頂きましたが、親骨に透かし彫りを施した本象牙、中骨はこれまた大変希少な総白檀のお扇子になります。

白檀の何とも言えない、心落ち着く大変よい香りが致しますが、残念ながらここでは香りまではお伝えすることは出来ません。しかし、色々な角度から、また背景色も白色と黒色に変えて撮影させて頂きましたので、風合いだけでもお伝えできれば幸いです。それではどうぞご覧ください。(2017.07.掲載商品)

続きを読む

Page Top