商品案内

トップ > シーン別カテゴリ > 普段使いに

10IMG_4623_1.JPG

今では大変希少となってしまった特上の本パナマ生地を使用した、夏の大変贅沢なお草履のご紹介です。前回の記事でも少し触れましたが、職人さんに無理を承知でお願いして制作して頂きました4段重ね特上本パナマ草履です。私の知る限り、本パナマで4段のお草履なんて何処にも無いんじゃないでしょうか?

ひとまず、今年(2015年)の本パナマ草履のご紹介は以上で総てです。「本パナマ」、「特上】本パナマ」に付いての記事のリンクをそれぞれ下に張っておきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。毎年のことですがいずれも若干数となります。お求めの際はどうぞお早目にお願い致します。(2015.05掲載商品)

13IMG_4809.JPG

趣のある紳士用高級扇子のご紹介です。

父の日のプレゼント、お世話になったあの方に、また海外の特別な方へのお土産などにもお勧めです。
また下記リンク先に御座います「ブログ記事」に、プレゼント用プレゼント化粧箱、新たに観賞用として便利な扇子立てのお写真も掲載して御座いますので、合わせてご覧ください。

11IMG_5149.JPG

先日ご紹介致しました珊瑚の装飾付一本挿しに続き、同じく薔薇バラ彫り珊瑚の装飾付べっ甲帯留のご紹介です。かんざしとご一緒に御使い頂いて素敵ですね。

11IMG_5270.JPG

大変珍しい螺鈿のべっ甲かんざしのご紹介です。青色緑色紫色と、光の加減や当たる角度によって美しい、そして涼しげな輝きを見せるとてもきれいなかんざしです。

かんざしの角度、光の当たる角度により、明るくも暗くも、そして色合いや輝き方も変化致します。まさに風も波もない穏やかな海、凪(なぎ)の海に、太陽の輝く光、月の優しい光が反射して海面が美しく輝いているようです。

10IMG_5543.JPG

手彫りの本珊瑚で制作された、とてもきれいな薔薇バラの装飾。花弁の脇から覗いている葉と珊瑚を留めている枠は18金です。黒べっ甲の黒色をバックに、優しい珊瑚のピンク色と、まばゆく輝く18金の金色のハーモニーが何とも言えない素敵なかんざしです。

11IMG_5525.JPG

手彫り珊瑚薔薇バラを模った装飾の付いたべっ甲かんざしのご紹介です。

本珊瑚は淡いピンク色(下部)から濃いめのピンク色(上部)のグラデーションになっています。

12IMG_5721.JPG

今年もサーモンピンク系、白系、ブルーグレー系の3色展開になります。

しころ織りとは、その昔、戦国時代鎧の織り方を言い、細長く裁断した革を、糸を使ってメッシュのように織り上げたものです。清涼感があり、とても履き心地がよく初夏から晩夏に掛けてお勧めなお草履です。

下のお写真でその織りがお分かり頂けますでしょうか。本革を細く裁断し、それを経糸で1本1本編んで行きます。裁断の幅を違えると、ちょっとした柄を出すことも出来ます。とても手の込んだ逸品です。(2015.06掲載商品)

11IMG_2664_1.JPG

過日ご紹介致しました親骨の一部に象牙をあしらった白檀扇子に引き続き、今度は黒檀を親骨の一部に使用した大変贅沢な白檀扇子のご紹介です。

・「白檀象牙扇子|白檀×象牙|オリジナル西陣織携帯ケース、正絹飾房付|大変贅沢な婦人用高級扇子。」ブログ2015年04月23日号

17IMG_4633.JPG

夏限定の大変希少な本パナマ草履のご紹介です。過日ご紹介致しました3段重ねの本パナマ草履踵のちょっと低いタイプのお草履になります。以前も1段で踵の低いタイプをお作りしたことが御座いましたが、職人さんは手間が掛るのでとても嫌がりましたが、今年は2段重ね(5分2枚)で制作致しました。(2015.05掲載商品)

11IMG_4848.JPG

扇面は和紙に絹張りとなっています。部分的に和紙を切り抜き透かし柄になっております。

前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

ページTOPへ