商品案内

べっ甲製手鏡|金蒔絵で描かれた胡蝶蘭、ペンダントヘッド兼用

11IMG_3428.JPG

 

過日、超レアアイテムのべっ甲製の仁丹入れをご紹介させて頂きましたが、掲載後程なくしてご遠方からお問合せ下さったり、また実際にご来店頂いたお客様がいらっしゃいました。本当に有り難いことです。まだ若干数になりますが在庫が御座います。

恐らくもう新規制作は出来ないと思いますし、仮に制作出来たとしてもこの価格では出来ないと思います。もしお目に留まりましたらどうぞお早めにご来店、お問い合わせください。

 

さて本日は、こちらも現在現品限り大変珍しいアイテムになります。金蒔絵華やかな胡蝶蘭を描いたべっ甲製の手鏡です。上部にチェーン(紐)を通すパーツが付属しておりますので、ペンダントヘッドとして、または根付紐などを通してお使いいただくことも可能です。(2017.09.掲載商品)

 

べっ甲が二枚重ねになっています。表裏スライドさせると上のお写真のように中から鏡が現れます。

蒔絵の施された表面の白べっ甲(黄色味がかった半透明)部分は、中の鏡が透けてご覧頂けます。そこから入った光中の鏡に反射して、白べっ甲部分を中心に明るくきれいに輝きます。

 

13IMG_3423.JPG

 

15IMG_3426.JPG

 

16IMG_3438.JPG

 

17IMG_3440.JPG

 

スライド式の要(かなめ)部分には、ネックレスや根付紐などを通すパーツが付属しておりますので、べっ甲製のチェーンや紐を通してご使用いただくことも可能です。

 

また表面に金蒔絵で描かれた胡蝶蘭は、ご覧になる角度により色合いや色のコントラストが変化致します。ところどころ明るく青緑色に輝く蕾には螺鈿(貝)の装飾が施されています。こちらも蒔絵同様、光の加減により美しく優しい輝きを発します。

 

18IMG_3436.JPG

 

22IMG_3429.JPG

 

蒔絵は金沢の蒔絵師、大岡緑さんの手によるものです。小さく表面の裏側に落款が御座います。

以前とても華やかな胡蝶蘭のべっ甲かんざしをご紹介させて頂きましたね。

 

 

 

 

27IMG_3427.JPG

・べっ甲胡蝶蘭螺鈿金蒔絵手鏡【hp1709-1】¥118,000+税 現品限り※
(蒔絵:大岡緑)
(大きさ:手鏡本体直径約56㎜、鏡直径50㎜、縦(ペンダントヘッドパーツ含)75㎜、厚み6~8㎜)
※べっ甲製のチェーンは、普段お取り扱いが御座いませんが、事前にご連絡を頂ければご用意することも可能です。どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

▼【ブログ】ご紹介ページ

https://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20170904.html

 

  

 

 

  

 

 

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、 製作時に使用する材料、また加工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。
※べっ甲製品の場合、一見同じ様なお品物でも、使用されているべっ甲の品質や厚み等によって価格が大きく変動いたします。

▼銀座かなめ屋の各ウェブサービスも合わせてご覧ください。

銀座かなめ屋・三代目のブログ
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/

銀座かなめ屋・フェイスブックページ
https://www.facebook.com/ginzakanameya/

銀座かなめ屋・三代目のツイッター
https://twitter.com/kanameya_3daime


 

かなめ屋お問い合わせフォーム

 

ページTOPへ