商品案内

夏のキモノにおすすめ、涼し気な水晶の玉かんざし2018・2種

11IMG_1555.JPG

 

ここのところ、涼し気な水晶象牙を用いた一本挿し玉かんざしをご紹介しておりますが、本日も夏におすすめな天然の水晶玉を用いたべっ甲製の玉かんざしをご紹介させて頂きます。ちょうど2年前にもご紹介したものですが(当時のものはすべて完売)、今年新たに2種製作致しましたのでご紹介させて頂きます。

 

基本的な仕様は変わりませんが、今年は先日ご紹介しました水晶玉と象牙で制作しました象牙水晶玉かんざしのように、従来のクリアーな水晶玉と、摺りガラス状に加工した水晶玉を用いた2種を制作致しました。(2018.06.掲載商品)

 

 

13IMG_1513.JPG

 

 

 

 

21IMG_1516.JPG 

 

中心部に貫通した穴を開けた水晶玉。べっ甲の耳かきと足の部分を途5mmほど差し込み、特殊な溶剤で接着し留めています。そのため、中心部は空洞になっています。

 

先日ご紹介しました象牙の場合、透明な水晶玉の奥まで芯棒を差し込んでも、色合いが同化し、澄んだ水晶玉の透明色を邪魔しません。しかしながらべっ甲の場合、奥まで芯棒を通してしまうと、黄色味がかったべっ甲色が、水晶玉に映り(反射し)、水晶本来の透明感を損ねてしまうため、敢えて中心部は中空にしています。

 

 22IMG_1518.JPG

 

23IMG_1517.JPG

 

24IMG_1520.JPG

 

25IMG_1521.JPG

 

31IMG_1523.JPG

 

角度により、本水晶特有の靄(もや)、気泡のような内包物がうっすら見えますが、これは天然の水晶によく見られるもので、言わば本水晶の証と言ってもいいでしょう。(天然のため、ほとんど内包物が目立たない、ない、ものも御座います。)

 

32IMG_1525.JPG

 

33IMG_1527.JPG

 

34IMG_1530.JPG

 

35IMG_1514.JPG

 ・べっ甲水晶玉かんざし【hpksc180622-1】¥54,000+税

(長さ:約172㎜/水晶玉:直径約20㎜)



▼次に、新作のすりガラス状に加工した水晶玉を用いた玉かんざしです。

41IMG_1556.JPG

 

 42IMG_1546.JPG

 

こちらの摺りガラス状に加工した水晶玉の玉かんざしも、先ほどと同じ理由により中心部は空洞になっています。クリアーな水晶玉よりはあまり違和感は御座いませんが、やはり中心部まで芯棒を通してしまうとべっ甲の色合いが全体に広がり、水晶本来の透明感を損ねてしまうため、敢えて中心部は中空にしています。

 

43IMG_1549.JPG

 

44IMG_1551.JPG

 

45IMG_1553.JPG

 

46IMG_1554.JPG

 

48IMG_1532.JPG

 

49IMG_1534.JPG

 

50IMG_1535.JPG

 

51IMG_1540.JPG

 

52IMG_1543.JPG

・べっ甲水晶玉かんざし(摺りガラス加工)【hpksc180622-2】¥58,000+税

(長さ:約172㎜/摺りガラス加工済水晶玉:直径約20㎜)

 

 

54IMG_1510.JPG

 

55IMG_1559.JPG

 

 

 

  

 

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、 製作時に使用する材料、また加工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。
※べっ甲製品の場合、一見同じ様なお品物でも、使用されているべっ甲の品質や厚み等によって価格が大きく変動いたします。

▼銀座かなめ屋の各ウェブサービスも合わせてご覧ください。

銀座かなめ屋・ホームページ
http://www.kanameya.co.jp/

銀座かなめ屋・三代目のブログ
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/

銀座かなめ屋・フェイスブックページ
https://www.facebook.com/ginzakanameya/

銀座かなめ屋・三代目のツイッター
https://twitter.com/kanameya_3daime


 

かなめ屋お問い合わせフォーム

 

ページTOPへ