商品案内

トップ > 商品カテゴリ > その他の和装小物

11IMG_0008.JPG

 

 

本日は美しい蝶を模ったべっ甲螺鈿金蒔絵のローマ留めをご紹介させて頂きます。前回はべっ甲本来の優しい光沢と温もり、そして天然模様が美しい茨布べっ甲のローマ留めをご紹介致しました。(2019.02.掲載商品)

 

 

今回のローマ留めはまたガラッと雰囲気が異なりますが見事な逸品です。べっ甲ならではの《芋継ぎ》技法により、白べっ甲と黒べっ甲を巧みに組み合わせ生地作り、そして《金蒔絵》と《螺鈿》装飾を加えた、表情豊かな美しいローマ留めです。

11IMG_9907.JPG

 

本日はべっ甲製のローマ留めのご紹介です。前回ご紹介したのが2017年2月でしたから約2年振り、久し振りのご紹介です。

 

 

昨日ご紹介しました銀製の棒挿し髪留め(マジェステ/スティックバレッタ)もホンモノ志向という点では珍しい髪留めですが、このローマ留めも現代ではバレッタ式の髪留めが主流となり、"ローマ留め"という作り自体、大変珍しいものになってしまいました。今回ご紹介するローマ留めも、ここ数年で制作したものではなく、もう少し以前に制作されたものになります。

 

 

さて、タイトルに"静電気が起きにくく髪に優しい鼈甲製の髪留め"と書かせて頂きました。それは、以前にも髪留めや櫛などをご紹介するときに何度かお話ししてきたことですが、そもそもべっ甲はプラスチックや貴金属製品などと違い、静電気が起きにくく、尚且つ地肌にも優しく頭皮を傷めにくいという特性持っています。

 

 

そのことから、かんざしや髪留めは勿論のこと、上質な梳かし櫛としても古くから用いられてきました。柘植(つげ)も同様の特性から、今でもよく梳かし櫛などの素材として用いられています。(2019.01.掲載商品)

 

 


ローマ留めとは、束ねた髪を、棒状のピンを利用して固定する髪飾り(髪留め)のことを言います。では何故?ローマ留めというのでしょうか。時はさかのぼり紀元前14世紀頃、古代ローマにおいて最も一般的な工芸品(装飾品)は、男女が衣服を止めるときに使われたブローチフィブラ(fibula) )だったと言われています。(映画・テルマエ・ロマエ 参照。)

一般庶民の間では、ただ単に衣服を留めるだけの金属で出来た棒状のピン、"留め具"だったようですが、貴族を中心に、大陸中に広がる様々な鉱物、素材を元に、金や真珠、七宝細工を用いて、豪華な装飾品として、その煌びやかさを楽しんでいたようです。 そのことから、棒状のピンで髪を固定する髪留めを"ローマ留め"と言うようになったようです。
 

 

11IMG_0064.JPG

 

本日はかんざしのご紹介は一休みして、珍しい銀製棒挿し式の髪留めをご紹介させて頂きます。最近ではマジェステと言った方が分かりやすいのでしょうか。また海外ではスティックバレッタなどとも呼ばれているようですね。

 

 

三年ほど前に一度、べっ甲製の棒挿し式髪留めを初めてご紹介したかと思いますが、樹脂製、真鍮製のものはアクセサリーショップなどでもよく見掛けることが出来ますが、ホンモノ志向となると、なかなか巷でも見ることが少ないのではないでしょうか。実際にかなめ屋でも大変珍しいタイプの髪留めになります。

 

 

銀製(sv925)の本体の大きさ、形状、また添えられた大粒のアコヤパールの仕様は同じものになりますが、本体に彫刻された模様が唐草柄菊柄の2種御座います。まずは手前側の菊彫りを施したものから順にご紹介させて頂きます。(2019.01.掲載商品)

 

 

棒挿し式ローマ留め|大変珍しい茨布べっ甲製の棒挿し式髪留め。|4年に一度のうるう年の無い年?!アメブロ2016年02月29日号⇒

11IMG_0143.JPG

 

昨日ご紹介しました、べっ甲本来の優しい温もりと美しい光沢がお楽しみいただける総白べっ甲のかんざしに引き続き、今回は同じく総白べっ甲製の大変贅沢な洋装アクセサリーをご紹介させて頂きます。ちょうど2週間ほど前に、べっ甲特有のまだら模様(布/ふ)を巧みに生かした、茨布べっ甲製のチョーカーとネックレスをご紹介させて頂きましたが、本日は総白べっ甲製のチョーカーチェーンネックレスです。

 

白べっ甲については、昨日ご紹介しました"総白べっ甲製のかんざし"の時に、"べっ甲豆知識"を交えて詳しくご説明申し上げておりますので、是非そちらの記事も合わせてご覧ください。

 

それでは早速、大変希少な美しい総白べっ甲製のチョーカーとチェーンネックレスをご覧ください。(2018.10.掲載商品)

11IMG_0259.JPG

 

12IMG_0260.JPG

 

さて本日もかんざし以外の洋装べっ甲製アクセサリーをご紹介させて頂きます。バイオリン(ヴァイオリン)を模ったべっ甲製のブローチと、月明かりに照らされた何とも見事な梟(ふくろう)が描かれた、ペンダントヘッド兼用のブローチです。(2018.10.掲載商品)

11IMG_9861.JPG

 

12IMG_9862.JPG

 

