商品案内

結婚式から普段のキモノまでおすすめ|白べっ甲唐草透かし彫り簪

11IMG_9053.JPG

 

できちゃった婚と子宝婚。よくご結婚前に妊娠されることを"できちゃった婚"などと言いますが、先日そのことを"子宝婚"と書いてあった記事を目にしました。本来であれば子供は結婚後に授かることが好ましいと、やや古い考えの私は思ってしまいますが、最近は良きにせよ悪しきにせよ、昔とはかなり結婚についての価値観も変わってきたように感じます。(2018.03.掲載商品)

 

本来であれば、結婚後しばらくは仲睦ましく新婚生活を二人楽しみ、そしていつの日か天から子供を授かるということが当たり前だったように思います。しかしながら、今では長く続く景気低迷から、将来への不安結婚子育てへの経済的不安などから晩婚化、また第一線で働く女性も増えはじめてきました。少しずつ変わりつつあるようにも感じますが、まだまだ世の中はそれらの変化を安心して受け止める環境は整ってはいません。

 

さらに現代では、ストレス晩婚化など様々な理由により、望んでもなかなか恵まれないご夫婦も増え、不妊治療で悩んでいる方も少なくありません。少子高齢化の進んだ今の日本では、なんとなく後者の呼び名"子宝婚"の方が、耳で聞いた"音"でも、眼で見た"文字"、"漢字"もいいのかなと思います。

 

似たような例として、天候においても"ゲリラ豪雨""爆弾低気圧"などと、物騒な言葉が当てられています(何度もこのブログで書いていますね)。今の時代、ネットを通じ老若男女、小さな子供たちを含め、様々なメディアを通じて簡単にそうした情報(言葉・文字)を目にする、耳にすることが当たり前のようにできるようになりました。もう少しそのあたりも考慮して、名付ける人は命名して欲しいものです。

 

さて本日は準礼装・セミフォーマルから普段キモノまで幅広くお勧めな白べっ甲のかんざしを2種ご紹介させて頂きます。何度もお話ししていることですが、お立場TPO、またどのような意匠の装飾が用いられているかにもよりますが、「白べっ甲」は、べっ甲の中でもその希少性から比較的高価になってしまう反面、フォーマルから普段使いまで様々なシーンにお勧めできるべっ甲素材です。

 

本日ご紹介する子孫繁栄長寿などの意味を持つ縁起物唐草模様の透かし彫りのバチ型2本足のかんざしも、お子様の結婚式黒留袖をお召しになりご出席されるお母様には、やや軽く感じられますが、ご親戚ご姉妹は勿論のこと、ご友人同僚の方々が訪問着振袖色無地附下などのおキモノでご出席される場合にもお勧めなかんざしです。

 

また、ちょっと贅沢にはなりますが、小紋などのおキモノで観劇ちょっとした会食などにお出になられるときにもお勧めです。

 

どのようなかんざしがおすすめか、分からないことが御座いましたら、どうぞお気軽にご来店の上ご相談ください。色々とお話を伺いながら、ご予算を含め、常時取り揃えております数百種類の中から、最もふさわしいかんざしをお勧めさせて頂きます。

 

上のお写真、やや優しく映る右側のかんざしから順にご紹介させて頂きます。彫刻は2種とも、日本で唯一の鼈甲専門の彫刻士喜山(藤田誠)さんの作(手彫り)となります。

 

21IMG_9058.JPG

 

22IMG_9060.JPG

 

23IMG_9062.JPG

 

24IMG_9063.JPG

 

25IMG_9068.JPG

 

26IMG_9069.JPG

 

31IMG_9076.JPG

 

32IMG_9077.JPG

 

33IMG_9079.JPG

 

34IMG_9084.JPG

 

▼うら側

35IMG_9086.JPG

 

36IMG_9064.JPG

 

37IMG_9066.JPG

 

38IMG_9057_127_71_3_4.JPG

・白べっ甲唐草透かし彫りかんざし【hpkbf180326-1】¥232,000+税

(彫刻:藤田喜山/大きさ:縦約127㎜、横71㎜、厚み4㎜~3㎜)

 

 

40IMG_9055.JPG

 

次に、ややシャープで粋な雰囲気に映るかんざしのご紹介です。どちらもしなやかに流れる、動きのある彫りが特徴のかんざしです。

 

41IMG_9089.JPG

 

42IMG_9091.JPG

 

43IMG_9097.JPG

 

44IMG_9095.JPG

 

45IMG_9100.JPG

 

46IMG_9105.JPG

 

51IMG_9110.JPG

 

52IMG_9112.JPG

 

53IMG_9109.JPG

 

54IMG_9118.JPG

 

55IMG_9120.JPG

 

▼うら側

56IMG_9107.JPG 

 

57IMG_9093.JPG

 

58IMG_9087_131_86_3_4.JPG

・白べっ甲唐草透かし彫りかんざし【hpkbf180326-2】¥232,000+税
(彫刻:藤田喜山/大きさ:縦約131㎜、横86㎜、厚み4㎜~3㎜)

 

▼【ブログ】ご紹介ページ

https://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20180326.html

 

61IMG_9056.JPG

 

62IMG_9054.JPG

 

 

鶴は千年、亀は万年古来より縁起物として、広く祝事に尊ばれてきたべっ甲

一生に一度の晴れの舞台、結婚式などに出席される新郎新婦のお母様ご親族の方、またご列席されるお客様も、是非べっ甲のかんざしをお勧め致します。べっ甲であれば、大切に保存して頂ければ、一生持ちますし、べっ甲職人が磨けば、ほぼご購入当時のべっ甲本来の輝き、美しさが何度でも蘇ります。また万が一、足などが折れてしまっても修復が可能です。そういった意味からも、べっ甲は次の世代へも受け継いで頂ける素晴らしいかんざしです。

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、 製作時に使用する材料、また加工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。
※べっ甲製品の場合、一見同じ様なお品物でも、使用されているべっ甲の品質や厚み等によって価格が大きく変動いたします。

 

▼銀座かなめ屋の各ウェブサービスも合わせてご覧ください。

 

銀座かなめ屋・ホームページ
http://www.kanameya.co.jp/

銀座かなめ屋・三代目のブログ
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/

銀座かなめ屋・フェイスブックページ
https://www.facebook.com/ginzakanameya/

銀座かなめ屋・三代目のツイッター
https://twitter.com/kanameya_3daime


 

かなめ屋お問い合わせフォーム

 

ページTOPへ