お問い合わせはこちら

絞り込み結果: 扇子, 紳士用,

柿渋の渋い紳士用扇子(渋扇)2019|一回り大きめな8寸5分|晩夏初秋にもおすすめ。

本日は紳士用扇子の中でも隠れた人気商品であります、柿渋の渋を扇面に塗った、渋扇をご紹介させて頂きます。銀座かなめ屋・三代目の、私自身も数種類持っており愛用しておりますが、比較的丈夫で長持ちします。また私の場合、色合い風合いがが何とも言えない落ち着いた渋さ(この辺りは好き嫌いがはっきり分かれるところですが)なので、夏場(盛夏)にというよりは、晩夏初秋から冬にかけて着物を着るときに、よく帯に挟んで愛用しています。

 

渋扇 8寸5分 紳士用柿渋扇子

渋扇は比較的目的買いでご来店される方が多いのですが、安定した需要があるにも関わらず(かなめ屋だけのことかもしれませんが)、好き嫌いがはっきりと出る地味で渋い意匠(万人受けするものでは御座いませんが、好きな方にとってはこれがいいんです)と、手間の掛かる柿渋塗りの作りにしては価格も比較的リーズナブル。そのためか、元々生産数が少ないようで、入荷数、頻度とも安定した供給がなされていません。弊社でもなるべく、大きさ、色・柄を各種取り揃えるよう留意しているのですが、一度入荷し、すべて完売してしまうと次回の入荷の目途がなかなか立ちません。

 

本日は、そんな紳士用扇子の隠れた人気商品であります、渋扇の中から、一回り大きな8寸5分(約25.5㎝)をご紹介させて頂きます。お目に留まりましたら、どうぞお早めにご来店、お問い合わせください。(2019.08.掲載商品)

 

柿渋の渋い紳士用扇子(渋扇)|晩夏初秋にもおすすめ。」2017/09掲載商品

続きを読む

扇子2019|紳士用扇子2種、婦人用扇子4種|紳士用、婦人用扇子の違いとは?|雀、柿、市松、蝶、桜、七宝、秋草。

扇子をご紹介するときによく、‟紳士用”、‟婦人用”などと頭につけてご紹介していますが、そもそもその違いとはなんでしょう?一言でいうと、扇子の長さとその意匠(柄や模様)が異なります。では、男性が‟婦人用扇子”、その逆に女性が‟紳士用扇子”を持ってはいけないのでしょうか..?

 

紳士用扇子 婦人用扇子 京扇子 市松模様

 

一般的に扇子の長さは、舞扇や茶扇、一部を除き、紳士用7寸5分(約22.5㎝)、8寸(約24.0㎝)。そして女性用6寸5分(約19.5㎝)、7寸(約21.0㎝)のものが多くなります(※1寸≒3.03㎝)。男性用の扇子が一回り長くなります。

 

そして扇面に用いられる意匠図柄は、男性用では、鮎や鯉などの魚類、蜻蛉や螽斯(キリギリス)などの昆虫類、そのほか、風神雷神、富士山、龍、鳥獣戯画、家守(ヤモリ)、蝙蝠、瓢箪、竹、抽象画も力強い印象のものが多くなります。色合いも比較的、寒色系、濃い色合い、落ち着いたものが多く、親骨を敢えて太くゴツイ印象に仕上げたものもあります。

 

一方婦人用扇子の場合、扇面に用いられる意匠、図柄は、ほとんどが桜や鉄線などの四季折々の花、唐草、そのほか、金魚、抽象柄も優しい印象のものが多くなります。色合いは比較的淡いピンク系、生成り系、パステル調の中間色のものが多くなります。親骨中骨とも紳士用に比べると細くすっきりとしたのもが多いでしょうか。

 

紳士用、婦人用扇子の見た目の違いはこれでお分かり頂けたかと思います。では、冒頭に上げたの疑問、男性が女性用、女性が男性用の扇子をもってはいけないのでしょうか?

