商品案内

美しい茨布べっ甲唐草模様透かし彫りかんざし|普段のお着物におすすめ

11IMG_7736_1.JPG

 

ちょうど1年前のブログ記事(2016/11/16)を見てみたら、『今月の投稿数は、月半ばを過ぎたというのに、今回で3件目?!になります。これはいまだかつてない程の超スローペースです。毎年のことですが...』などと書いていました。

毎年この時期は通常業務に加え、干支関連商品(干支かんざし稲穂かんざしなど)の業務が増え、いっぱいいっぱいになります。嬉しいことに、ご新規のお客様を中心にすでに北海道から九州のお客様まで、昨年以上に早い、そして多くのご注文を頂いております。今のご時世、嬉しい悲鳴です。有難う御座います。

 

干支かんざしや、稲穂かんざしもそうなのですが、常時数百種類お取り扱いしている本物のかんざし(礼装、普段使い問わず)をネットで検索されて弊社に辿り着かれるお客様。中でも結婚披露宴、その他様々な式典や、ちょっとしたパーティーなどで留袖訪問着などの礼装用のお着物をお召しになられるお客様が多く感じられます。そうしたお着物に合わせる本物のかんざしを取り扱う、また知識を持った専門店が減ってしまったことがそ理由の1つかもしれません。また最近では、以前銀座かなめ屋をご利用されたお客様やご存知な方からのご紹介も増えたことは本当に嬉しい限りです。有難う御座います。

 

実際にご来店下されば、TPO、お召しになられるお着物やお立場、ご予算等など...、お客様のお話をお聞かせいただいた上で、店頭に並ぶ数百種類のかんざしの中からお客様のご要望に叶ったかんざしをお勧めさせて頂きます。

 

さて、本日は、見事な唐草模様の透かし彫りを施した普段使い用の茨布べっ甲のかんざしをご紹介させて頂きます。今まで透かし彫りのかんざしは数えきれないほどご紹介して参りましたが、本日の彫刻師は弊社では初めてご紹介する方です。高齢化が危ぶまれるべっ甲、和装業界ですが、この方はまだお若く、作品をご覧頂ければお分かりのように、モダンなセンスに、仕事(彫り)もとても繊細で美しい仕上がりです。これからの作品もとても楽しみなべっ甲職人のお一人です。(2017.11.掲載商品)

 

12IMG_7730_1.JPG

 

13IMG_7716.JPG

 

 

 

 

21IMG_7743.JPG

 

23IMG_7736.JPG

 

24IMG_7739.JPG

 

彫刻は太いライン、そして幅1㎜あるかないかの極細のラインとメリハリの効いた彫り。さらにその線一本一本がなんとも美しいカーブを描き、全体の印象を優しく仕上げています。今では世界でたった一人となってしまったべっ甲彫刻師(名人)の喜山さんとはまた別の魅力があります。

 

さらに、茨布べっ甲の白べっ甲の多い部分を巧みに生かし、あたかもそこが光り輝いているかのような錯覚さえ覚えます。べっ甲の生地作り職人と彫刻師との見事な連携です。

 

27IMG_7735.JPG

 

31IMG_7725.JPG

 

32IMG_7724.JPG

 

34IMG_7719_1.JPG

 

38IMG_7717.JPG

 

39IMG_7732.JPG

 

40IMG_7715.JPG

・べっ甲唐草透かし彫りかんざし【hpkbc171116-1】¥81,600+税

(彫刻:真琴/大きさ:約縦124㎜、横74㎜)

 

 ▼【ブログ】ご紹介ページ

https://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20171116.html

 

 

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、 製作時に使用する材料、また加工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。
※べっ甲製品の場合、一見同じ様なお品物でも、使用されているべっ甲の品質や厚み等によって価格が大きく変動いたします。

▼銀座かなめ屋の各ウェブサービスも合わせてご覧ください。

銀座かなめ屋・ホームページ
http://www.kanameya.co.jp/

銀座かなめ屋・三代目のブログ
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/

銀座かなめ屋・フェイスブックページ
https://www.facebook.com/ginzakanameya/

銀座かなめ屋・三代目のツイッター
https://twitter.com/kanameya_3daime


 

かなめ屋お問い合わせフォーム

 

ページTOPへ