お問い合わせはこちら

絞り込み結果:渋扇, 扇子, 紳士用,

変わり渋扇2022・4種|扇子を閉じるとあら不思議、小紋柄が浮かび上がるユニークな紳士用京扇子。

ご紹介する直ぐそばから欠品、完売してしまう渋扇。先日、地味に人気のある扇子とご紹介させていただきましたが、今年は派手に人気があり引っ張りだこです。しかし何故でしょう?お取り扱いしている専門店が益々少なくなってしまったからなのでしょうか。

さてそんな中、ちょっと変わった渋扇が新たに入荷いたしましたのでご紹介させていただきます。(2022.07.掲載商品)

 

扇面の地紙は精製した柿渋が塗られた通常の渋扇になりますが、蛇腹の山肌にひと工夫を凝らして、扇子を閉じると上のお写真のように小紋柄が現れます。マジックみたいなユニークな渋扇です。

扇子を広げたときの扇面のお色は左から3種が茶色系(同色)と、向かって右端の1種が黒色になります。それでは左側から順にご紹介させていただきます。

 

渋扇(しぶせん)|紳士用柿渋染め扇子(8寸)2022・4種|無地3種と染め分け1種、玄人好みの希少な京扇子。」2022/07掲載商品 【完売】

続きを読む

渋扇(しぶせん)|紳士用柿渋染め扇子(8寸)2022・4種|無地3種と染め分け1種、玄人好みの希少な京扇子。

「完売」

さながら夏本番の陽気になり、ここ最近は夏の風物詩として蝉の元気の良い鳴き声もよく耳にするようになりました。ご紹介する商品もこの時期はかんざし類より圧倒的に扇子が中心。まだまだご紹介しきれない新作の扇子が沢山ありますので、もう暫く扇子中心にご紹介させていただきます。本当に暑いのはこれからですからね。(2022.07.掲載商品)

 

本日ご紹介する扇子は、弊社で地味に(笑)人気のある精製した柿渋を扇面に塗った希少な渋扇です。今年はこれで第三弾になりますでしょうか。一回り大きさな(8寸)サイズで、無地3種と、地紙を染め分けした渋扇の中でもとりわけ希少なタイプ1種のご紹介になります。左側の渋扇から順にご紹介させていただきます。

 

渋扇(しぶせん)|紳士用柿渋染め扇子(8寸)2022・3種|一回り大きな染め分け渋扇、玄人好みの希少な京扇子。」2022/04掲載商品 【完売】

続きを読む

渋扇(しぶせん)|紳士用柿渋染め扇子(8寸)2022・3種|一回り大きな染め分け渋扇、玄人好みの希少な京扇子。

「再入荷」(欠品・製作中の場合あり。在庫状況はお問い合わせください。)

本日は先日ご紹介しました渋扇の第二弾。一回り大きさな(8寸)サイズをご紹介させていただきます。3種ご紹介する内の2種は、地紙を染め分けした渋扇の中でもとりわけ希少なタイプのものになります。(2022.04.掲載商品)

 

渋扇(しぶせん)|紳士用柿渋染め扇子(8寸)2022・3種|一回り大きな染め分け渋扇、玄人好みの希少な京扇子。

 

渋扇に付いて詳しくお知りになりたい方は、前回のこちらの記事をご覧ください。↓

渋扇(しぶせん)|紳士用柿渋染め扇子(7寸5分)2022・3種|まさに渋い雰囲気の玄人好みの希少な京扇子。」2022/04掲載商品

続きを読む

渋扇(しぶせん)|紳士用柿渋染め扇子(7寸5分)2022・3種|まさに渋い雰囲気の玄人好みの希少な京扇子。

「完売」

本日は銀座かなめ屋が取り揃える数ある紳士用扇子の中でも、根強い人気があり、毎年コンスタントに売れている柿渋染め玄人好みの扇子をご紹介させていただきます。

扇面の地紙に柿渋の渋を塗った、見た目はまさに渋く、香りも柿渋の一種独特な香りがしますので、決して万人向けの扇子と言う訳ではないかもしれません。また、柿渋の精製から幾重にも塗り重ねる作業にも手間が掛かり、供給も安定せず製作本数も決して多くないことから、扇子の専門店であってもお取り扱いの少ない希少な扇子でもあります。