続きを読む

扇子2019・5種|紳士用の渋い絹扇3種と派手な渋扇2種|絹張り、柿渋、渋扇、箔使い、京扇子。

扇子 絹扇 京扇子 紳士用扇子 つゆ芝

 

本日はタイトルに御座いますように、趣の異なる、ある意味対照的な紳士用の扇子をご紹介させて頂きます。

 

最初にご紹介する扇子は、扇面が透け感のある絹張りになっていて、涼し気な印象ですが、描かれている(染められた)意匠が何とも渋い扇子です。今でも大変人気の御座います渋扇(しぶせん/扇面の和紙を柿渋で染めた、まさに渋い扇子)を以前ご紹介したことが御座いますが、こちらも負けず劣らず、大変渋い印象の扇子3種です。

 

後半でご紹介する箔使いの扇子、実はこちらは先ほどお話ししました落ち着いた雰囲気の柿渋染めの渋扇になります。しかし、大胆な図案に金箔銀箔を用いることにより、本来の渋い印象の渋扇がご覧の通り大変派手な扇子に豹変します。特に金箔を大胆に使用した扇子は、柿渋で深みのある橙色に染められた扇面に、金箔が目がくらみそうなほど煌びやかな輝きを発します。

 

本来渋い筈の渋扇が、装飾を変えることでこうも変わります。面白いですね。それではどうぞ最後までご覧ください。

続きを読む

猫扇子2019|珍しい紳士用の猫扇子2種と婦人用猫扇子1種。

猫扇子 京扇子

本日は梅雨の合間の晴天だったせいか?、それとも間近に迫った父の日のせいか?、扇子をお求めになられるお客様がとても多くご来店くださいました。 ご自分用にお求めになられるお客様もいらっしゃいましたが、圧倒的にギフト用、しかも男性用の扇子がほとんどでした。嬉しい限りです。

 

銀座かなめ屋では、通年扇子を取り揃えておりますが、婦人用以外にも紳士用の扇子も充実しております。他店にない、万円代の贅沢な扇子、粋で格好いい扇子、またちょっと洒落の利いた面白い扇子等など、価格帯も趣も幅広く取り揃えております。お扇子をお探しのお客様、またお近くにいらした際はぜひ一度お立ち寄りください。

 

ということで、本日はちょっと洒落の利いた面白い扇子の中から、猫をモチーフにした扇子をご紹介させて頂きます。婦人物では今までも時折ご紹介して参りましたが、猫扇子で紳士ものは珍しく、初めてのご紹介ですね。それでは最後までどうぞご覧ください。

続きを読む

扇子2019・2種|紳士用手描き絹張扇子|浮世絵・写楽|歌舞伎・暫く。

紳士用扇子 手描き絹張扇子 歌舞伎 写楽

4月にご紹介した2種の贅沢な手描き絹張り扇子(源氏物語・紫式部と東海道五十三次、庄野白雨・歌川広重)。その後すぐに、本日ご紹介する同シリーズの扇子をご紹介しようと思っておりましたが、実店舗の改装(外部サイト:アメブロへ)、そしてこちらの架空店舗(公式ホームページ)の全面リニューアルが重なり、暫く(しばらく)経ってしまいました。

 

ということで、本日は《歌舞伎・暫く》と《浮世絵・写楽》をモチーフにした、大変贅沢な手描き絹張扇子2種を御紹介させて頂きます。(2019.06.掲載商品)

続きを読む

扇子2019・6種|父の日、海外ギフト、各種贈答品にもお勧め国産京扇子|短地扇子

紳士用扇子 富士山

 

本日は国産、メイドイン京都の紳士用京扇子の中から、扇面の和紙の部分が短い《短地/たんち》の扇子を集めてみましたのでご紹介させて頂きます。

 

先日は各種贈答に便利な《扇子》と《携帯用ケース》が桐箱に納められた扇子セットをご紹介しましたが、過日申し上げた通り、セットものの多くは、一部の材料や加工を海外に頼っているため、日本製(メイドインジャパン)とは明記されません。

 

しかしながら、弊社で通年お取り扱いをしている単品の扇子は、紳士用、婦人用とも、さらに価格(数千円代でも数万円代のものでも)にもよらず、ほぼすべて日本製(メイドインジャパン)国産の京扇子となります。

 

そうしたことから、もし海外のお客様に日本のモノを贈答品と贈られるのであれば、単品のお扇子の方が宜しいかもしれません。また必要に応じて、単品の携帯用ケースや、インテリア(観賞用)としてお使いになられる場合に便利な、竹製の扇子立ても各種取り揃えております。ご来店の際は、どうぞお気軽に店員にお尋ねください。

