商品案内

楓漆塗雪月花月兎螺鈿金蒔絵かんざし2015

10桜かんざし木台_1.jpg

 

製作に約1年、硬く目の詰まった北米産の楓(かえで)を元に、妹(うるみ)塗り(朱漆に少し黒色を混ぜた漆)で幾重にも漆を「塗り重ね」、「研ぎ出し」と言う作業を気の遠くなるほど繰り返して作られた逸品です。(2015.03.掲載商品)

 

11IMG_1873.JPG

 

12IMG_1934.JPG

 

15IMG_1858_1.JPG

 

17IMG_1901.JPG

 

 

金銀を使用して華やかさを演出し、漆と金板、貝が面一(均一な厚み)になるように何度も塗り重ねては研ぎ出し作業を重ねることにより、一見「象嵌(ぞうがん)」と見間違えるほどの均一で滑らかな仕上がりになっています。さらにその上から重ねて上絵を描くことにより、透かしの繊細さと、奥行きをも表現し、蒔絵全体に何とも言えない立体感を与えています。

 

 

30IMG_1867.JPG

 

32IMG_1875.JPG

 

 

桜の金板、雪華を青貝で貼って研ぎ出しています。桜の部分は平文(ひょうもん)(金銀の薄板を定着させる)、雪華の部分は付描(つけがき)し、あわせて漆を肉盛り高蒔絵に仕上げています。また、花の「しべ」を上絵で細かく加飾して仕上げてあります。

 

 

37IMG_1908.JPG

 

39IMG_1897.JPG

 

50IMG_1887.JPG

 

56IMG_1883.JPG

 

60IMG_1933.JPG

 

 

月と兎。月を研ぎ出して仕上げ、兎は白蝶貝を使用し、銀露で星を表現しています。
お写真でどの程度お分かり頂けるか分かりませんが、無数の星々が散りばめられた深みのある夜空の色も何とも言えません。実物をご覧になるのが一番ですね。

 

 

64IMG_1941.JPG

 

76IMG_1904.JPG

 

83IMG_1876.JPG

・楓漆塗雪月花月兎螺鈿金蒔絵かんざし 【hpkm150303-1】¥272,000+税
 (木台(北米産楓)/蒔絵:咲榮/大きさ:約縦158㎜、横92㎜)

 

【ブログ】ご紹介ページ

 

※万が一の破損(欠け、足折れなど)につきましては、破損個所、状態などにもよりますが、可能な限り有償にて承ります。破損状態にもよりますが、修理期間はおよそ数か月~1年近く要する場合も御座います。また修理が出来ない場合も御座います。予めご了承ください。

 

 

どのようなかんざしがおすすめか、分からないことなど御座いましたら、どうぞお気軽にご来店の上ご相談ください。色々とお話を伺いながら、ご予算を含め、常時取り揃えております数百種類の中から、最もふさわしいかんざしをお勧めさせて頂きます。

 

 

▼【白べっ甲かんざし】まとめ(留袖・訪問着・小紋などにおすすめ)アメブロへ⇒

 

o0800060014126616034.jpgo0800060014105244078_20180220.jpg

o0800060014089801313.jpgo0600045013892485728.jpg

https://ameblo.jp/ginza-kanameya/theme-10098608072.html 

 

 

 

 

▼【べっ甲かんざし・真珠/珊瑚/翡翠/琥珀使い】まとめ(訪問着・附下・小紋などにおすすめ)アメブロへ⇒

 

o0800060014043186181_20180220.jpgo0600045013510832011_20180220.jpg

https://ameblo.jp/ginza-kanameya/theme-10098608067.html 

 

▼【黒べっ甲かんざし・真珠使い】まとめ(留袖・訪問着におすすめ)アメブロへ⇒

 

o0800060014041046736_20180220.jpgo0600045013254529819_20180220.jpg

https://ameblo.jp/ginza-kanameya/theme-10085862283.html 

 

 

※天然素材(べっ甲、象牙、珊瑚、真珠等)、貴金属(金、銀、プラチナ等)を用いた手作り品は、 製作時に使用する材料、また加工賃等により価格が変動する場合が御座います。また、ひとつひとつ大きさや形状、装飾などが若干変わる場合が御座います。予めご了承ください。
※べっ甲製品の場合、一見同じ様なお品物でも、使用されているべっ甲の品質や厚み等によって価格が大きく変動いたします。

 

▼銀座かなめ屋の各ウェブサービスも合わせてご覧ください。

 

銀座かなめ屋・ホームページ
http://www.kanameya.co.jp/

銀座かなめ屋・三代目のブログ
https://ameblo.jp/ginza-kanameya/

銀座かなめ屋・フェイスブックページ
https://www.facebook.com/ginzakanameya/

銀座かなめ屋・三代目のツイッター
https://twitter.com/kanameya_3daime


 

かなめ屋お問い合わせフォーム

ページTOPへ