 

渋扇(しぶせん)|紳士用柿渋染め扇子(7寸5分)2022・3種|まさに渋い雰囲気の玄人好みの希少な京扇子。

 

このホームページ上では過去、7寸5分、8寸、8寸5分と、長さや色合いの異なる渋扇をご紹介して参りましたが、今日ご紹介する以外にも入荷の予定が御座いますので、撮影が済み次第、順次ご紹介させていただきます。

続きを読む

柿渋の渋い紳士用扇子(渋扇)2019|一回り大きめな8寸5分|晩夏初秋にもおすすめ。

「完売」

本日は紳士用扇子の中でも隠れた人気商品であります、柿渋の渋を扇面に塗った、渋扇をご紹介させて頂きます。銀座かなめ屋・三代目の、私自身も数種類持っており愛用しておりますが、比較的丈夫で長持ちします。また私の場合、色合い風合いがが何とも言えない落ち着いた渋さ(この辺りは好き嫌いがはっきり分かれるところですが)なので、夏場(盛夏)にというよりは、晩夏初秋から冬にかけて着物を着るときに、よく帯に挟んで愛用しています。

 

渋扇 8寸5分 紳士用柿渋扇子

渋扇は比較的目的買いでご来店される方が多いのですが、安定した需要があるにも関わらず(かなめ屋だけのことかもしれませんが)、好き嫌いがはっきりと出る地味で渋い意匠(万人受けするものでは御座いませんが、好きな方にとってはこれがいいんです)と、手間の掛かる柿渋塗りの作りにしては価格も比較的リーズナブル。そのためか、元々生産数が少ないようで、入荷数、頻度とも安定した供給がなされていません。弊社でもなるべく、大きさ、色・柄を各種取り揃えるよう留意しているのですが、一度入荷し、すべて完売してしまうと次回の入荷の目途がなかなか立ちません。

 

本日は、そんな紳士用扇子の隠れた人気商品であります、渋扇の中から、一回り大きな8寸5分(約25.5㎝)をご紹介させて頂きます。お目に留まりましたら、どうぞお早めにご来店、お問い合わせください。(2019.08.掲載商品)

 

柿渋の渋い紳士用扇子(渋扇)|晩夏初秋にもおすすめ。」2017/09掲載商品

続きを読む

扇子2019・5種|紳士用の渋い絹扇3種と派手な渋扇2種|絹張り、柿渋、渋扇、箔使い、京扇子。

扇子 絹扇 京扇子 紳士用扇子 つゆ芝

 

本日はタイトルに御座いますように、趣の異なる、ある意味対照的な紳士用の扇子をご紹介させて頂きます。

 

最初にご紹介する扇子は、扇面が透け感のある絹張りになっていて、涼し気な印象ですが、描かれている(染められた)意匠が何とも渋い扇子です。今でも大変人気の御座います渋扇(しぶせん/扇面の和紙を柿渋で染めた、まさに渋い扇子)を以前ご紹介したことが御座いますが、こちらも負けず劣らず、大変渋い印象の扇子3種です。

 

後半でご紹介する箔使いの扇子、実はこちらは先ほどお話ししました落ち着いた雰囲気の柿渋染めの渋扇になります。しかし、大胆な図案に金箔銀箔を用いることにより、本来の渋い印象の渋扇がご覧の通り大変派手な扇子に豹変します。特に金箔を大胆に使用した扇子は、柿渋で深みのある橙色に染められた扇面に、金箔が目がくらみそうなほど煌びやかな輝きを発します。

 

本来渋い筈の渋扇が、装飾を変えることでこうも変わります。面白いですね。それではどうぞ最後までご覧ください。

続きを読む

柿渋の渋い紳士用扇子(渋扇)|晩夏初秋にもおすすめ。

「完売」

 

11IMG_7162.JPG

 

扇子の品揃え内容は徐々に盛夏向けの涼し気な意匠から、本日ご紹介するような落ち着いた雰囲気の色合い、意匠の扇子が増えてきます。晩夏初秋もまだまだ汗ばむ陽気が続きそうですが、お持ちになるお扇子も、そろそろ清涼感のある涼し気な扇子から、少し落ち着いた、どこかしら秋を感じさせる扇子に持ちかえるのも粋なお洒落ですよ。本日ご紹介します扇子も、柿の渋を扇面に幾重にも塗り重ねた、見た目にも渋い、落ち着いた雰囲気の紳士用扇子です。(2017.08.掲載商品)

