商品案内

べっ甲桜赤富士螺鈿金蒔絵かんざし|入学式、春の結婚式にお勧め

11IMG_3898.JPG

 

今日も寒いですねぇ!昨日はそんな中でも比較的暖かくお天気も良かったので、亀戸天神梅まつり2018(2月4日~3月4日)を観に行ってきました。毎年伺っているのですが、一部蝋梅などの早咲きの梅以外は、まだまだ3、4分咲き位かなぁ。いつもの猿回しが来ていたり、メジロが梅の密をついばんでいたり、ほんの少しですが春の訪れを楽しんできました。

 

さて本日は一足先に春の訪れを彷彿させる、赤富士が描かれた色鮮やかな螺鈿金蒔絵のべっ甲かんざしのご紹介です。これからの時期、お子様の入卒式や春の結婚式や、おめでたい華やかな機会におすすめです。おキモノも準礼装の訪問着色無地附下などにおすすめです。

 

実はこのかんざし、2014年に銀座かなめ屋80周年記念かんざしの一つとして制作されたものです。ご好評を頂き早々に完売してしまい、その後もいくつか追加製作させて頂いておりましたが、この数年は欠品を続けておりました。過日1本のみ入荷致しましたのでこちらで改めてご紹介させて頂きます。

 

なお、全体の構図はほぼ変わっておりませんが、かんざしの大きさが前回と比べ一回り大きくなっている関係で、微妙に桜の花の位置などが異なります。まぁ、二つ並べて見比べなければ分からないほどです。蒔絵師も変わりませんので、色合い風合いもそのままです。

 

それではどうぞご覧ください。現品限りのお品物です。お目に留まりましたらどうぞお早めにお問合せ、ご来店ください。(2018.02.掲載商品)

 

12IMG_3891.JPG

 

14IMG_3884.JPG

 

21IMG_3914.JPG

 

22IMG_3909.JPG

 

23IMG_3908.JPG

 

24IMG_3906.JPG

 

25IMG_3916.JPG

 

26IMG_3897.JPG

 

 

雲海に浮かぶ真っ赤に染まった富士山。漆に金(24K)と顔料を混ぜて描いた金蒔絵は、何とも言えない深みのある赤色(紫色)を生み出しています。また山頂付近に残る万年雪と、桜の蕾(つぼみ)は螺鈿で表現しています。 

 

 富士山の山頂からすそ野に向かって美しく広がる稜線。これは末広がりにも通じます。2013年6月に、カンボジアのプノンペンで開催された「第37回世界遺産委員会」において世界文化遺産に登録された富士山。また赤富士吉兆ともされています。 

赤富士」とは、 赤富士(あかふじ)は、主に晩夏から初秋にかけて、早朝に富士山が朝日に染まって起こる現象。古くから絵の題材としても知られ、葛飾北斎の富嶽三十六景『凱風快晴』を始め数々の画家による作品が残されている。野呂介石の「紅玉芙蓉峰図」(1821年)が最初の赤富士図と推定されている。 また一般に、縁起の良い事として知られ、夏の季語にもなっています。 
 

 

 

27IMG_3901.JPG

 

28IMG_3894.JPG

 

29IMG_3888.JPG

 

31IMG_3890.JPG

 

32IMG_3911.JPG

 

33IMG_3904.JPG

 

35IMG_3899.JPG

・べっ甲桜富士文様螺鈿金蒔絵かんざし【hpkbf180213-1】¥260,000+税【現品限り】

(蒔絵:大岡緑作。大きさ:約縦140㎜、横86㎜、厚み5㎜~4㎜)

 ▼【ブログ】ご紹介ページ

https://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20180213.html

 

 

 

  

鶴は千年、亀は万年古来より縁起物として、広く祝事に尊ばれてきたべっ甲

一生に一度の晴れの舞台、結婚式などに出席される新郎新婦のお母様ご親族の方、またご列席されるお客様も、是非べっ甲のかんざしをお勧め致します。べっ甲であれば、大切に保存して頂ければ、一生持ちますし、べっ甲職人が磨けば、ほぼご購入当時のべっ甲本来の輝き、美しさが何度でも蘇ります。また万が一、足などが折れてしまっても修復が可能です。そういった意味からも、べっ甲は次の世代へも受け継いで頂ける素晴らしいかんざしです。

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、 製作時に使用する材料、また加工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。
※べっ甲製品の場合、一見同じ様なお品物でも、使用されているべっ甲の品質や厚み等によって価格が大きく変動いたします。

 

▼銀座かなめ屋の各ウェブサービスも合わせてご覧ください。

 

銀座かなめ屋・ホームページ
http://www.kanameya.co.jp/

銀座かなめ屋・三代目のブログ
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/

銀座かなめ屋・フェイスブックページ
https://www.facebook.com/ginzakanameya/

銀座かなめ屋・三代目のツイッター
https://twitter.com/kanameya_3daime


 

かなめ屋お問い合わせフォーム

 

ページTOPへ