 

それでは、一部昨年ご紹介しました継続販売中の商品も御座いますが、改めて撮影致しましたので、どうぞ最後までご覧ください。(2019.06.掲載商品)

続きを読む

紳士用扇子セット2019・7種|父の日ギフト、各種贈答、海外ギフトにお勧め|鮎、馬、波頭、江戸小紋、昇龍。

紳士用扇子セット2019

早いものでもう6月、今年の新作扇子の数々も続々入荷しておりますが、ご紹介が追い付きません。取り急ぎ、6月16日、間近に迫った今年の《父の日》のプレゼントや、各種贈答品海外ギフトにおすすめな、紳士用《扇子セット》を7種ご紹介させて頂きます。(2019.06.掲載商品)

 

続きを読む

扇子2019・紳士用2種|手描き絹張扇子|源氏物語・紫式部|東海道五十三次、庄野白雨・歌川広重。

最初にご紹介する扇子は、紳士用ではとても珍しい、紫式部の源氏物語、光源氏と十二単を身に纏った美しい女性が描かれた図。そしてもうひとつは、歌川広重の東海道五十三次から、庄野白雨の図です。     それではどうぞご覧ください。

本日は贅沢な手描き絹張りの紳士用扇子を2種ご紹介させて頂きます。どちらも和紙に絹を張り合わせた絹張の扇面に、平安時代、そして江戸時代を彷彿させる、趣のある絵が手描きで描かれている粋で贅沢な扇子です。

 

最初にご紹介する扇子は、紳士用ではとても珍しい、紫式部源氏物語光源氏十二単を身に纏った美しい女性が描かれた図。そしてもうひとつは、歌川広重東海道五十三次から、庄野白雨の図です。(2019.04.掲載商品)

続きを読む

干支扇子2019|新手扇・亥全4種+飛鶴|初釜、御年賀等に。

完売しました。

 

11IMG_0594.JPG

来年の干支は”“。十二支の中でも最後の干支になりますが、それと同時に来年5月に元号も変わるため、“平成”最後の干支扇子ともなります。そのため、いつもご紹介しております「新手扇・亥」全4種に加え、干支”亥”は描かれておりませんが、お目出度い金銀飛鶴の図柄を1種加えて、全5種をご紹介させて頂きます。

干支扇子は、毎年定番商品としてお取扱いしておりますが、季節・数量限定商品となります。お求めの際はどうぞお早めにご来店、お問い合わせください。ほぼ年内、または年明け早々にはすべて【完売】しております

本日ご紹介の干支扇子のほか、干支かんざし稲穂かんざし、そして干支根付等などアメブロ→)干支関連商品も、準備が整い次第に順次ご紹介させて頂きます。(2018.10.掲載商品)

完売御礼】2018.12.27.追記

来年の「干支扇子・新手扇・福亥」は、すべて【完売】致しました。有難う御座いました。

続きを読む

白檀象牙螺鈿金蒔絵扇子2018-2|ペイズリーと洋唐草の文様

 

11IMG_9985.JPG

先日、ネットで温度別に色分けした日本地図を見たら、北海道、青森県を除く(エンジ色)日本列島がほぼ真っ赤に染まったていました。さらにその中に、関東、近畿地方を中心に今まであまり見たことのないような紫色に染まっていました。

まさに灼熱。健康な方でもこの高温多湿に強烈な日射しの下に長時間居るとおかしくなりそうです。適度な水分塩分補給を忘れずに。特に高齢の方、お子様、そして体調不良の方はくれぐれもご注意ください。あっ、余談ですが、ビールは水分補給にはなりませんからね。

さて、本日は過日ご紹介しました”白檀象牙螺鈿金蒔絵扇子2018“の
第二弾のご紹介です。透かし彫りが施された中骨の白檀はインドネシア産。親骨は手彫りの象牙に、今回はペイズリーと洋唐草の意匠を螺鈿金蒔絵で描いた、世界で唯一無二の逸品です。

またこちらの白檀扇子は、大きさが一回り大きな7寸(約21cm)となりますので、男性の方がお持ちになられても宜しいかも知れませんね。ご興味の御座います方はどうぞお早めにご来店、お問い合わせください。それではどうぞご覧ください。(2018.08.掲載商品)

続きを読む

Page Top