商品案内

べっ甲螺鈿金蒔絵櫛と櫛止め

11IMG_3378.JPG

昨日ご紹介しました古典的なかんざしの一つ「平打ち」の記事が、思いのほか好評の様でしたので、本日も引き続き、今ではほとんど制作もされなくなった日本髪用の櫛をご紹介させて頂きます。

 

制作されなくなったと言え、今でも決して作れない訳ではないと思うのですが。やはり需要と供給の問題で、お挿しになる方、お求めになる方が少なくなるにつれ、べっ甲製の櫛を専門に制作していた腕利きのべっ甲職人も今ではほぼ絶えてしまいました。(2017.03.掲載商品)

 

 

 

 

13IMG_3360.JPG

 

15IMG_3353.JPG

 

16IMG_3362.JPG

 

17IMG_3368.JPG

 

23IMG_3374.JPG


 

螺鈿は、ご覧になる角度光の当たり具合により、まぶしいくらいの輝きを発したり、またその逆にほとんど光を発せず金蒔絵と下絵の朱色のみが姿を現したりします。これは螺鈿金蒔絵職人が、貝一片一片の色合い、またその置く角度などを緻密に計算して制作した賜物です。髪に挿したときに一番美しい姿、輝きを見せます。

 

41IMG_3377.JPG

 

42IMG_3381.JPG

 

45IMG_3357_1.JPG

べっ甲牡丹文様螺鈿金蒔絵櫛【hpkbf170330-1】¥286,000+税
(螺鈿金蒔絵:広山、大きさ:約縦58㎜、横108㎜)

 

▼【ブログ】ご紹介ページ

https://ameblo.jp/ginza-kanameya/day-20170330.html

 

━━━━━━━━

そして、櫛の需要と共に今ではほとんど店頭で見掛けることの無くなってしまった、櫛の補助金具「櫛止め」(¥1,500+税/各)も、かなめ屋では取り扱っております。

 51IMG_3386.JPG

 

52IMG_3397.JPG

 

53IMG_3391★.JPG

 

54IMG_3412★.JPG

 

55IMG_3400★.JPG

鶴は千年、亀は万年古来より縁起物として、広く祝事に尊ばれてきたべっ甲

一生に一度の晴れの舞台、結婚式などに出席される新郎新婦のお母様ご親族の方、またご列席されるお客様も、是非べっ甲のかんざしをお勧め致します。べっ甲であれば、大切に保存して頂ければ、一生持ちますし、べっ甲職人が磨けば、ほぼご購入当時のべっ甲本来の輝き、美しさが何度でも蘇ります。また万が一、足などが折れてしまっても修復が可能です。そういった意味からも、べっ甲は次の世代へも受け継いで頂ける素晴らしいかんざしです。

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、 製作時に使用する材料、また加工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。

 

※べっ甲製品の場合、一見同じ様なお品物でも、使用されているべっ甲の品質や厚み等によって価格が大きく変動いたします。

 

▼銀座かなめ屋の各ウェブサービスも合わせてご覧ください。

 

銀座かなめ屋・三代目のブログ
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/

銀座かなめ屋・フェイスブックページ
https://www.facebook.com/ginzakanameya/

銀座かなめ屋・三代目のツイッター
https://twitter.com/kanameya_3daime


 

ページTOPへ