続きを読む

扇子|ちょっとユニークで昭和レトロ調の紳士用扇子2種|車好きな方にお勧めな京扇子、各種ギフトにもお勧め。

本日はちょっとユニークな紳士用扇子をご紹介させていただきます。車好きな方にもお勧めな昭和レトロ感漂う車をモチーフにした扇子です。(2022.08.掲載商品)

 

扇子|ちょっとユニークで昭和レトロ調の紳士用扇子2種|車好きな方にお勧めな京扇子、各種ギフトにもお勧め。

 

変わり渋扇2022・4種|扇子を閉じるとあら不思議、小紋柄が浮かび上がるユニークな紳士用京扇子。」2022/07掲載商品

続きを読む

扇子|お求めやすい価格帯の紳士用扇子2022・5種|ハイシーズン到来、紳士用、婦人用とも幅広い価格帯で取り揃えております。

本日は比較的リーズナブルなお求めやすい価格帯の紳士用扇子の中からほんの一部、黒色の扇骨を用いたものを集めてみましたのでご紹介させていただきます。お求めやすいと申し上げても、弊社でお取り扱いしている単品のお扇子は、数千円代でも数万円代のものでも、すべて国産、メイドイン京都の京扇子になります。(※扇子セットは海外製が主となります。)

 

扇子|お求めやすい価格帯の紳士用扇子2022・5種|ハイシーズン到来、紳士用、婦人用とも幅広い価格帯で取り揃えております。

比較的お求めやすい扇子(数千円代)は、普段あまりご紹介しておりませんが、店頭では常時50種類前後の品揃えが御座います。特にハイシーズンにもなりますと、品揃えは日々変動しております。そのため本日ご紹介させていただきます扇子は店頭販売のみとさせていただきます。どうぞご理解の程お願い申し上げます。

 

渋扇(しぶせん)|紳士用柿渋染め扇子(8寸)2022・3種|一回り大きな染め分け渋扇、玄人好みの希少な京扇子。」2022/04掲載商品

続きを読む

紳士用扇子2018・6種|幾何学柄、市松模様|二十四節気の大暑、扇子で猛暑の夏を涼しく乗り切ろう!

 

11IMG_1258.JPG

先日の23日は二十四節気折り返しの12番目、大暑(たいしょ)。まさに”大暑“が如く、とても暑い一日でした。そんな中、先日ご案内しました”なでしこの踊り2018夏“(アメブロ→)に着物に着替えて新橋演舞場まで観に行ってきました。

かなめ屋から新橋演舞場までは歩いてほんの10数分。しかしこの強い日差しに高温高湿度。猛暑対策に、銀座ボーグのオーナーで友人の帽子職人に誂えて貰った通気性の良いメッシュ本パナマ帽子を被っていったので頭は快適。

それから勿論、夏には絶対に欠かせないスーパー汗取り肌着の”あしべ肌着“(アメブロ→)を着て行きましたから、汗が着物に染み出ることもなく比較的涼しく過ごすことが出来ました。あっ、勿論扇子も必須。今日は草木色の小千谷ちぢみの着物に合わせて、お抹茶色の渋扇(柿渋染め扇子)を脇に挿して行きました。

今回9回目を数えるこの”なでしこの踊り“ですが、通常は新ばし花柳界の若手綺麗どころの芸者さんが踊りやトークショー、お座敷遊びなどを披露してくれるのですが、今回は初の試みとして、赤坂花柳界からもきれいな若手芸者さんが加わり、とても楽しめました。

その模様は、三代目のインスタグラムツイッター、またかなめ屋のFacebookページに沢山のお写真、そして動画をアップしてありますので、ご興味のある方は覗いてみてください。

さて話しを元に戻して、大暑の本日は紳士用扇子をご紹介させて頂きます。幾何学模様の比較的お求めやすい価格帯の扇子を集めてみました。いずれもすべて国産の京扇子になります。それではどうぞご覧ください。(2018.07.掲載商品)

続きを読む

Page Top