本日は昨日に引き続き、普段WEB上ではあまりお見せしていないべっ甲製のバレッタをご紹介させて頂きます。昨日ご紹介しましたネックレスやチョーカー、またブローチなどとは違い、べっ甲製のバレッタやローマ留めは、タイミングにより若干品揃えの数量や種類が変わりますが、それぞれ常時店頭にて十数種類程度を厳選して取り揃えて御座います。(2018.10.掲載商品)

11IMG_0197.JPG

 

本日は普段あまり店頭に並ばない、べっ甲製の洋装アクセサリーをご紹介させて頂きます。

 

銀座かなめ屋はべっ甲かんざしや髪飾りをはじめ、キモノをお召しになるときに必要な肌着から装身具全般を取り揃える"和装小物の専門店"です。従いまして、普段ご紹介しておりますべっ甲製品も、ごくたまにご紹介しております"バレッタ"や"ローマ留め"などの洋装アクセサリー類も一部お取り扱いして御座いますが、基本的には"和装に特化"した品揃えです。

 

しかしながら、べっ甲製の"洋装向けアクセサリー"の中にも、実はおひとりでも多くの方にご覧頂きたい逸品がたくさんあります。そうしたものも少しずつご紹介させて頂きたいと常々思ってはいるのですが、なかなか捗りません。

 

ちなみに、前回いつべっ甲製のネックレス、チョーカーをご紹介したかと調べてみたら、2012年の4月以来でしたね(笑)。今回訳あって、普段お世話になっているべっ甲製品を取り扱う仕入れ先さまより、いくつか洋装向きのアクセサリーをお借りしましたので何回かに分けてご紹介させて頂きます。

 

先ずは、茨布べっ甲の美しい天然模様を生かした、造形美豊かな薔薇彫りのモチーフをあしらったチョーカー(上左)。そして、雫型の白べっ甲と黒べっ甲のコンビが美しく揺れるペンダントヘッドの付いたネックレス(上右)。本日はこちらの2種を御紹介させて頂きます。(2018.10.掲載商品)

11IMG_3099.JPG

 

9月も本当にあっ!という間に過ぎようとしています。早いもので明日からもう10月です。今月はただでさえ猫の手も借りたいほど忙しかったのですが、それに加え、先日開催されました第94回・銀座くらま会(アメブロ→)・からす組のお稽古も相まって、なかなか投稿が出来ませんでした。

 

銀座くらま会も、皆さまにお知らせしたいことが、本当に山ほどあるのですが、少し落ち着いたら沢山のお写真と共に、まとめて書かせて頂きます。(予定...)

 

さて本日は、先日ご紹介しましたハロウィンの刺繍半衿に引き続き、ハロウィンの帯揚げをご紹介させて頂きます。では早速。(2018.09.掲載商品)

11IMG_3133.JPG

 

異常気象と言えども、流石に朝晩は幾分過ごしやすくなり、やっと秋の気配を感じられる様になってきました。と言う事で、本日はハロウィンの刺繍半衿のご紹介です。刺繍半衿のご紹介は、過去記事を見返してみたら、を2年半前にご紹介して以来、そしては実に6年振りでしたね。

 

銀座かなめ屋では、日ごろご紹介しているべっ甲かんざし髪飾りの他にも、和装に必要な肌着から装身具まで、まさに頭の先からお足元に至るまで、和装小物全般を取り揃えております。春夏秋冬、四季折々のお洒落な和装小物も厳選して取り揃えております。

 

ハロウィンの他、クリスマス関連の刺繍半衿や帯留、その他の和装小物類も徐々に入荷しております。こちらのお写真に写るのは、ハロウィンの刺繍半衿、帯揚げ、帯留。本日はこの中から刺繍半衿をご紹介させて頂きます。ご興味のある方はどうぞお気軽にお立ち寄りになってみてください。ご来店心よりお待ちしております。(2018.09.掲載商品)

★IMG_9664_1★1.jpg

 

先日、2年ぶりに信玄袋をご紹介させて頂いたときにもお話いたしましたが、銀座かなめ屋は"和装小物"の専門店です。キモノをお召しになるときに必要な小物類、普段ご紹介している、かんざし帯留扇子などの他、半衿帯締め帯揚げ足袋和装肌着各種和装バッグ草履雨コート蛇の目傘などなど、まさに頭の先からお足元に至るまで、一通り取り揃えております。また一部キモノ(訪問着)や(袋帯、一部名古屋帯)、そして私自身もキモノを着ますので、少しですが紳士用の和装小物類も厳選して取り扱っております。

 

ネットなどをご覧になられて、初めてご来店下さるお客さまは、当然、普段最もご紹介している"かんざし"や季節柄この時期は"扇子"を探していらっしゃいます。しかしながら、最近はそれ以外にも和装肌着帯締め帯揚げ刺繍半衿割烹着など、"和装小物全般"を探してご来店になられる方が増えたように感じます。その多くの方が、先ずは有名百貨店などを覗かれているようですが、思うものが無く、結局ネット検索をされて弊社に辿り着かれているご様子です。

 

ということで、夏の帯締めや帯揚、半衿などをまた暫くぶり(約4年振り(袷用の帯締め・帯揚げ))に、簡単では御座いますが、現在の店頭の様子をご紹介させて頂きます。

(※申し訳御座いませんが、今回ご紹介致します個々の商品につきましての、ネット販売は行っておりません。予めご了承の程お願い申し上げます。)(2018.08.掲載商品)

1  2  3  4  5  6  7

ページTOPへ