商品案内

美しい蝶のべっ甲螺鈿金蒔絵ローマ留め2019|べっ甲職人の技が光る、髪に優しいべっ甲製髪留め。

11IMG_0008.JPG

 

 

本日は美しい蝶を模ったべっ甲螺鈿金蒔絵のローマ留めをご紹介させて頂きます。前回はべっ甲本来の優しい光沢と温もり、そして天然模様が美しい茨布べっ甲のローマ留めをご紹介致しました。(2019.02.掲載商品)

 

 

今回のローマ留めはまたガラッと雰囲気が異なりますが見事な逸品です。べっ甲ならではの《芋継ぎ》技法により、白べっ甲と黒べっ甲を巧みに組み合わせ生地作り、そして《金蒔絵》と《螺鈿》装飾を加えた、表情豊かな美しいローマ留めです。

 

12IMG_9993.JPG

 

13IMG_9995.JPG

 

14IMG_0020.JPG

 

16IMG_9996.JPG

 

 

何度となくお話ししていることですが、べっ甲は膠質(にかわしつ)で出来ておりますので、《》と《》により圧着することが可能です。

 

 

この蝶のローマ留めでご説明すると、黒べっ甲の前翅(羽/はね)は中央をくり抜き、そこに寸分違わぬパーツを白べっ甲で制作し、《水》と《熱》により、はめ込み圧着(芋継ぎ)しています。後翅(羽/はね)の下側に黒く見える模様も同様に、白べっ甲をくり抜いた箇所に、黒べっ甲をはめ込み芋継ぎしてあります。この芋継ぎには高度なべっ甲職人の技術が必要とされています。

 

 

またさらに申し上げれば、前翅の黒べっ甲と後翅の白べっ甲はそれぞれ別に制作し、《水》と《熱》により圧着してあります。とすると、胴体は?触角は?さてこの蝶のローマ留め、一体いくつのパーツから出来ているのでしょうか...。そんなことも考えながら、ぜひご覧になってみてください。

 

 

 


ローマ留めとは、束ねた髪を、棒状のピンを利用して固定する髪飾り(髪留め)のことを言います。では何故?ローマ留めというのでしょうか。時はさかのぼり紀元前14世紀頃、古代ローマにおいて最も一般的な工芸品(装飾品)は、男女が衣服を止めるときに使われたブローチフィブラ(fibula) )だったと言われています。(映画・テルマエ・ロマエ 参照。)

一般庶民の間では、ただ単に衣服を留めるだけの金属で出来た棒状のピン、"留め具"だったようですが、貴族を中心に、大陸中に広がる様々な鉱物、素材を元に、金や真珠、七宝細工を用いて、豪華な装飾品として、その煌びやかさを楽しんでいたようです。 そのことから、棒状のピンで髪を固定する髪留めを"ローマ留め"と言うようになったようです。
 

 

 

17IMG_0013.JPG

 

18IMG_0014.JPG

 

18IMG_9997.JPG

 

19IMG_9998.JPG

 

21IMG_0002.JPG

 

22IMG_0003.JPG

 

24IMG_0004.JPG

 

25IMG_0009.JPG

 

 

ちょうどうら側からご覧になると分かりやすいでしょうか。胴体と前翅で3つ、後翅が4つ、そして触角が2つ。合計9個のパーツから成り立っています。さらにそれぞれのパーツは厚みを持たせるために、薄いべっ甲材料を幾重にもミルフィーユのように重ね合わせ、《水》と《熱》により圧着してあります。

 

 

このことからお分かりのように、このひとつのローマ留めには、優れたべっ甲職人の技と気の遠くなるような時間(手間暇)が掛けられています。勿論、その後の螺鈿金蒔絵にも、蒔絵師の繊細な技術と時間が掛けられています。大変贅沢なローマ留めです。

 

 

27IMG_0018.JPG

 

29IMG_0006.JPG

 

30IMG_0007.JPG

 

32IMG_0017.JPG

 

33IMG_0012.JPG

・べっ甲蝶螺鈿金蒔絵ローマ留め【hpbb190220-1】¥183,600+税

(蒔絵:一径/大きさ:約縦60㎜、横85㎜、厚み4㎜~3㎜)

 

 

 

べっ甲ローマ留め2019・5種|静電気が起きにくく髪に優しい鼈甲製の髪留め、洋髪、和髪にお勧め。」2019年01月掲載商品

 

 

髪に優しいべっ甲製のバレッタ2018|和髪、洋髪にもお勧め。」2018年10月掲載商品

 

 

べっ甲製バレッタ、髪留め2種|べっ甲製の櫛、ローマ留め、バレッタも常時取り揃えております。」2017年02月掲載商品(アメブロへ⇒)

 

 

棒挿し式ローマ留め|大変珍しい茨布べっ甲製の棒挿し式髪留め。|4年に一度のうるう年の無い年?!」2016年02月掲載商品(アメブロへ⇒)

 

 

ローマ留め髪飾り3種|総白べっ甲唐草文様透かし彫り、黒べっ甲花車文様螺鈿金蒔絵、茨布べっ甲竹節」2015年04月掲載商品

 

 

 

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、 製作時に使用する材料、また加工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。
※べっ甲製品の場合、一見同じ様なお品物でも、使用されているべっ甲の品質や厚み等によって価格が大きく変動いたします。 

 

 

 

▼銀座かなめ屋の各ウェブサービスも合わせてご覧ください。

 

銀座かなめ屋・ホームページ
http://www.kanameya.co.jp/

銀座かなめ屋・三代目のブログ
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/

銀座かなめ屋・フェイスブックページ
https://www.facebook.com/ginzakanameya/

銀座かなめ屋・三代目のツイッター
https://twitter.com/kanameya_3daime


 

かなめ屋お問い合わせフォーム

 

ページTOPへ